フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十章 陸路京都へ 弥阿弥ホテルの部屋/燕の巣/藁葺屋根/舟大工のことなど | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (七) »

2015/08/05

教え子の情報から再考証!――小泉八雲が来日最初に訪れた寺は横浜市神奈川区高島台にある旧アメリカ領事館が置かれた本覚寺ではなかったか?!――

二日前にブログで小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (六) ――ハーンが最初に行った寺を推定同定する――」を公開したところ、昨夜、私の古い「浜っ子」の教え子から全く異なった新しい同定候補の寺についての情報が舞い込んだ。すこぶる興味深い内容なので、本人の許可を得て、以下にメールを引用する。なお、下線や太字は私藪野が附したものである。

   《引用開始》

先生

ヘルンが訪れたという寺の考察、非常に興味深く拝読しました。

先生、実は私の中には、青木橋の北側にある台町の丘の上にある本覚寺――私の母方の祖父母をはじめ祖先が眠る寺――の映像が浮かびました。東海道神奈川宿のはずれの丘の上にあり、山門への急な石段を持ち開港以来アメリカ領事館として使われたことから山門が白いペンキで塗られて”灰色”になっており、その山門には獅子の彫刻がある寺。山門からは、関内より山手の丘に至る港町横浜の俯瞰図、そして更におそらくは明治の頃であれば鋸状の丹沢山塊の向こうに富士が望めたはずの寺(但し、私自身が本覚寺山門から富士をちらとでも見たことかあるかどうかと問われると私にも自信はありません[やぶちゃん注:現在の彼は横浜在住ではない。])。その当時、関内辺りから「寺」に行こうと思ったら、恐らく候補のひとつとして浮かんだであろう歴史のある寺。そしてそのためには運河(川)を二回は渡らねばならない寺……。

 一方、先生の挙げられた豊顕寺といえば、私はまだ行ったことがありません。そこで念のためネット上の”マピオン”でその近辺を探り、豊顕寺山門から西方及び南方にかけての標高を調べてみました。すると山門の西側や南側は山門より標高が高いことが分かりました。……つまり、豊顕寺山門から丹沢や富士は見えないのではないかということです。さらに言えば、果たして当時、ここから横浜の街を俯瞰できたかという疑問も生ずるのです。[やぶちゃん注:中略。]

 本覚寺は、浜っ子として変な誇りを持っている自分自身の思い出がたくさん詰まった寺です。白状すれば、だからこそヘルンの訪問したのは本覚寺であってほしいと願うのですが……今の私にはこれ以上の考察を行う余裕がありません。

以上、取り急ぎ私の想いを先生にご報告いたします。

   《引用終了》

 以上の教え子の話は非常に説得力を持っていた。そこでまずは本覚寺を調べて見た。

 この寺は神奈川県横浜市神奈川区高島台にあって『現在の高島台から幸ヶ谷公園(権現山)にかけて続いていた丘の上にあり、東海道と神奈川湊を見下ろす交通の要衝にあることから、戦国時代には隣接して権現山城・青木城が造られた』(ウィキの「本覚寺」より)とあるから、横浜を俯瞰する高度に於いてまず申し分なく、位置に於いても「眼下には、靑じみた屋根が、右手の穩かな灣の端までと、市の兩側に位して、樹木の生えた綠色の丘陵の麓まで、大濤のうねつた如く連つてゐる。その半圓形を描いた綠色の丘陵の先きに、藍色の影法師のやうな鋸齒狀の高い山脈が聳えてゐる」というランドスケープに合致する位置にあることが分かる。そもそもここは当時の地図を見ると旧東海道神奈川宿の岬状に南に突き出た部分で、西側(現在の横浜駅西口一帯)は広大な内海となっており、現在の横浜駅の部分はまさに神奈川駅(現在の京急神奈川駅の南方直近)から月見橋を経て高島町へ砂嘴状に平沼(旧平沼駅があった)へと繋がっていることが分かる。

 本覚寺公式サイト寺史よれば、凡そ八百年前の嘉禄二(一二二六)年の創建とされ、現在は曹洞宗であるが開創時は臨済宗で、かの栄西を開山とするという。但し、栄西は開山より前の建保三(一二一五)年の入滅であることから、『その遺徳をしたって開山に頂いたもの』とある。ところが永正 七(一五一〇)年『すぐ近くの権現山城で起きた「上田蔵人入道の乱」により、本覚寺は兵禍をこうむり、すっかり荒廃してしま』う(扇谷上杉家家臣「上田蔵人」政盛についてはウィキの「上田政盛」を参照されたい)。『その後、再興を図るにあたり、小机にある曹洞宗雲松院の陽広元吉禅師(ようこうげんきつぜんじ)を新たに住職として迎えることとなり』、享禄五・天文元(一五三二)年に本覚寺は曹洞宗の寺として再興した(陽広元吉禅師は伝法開山と呼ばれる)。リンク先には戦国から江戸の頃の絵図が数種掲載されており、素晴らしい景観が髣髴とするこれを、寺もさることながら、異人さんに見せたろうと「チア」さんが思ったとして、これは頗る付きで首肯出来ることではないか。しかもこの寺の特異点は近代にある。『幕末に横浜が開港されると、神奈川宿の寺院の多くが各国の領事館に接収されてゆきました。本覺寺はアメリカに接収され、3年もの間アメリカ領事館としてその歴史を刻みました』。『この頃の伽藍は、現在より相当大きく、本堂や地蔵堂・観音堂・客殿・衆寮・庫裡・鐘楼・総門・中門・裏門などをそなえる大変大きな構えでもありました』とあって広大な境内絵図も載るが、これはもうここ以下でハーンが叙述する広さと十二分に合致すると言える。

 次に着目すべきは教え子が指摘する――白い山門――である。実は私自身このハーンの「この門は全部妙な彫刻が施してあつて、開いた戸の上の彫刻帶には龍が絡まつてゐるし、戸の腰板も同樣に彫刻してある。それから奇怪な獅子の頭の形をした樋嘴鬼瓦が檐から突出してゐる。して、全部が灰色で、石の色をしてゐる」の「全部が灰色で、石の色をしてゐる」という叙述には実は私は初読時から強い違和感を抱いていたのである。

 同じく本覚寺公式サイトの「横浜開港とアメリカ領事館とペンキ跡」を見よう。本覚寺が正式にアメリカの領事館として接収された日は横浜開港から三日後の安政六(一八五九)年七月四日(新暦六月五日)であったが、「三、日本初 ペンキが塗られたお寺」によれば(太字化は藪野)、

   《引用開始》

当時の領事館員達は、当時日本には存在していなかった西洋塗装法(ペンキ)で、寺の建物を塗装していきました。

そのほとんどは戦火で焼失をしましたが、山門と鐘楼堂だけは戦火を免れ、今でも唐獅子や蛙亦などに黒や赤、緑、白などのペンキ塗装の跡を見ることが出来ます。

この領事館員達がペンキ塗装を施した山門は、日本で初めてペンキが塗られた純日本建築物であると言われており、大変貴重な建築物として考えられております。[やぶちゃん注:後略。]

   《引用終了》

とあるのである。これこそまさにハーンの言う「全部が灰色で、石の色をしてゐる」の正体なのではあるまいか?! 公式サイトの「写真」にはその「ペンキが塗られた獅子頭など」の写真が載せられてある(但し残念なことに現在はペンキは殆んど剥落していて、痕跡のみらしく、写真からは「灰色」「白」の印象は見てはとれない。ただその写真を見ると獅子頭の直ぐ左手には象を形象した横木突出しの「奇怪」な彫刻があり、ハーンがこれを獅子と一緒くたに見て「奇怪」と言ったとして、これ、さもありなんことと感じたことも一言、言い添えておきたいと思う)。

 惜しむらくは、ハーンは次の第七章で本尊に言及しているものの、それが何であったかを述べていないことである。本覚寺の本尊は伝行基地蔵菩薩像であったが、当時のものは昭和二〇(一九四五)年五月二十九日の横浜大空襲により殆んどの堂宇とともに焼失してしまっている。因みに先に私が前に同定候補とした豊顕寺の本尊は現行では日蓮聖人奠定の十界勧請大曼荼羅とある。

 しかしそこで、若い僧(後の「アキラ」である)が「壇上に燈臺の竝んだ間にある、華麗な金塗りのものを指して」「あれが佛さまの厨子です」と説明するシーンが出ることに今回私は目が止まった。さても、この本覚寺は旧小机領三十三所観音霊場第七番札所であり、十二年に一度だけ秘仏の観音を開帳をする慣わしがある。『それが必ず子歳にあたることから別名「子歳観音」と親しみを込められて呼ばれてい』(公式サイト内「子歳観音」の解説)るとあるのに気づいたからである(「ねどしかんのん」と読むか)。そして、この本覚寺の秘仏は如意輪観世音菩薩が納められた小さな黄金色の宝篋印塔型の小さな厨子に納められていることが「子歳観音」の画像から分かるのである。これこそ、まさにこの「アキラ」が指差した「壇上に燈臺の竝んだ間にある、華麗な金塗りのもの」「佛さまの厨子」なのではあるまいか?!

 以上、私は現時点では、ハーンが訪ねたこの寺というのは――この――青木山本覺寺――であったのではないか――という見解に傾きつつあるのである。大方の御批判をなおも俟つものである。

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十章 陸路京都へ 弥阿弥ホテルの部屋/燕の巣/藁葺屋根/舟大工のことなど | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (七) »