フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之一 45 池田三左衞門、永井傳八郎へ始て對面の事 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第六章 盆踊 (五)(六) / 第六章~了 »

2015/08/30

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第六章 盆踊 (四)

 

        四

 

 たうとう大きな隆起の崖から、道が急に下つて、高く尖つた藁葺の屋根や、綠苔の生えた軒の連る通景の中へ出でてきた――廣重の浮世繪の中にあるやうな村、廣重の風景に誠によく似た色彩を有する村。これは伯耆の國、上市(かみいち)だ。

 私共は靜かな、薄黑い小さな宿の前で停つた。非常に年老いた亭主が出でて迎へた。すると、無言で温和な村民が、大概は子供と婦人てあるが、外人を見たり、不思議がつたり、または内氣な微笑を帶びた好奇心て着物に觸つたりするため、車の周圍に集まつた。私は宿の老主人の顏を一目見ただけで、彼の案内に應ずることに決めた。私は明日までここに留まらねぱならぬ。車夫があまりに疲れてゐるから、今夜はこれより先きへ行けない。

 小さな宿は、外見は風雨に古びてゐるが、室内は心地よかつた。その磨いた怪談や緣側は淸らかで、鏡面の如くに女中の素足を映した。その明るい室は、始めて疊を敷いた時の如くに、新鮮で、よい香がしてゐた。私の室の床柱は、黒い良材に花と葉が彫られて、驚歎すべきものであつた。床に懸つてゐる掛物の畫は、幸福の神なる布袋が、舟に乘り夢のやうな流れを下つて、朦朧神祕な暮色蒼然裡へ去つて行く、一個の田園詩であつた。この小部落はあらゆる藝術的中心から遠く隔つてゐるけれども、この家には日本人の形象に關する美感を示さないものは、一つも見られない。金色花模樣の古い漆器、驚くべき菓子器、透通つた陶器の酒杯に、跳つた海老を一匹、金色で現したもの、靑銅製茶托の、蓮の葉が捲(ちゞ)れた形をしたもの、また龍や雲の模樣ある鐡瓶、唐獅子の頭の形をした、取手の附いた眞鍮の火鉢などが、眼を欣ばし、空想を驚かせた。實際、今日、日本の到る處で、陶器でも、金屬製品でも、全然妙味のない、平凡で、醜いものに接した場合には、その嫌なものは外國の影響の下に作られたのだと大抵決定してよろしい。しかし、私は今こゝでは舊日本の中にゐるのだ。多分いかなる歐洲人の眼も、未だこれ等のものを眺めたことはないだらう。

 心臟形の窓が庭に向つて覗いてゐる。小さな立派な庭園で、小さな池と小型の橋と矮樹があつて、荼椀に畫いてある風景に似てゐる。また固より二三の恰好のよい石と、寺の境内にあるやうな優美な燈籠もある。して、是等の景物を越えて、暑い薄暮の中に、愛する亡靈の訪問を迎へるため、各戸の前に吊られた、盆燈籠の彩色を帶びた燈光が見えた。何故となれば、この古風な士地で、今猶用ひてゐる舊曆によると、今夜が盆祭の初めであつた。

 私が泊まつたすべての他の田舍の小村に於ける如く、こゝの人民が私に對する親切と慇懃は、想像し難く、名狀し難いほどで、他の國には存在しない。日本に於ても内地にのみ見らるゝものであつた。彼等の質朴な丁寧さは技巧ではない。後等の親切さは絶對に無意識の親切である。二つとも本心から來るのだ。して、私がこれらの人々と交はつて、二時間も立たない内に、彼等の私に對する待遇と、かゝる親切に酬ゐることは到底不可能だといふ考がそれに加つて、途方も無い願が私の心中に起つた。是等の愉快な人々が、ある豫想外の邪曲、驚くべき惡事、獰猛に不親切なことを私に加へて呉れたい。さうすればこの人々と袂を別つのを惜しく思ふことはなくなるだらう。私は去つて行くや否や、殘念に感じ出すにきまつてゐるから。

 老主人が私を湯殿へ案内して、私を子供扱ひに主人自から強ひて、私を洗つてくれた間に、主婦は米、卵、野菜、菓子などの旨い小さな、御馳走を私のために訓理した。私が二入前ほど貪べた後でも、披女は私に滿足を與へなかつたかといふことをひどく氣にして、もつと澤山料理を作りかねたことを大いに詫びた。

 彼女は『今日は十三日で、盆祭の初めの日で御座いますから、魚がありません。十三日、十四日、十五日には誰も精進致します。十六日の朝は、漁師が漁に出かけますので、兩親とも生きてゐる人は、魚を食べてもよろしいのです。しかし、片親のない人は、十六日でも食べられません』と云つた。

 善良な主婦が、かやうな説明をしてゐる際、私は戸外から奇異な遠い音が聞えてくるのに氣が付いた。私は熱帶地方の舞踏の記憶によつて、それは拍子を取つて手を打つ音だと悟つた。が、この拍く音は頗る柔かで、また間(ま)が長かつた。して、もつと間を置いて、寺の大きな太鼓を叩く音の重げな、包んだやうな洞音が響いた。

 『是非見物に行きませう』と、晃が呼んだ。『これは盆踊です。こんな盆踊は都會では見られませんよ。これは昔踊、そのまゝです。こゝは習慣が變つてゐませんが、都會では一切變化してゐますから』

 そこで私はたゞ周圍の人々と同樣に、すべて日本の宿屋で男の客に貸してくれる、輕い、寛袖の夏服――浴衣――だけを着けて、急いで外へ出た。が、かやうに輕い衣をきても、非常に暑いので、私は少々汗を流してゐた。して、夜は美しかつた――靜かで、晴れて、歐洲の夜よりも廣やかで、大きな白い月は、彎曲した軒や、突出した破風や、ゆつたりした服を着けた日本人の面白い形などの影を投じてゐた。宿の主人の孫に當る少年が、紅色の提燈を携へて道案内をした。下駄の朗らかなころころといふ響が町内に一杯であつた。踊を見るため、私共の行く方へ澤山の人々が行くのであつた。

 霎時私共は本通りについて進んだ。それから二軒の家の間の狹い通路を越えると、滿面月光の漲つた廣場に出た。これが踊場であつた。しかし、踊は一時停んでゐた。あたりを見廻はすと、私共の居る處は、古い佛寺の境内であつた。寺の建物はそのまゝ殘つて、星の光に低い、長い、瘠せた影を見せてゐるが、内部は空虛で暗黑、俗用に供せられて、校舍になつてゐるとのことであつた。僧侶は去り、大きな鐘も失せ、佛陀や菩薩は無くなつて、たゞ月の下で、閉ぢた目許に徴笑を含める、手の損はれた石地藏だけに寺り名殘を留めてゐた。

 境内の中央には、竹の枠に大きな太鼓が載せられ、その周圍に、學校から持出した長椅子を並べて、村の人々が憩んでゐた。ある莊嚴なことを豫期するかのやうに、低く語り合ふ聲の囂音や、折々は小兒の泣聲、娘達の柔かな笑聲が聞えた。して、境内から遙か奧の方、薄暗い常盤木の低い墻の彼方に、私は柔かな白い燈火と無數の丈高い灰色の形のものが長い影を投じてゐるのを見た。して、私は燈火は唯だ墓所にのみ吊される白い燈籠で、灰色の形は墓であることがわかつた。

 不意に一人の娘が立上つて、大きな太鼓を一囘叩いた。これが盆踊の合圖であつた。

 

[やぶちゃん注:この旧暦行われている盂蘭盆の叙述によって、これがこの明治二三(一八九〇)年の旧暦の七月十三日、即ち、新暦の八月二十八日(木曜)の晩の光景であることがはっきりするのである。

「伯耆の國、上市」「伯耆の國」は現在の鳥取県中部及び西部に当たり、「上市」は現在の鳥取県西伯(さいはく)郡大山町(だいせんちょう)上市(山陰本線刺下市駅の海側の字名として残る)であるが、これは「うはいち(うわいち)」と読むのが正しい。ここから旧山陰道を忠実に実測してみたところ、松江市外まで、約五十五キロメートルあり、まさに一日遅くとも一日半(八月二十九日か三十日、遅くとも三十一日)あれば到着出来る距離と思われ、和田和夫氏がハーンの松江到着を『八月末』とし、島根県立松江中学校(現在の島根県立松江北高等学校)へは『九月、初登校』とあるのに、ぎりぎりセーフである。その後、松江の旅館大橋館(次の第七章の注で後述する)公式サイト内の「小泉八雲ゆかりの地」によれば、ハーンは明治二三(一八九〇)年八月三十日午後四時、『対岸の港に船で着いた』とあるのを見出した。貴重な詳細情報である。

「邪曲」「じやきよく(じゃきょく)」と音読みし、心が捻くれて、素直でないことや、不正・不道徳であることを意味する。しかしどうも音読みは気に入らない。私は「よこしま」と訓ずる。

「洞音」私は「ほらね」と訓じたい。洞穴で木霊するような低い響きの意であろう。

「霎時」既注であるが再掲する。「せふじ(しょうじ)」と読む。「暫時」に同じい。暫くの間。ちょっとの間。「霎」はさっと降っては直ぐ止む小雨、通り雨を原義とし、そこから瞬く間、しばしの意となった。

「囂音」「がうおん(ごうおん)」と音で読むしかあるまいが如何にも佶屈聱牙である。かまびすしいこと。騒がしいことを言う。平井呈一氏はここを『低い声でごやごや話しあっている声』と訳しておられる。]

 

 

Sec. 4

At last, from the verge of an enormous ridge, the roadway suddenly slopes down into a vista of high peaked roofs of thatch and green-mossed eaves—into a village like a coloured print out of old Hiroshige's picture-books, a village with all its tints and colours precisely like the tints and colours of the landscape in which it lies. This is Kami- Ichi, in the land of Hoki.

We halt before a quiet, dingy little inn, whose host, a very aged man, comes forth to salute me; while a silent, gentle crowd of villagers, mostly children and women, gather about the kuruma to see the stranger, to wonder at him, even to touch his clothes with timid smiling curiosity. One glance at the face of the old innkeeper decides me to accept his invitation. I must remain here until to-morrow: my runners are too wearied to go farther to-night.

Weather-worn as the little inn seemed without, it is delightful within. Its polished stairway and balconies are speckless, reflecting like mirror-surfaces the bare feet of the maid-servants; its luminous rooms are fresh and sweet-smelling as when their soft mattings were first laid down. The carven pillars of the alcove (toko) in my chamber, leaves and flowers chiselled in some black rich wood, are wonders; and the kakemono or scroll-picture hanging there is an idyll, Hotei, God of Happiness, drifting in a bark down some shadowy stream into evening mysteries of vapoury purple. Far as this hamlet is from all art-centres, there is no object visible in the house which does not reveal the Japanese sense of beauty in form. The old gold-flowered lacquer-ware, the astonishing box in which sweetmeats (kwashi) are kept, the diaphanous porcelain wine- cups dashed with a single tiny gold figure of a leaping shrimp, the tea- cup holders which are curled lotus-leaves of bronze, even the iron kettle with its figurings of dragons and clouds, and the brazen hibachi whose handles are heads of Buddhist lions, delight the eye and surprise the fancy. Indeed, wherever to-day in Japan one sees something totally uninteresting in porcelain or metal, something commonplace and ugly, one may be almost sure that detestable something has been shaped under foreign influence. But here I am in ancient Japan; probably no European eyes ever looked upon these things before.

A window shaped like a heart peeps out upon the garden, a wonderful little garden with a tiny pond and miniature bridges and dwarf trees, like the landscape of a tea-cup; also some shapely stones of course, and some graceful stone-lanterns, or toro, such as are placed in the courts of temples. And beyond these, through the warm dusk, I see lights, coloured lights, the lanterns of the Bonku, suspended before each home to welcome the coming of beloved ghosts; for by the antique calendar, according to which in this antique place the reckoning of time is still made, this is the first night of the Festival of the Dead.

As in all the other little country villages where I have been stopping, I find the people here kind to me with a kindness and a courtesy unimaginable, indescribable, unknown in any other country, and even in Japan itself only in the interior. Their simple politeness is not an art; their goodness is absolutely unconscious goodness; both come straight from the heart. And before I have been two hours among these people, their treatment of me, coupled with the sense of my utter inability to repay such kindness, causes a wicked wish to come into my mind. I wish these charming folk would do me some unexpected wrong, something surprisingly evil, something atrociously unkind, so that I should not be obliged to regret them, which I feel sure I must begin to do as soon as I go away.

While the aged landlord conducts me to the bath, where he insists upon washing me himself as if I were a child, the wife prepares for us a charming little repast of rice, eggs, vegetables, and sweetmeats. She is painfully in doubt about her ability to please me, even after I have eaten enough for two men, and apologises too much for not being able to offer me more.

There is no fish,' she says, 'for to-day is the first day of the Bonku, the Festival of the Dead; being the thirteenth day of the month. On the thirteenth, fourteenth, and fifteenth of the month nobody may eat fish. But on the morning of the sixteenth day, the fishermen go out to catch fish; and everybody who has both parents living may eat of it. But if one has lost one's father or mother then one must not eat fish, even upon the sixteenth day.'

While the good soul is thus explaining I become aware of a strange remote sound from without, a sound I recognise through memory of tropical dances, a measured clapping of hands. But this clapping is very soft and at long intervals. And at still longer intervals there comes to us a heavy muffled booming, the tap of a great drum, a temple drum.

'Oh! we must go to see it,' cries Akira; 'it is the Bon-odori, the Dance of the Festival of the Dead. And you will see the Bon-odori danced here as it is never danced in cities—the Bon-odori of ancient days. For customs have not changed here; but in the cities all is changed.'

So I hasten out, wearing only, like the people about me, one of those light wide-sleeved summer robes—yukata—which are furnished to male guests at all Japanese hotels; but the air is so warm that even thus lightly clad, I find myself slightly perspiring. And the night is divine -still, clear, vaster than nights of Europe, with a big white moon flinging down queer shadows of tilted eaves and horned gables and delightful silhouettes of robed Japanese. A little boy, the grandson of our host, leads the way with a crimson paper lantern; and the sonorous echoing of geta, the koro-koro of wooden sandals, fills all the street, for many are going whither we are going, to see the dance.

A little while we proceed along the main street; then, traversing a narrow passage between two houses, we find ourselves in a great open space flooded by moonlight. This is the dancing-place; but the dance has ceased for a time. Looking about me, I perceive that we are in the court of an ancient Buddhist temple. The temple building itself remains intact, a low long peaked silhouette against the starlight; but it is void and dark and unhallowed now; it has been turned, they tell me, into a schoolhouse. The priests are gone; the great bell is gone; the Buddhas and the Bodhisattvas have vanished, all save one—a broken-handed Jizo of stone, smiling with eyelids closed, under the moon.

In the centre of the court is a framework of bamboo supporting a great drum; and about it benches have been arranged, benches from the schoolhouse, on which villagers are resting. There is a hum of voices, voices of people speaking very low, as if expecting something solemn; and cries of children betimes, and soft laughter of girls. And far behind the court, beyond a low hedge of sombre evergreen shrubs, I see soft white lights and a host of tall grey shapes throwing long shadows; and I know that the lights are the white lanterns of the dead (those hung in cemeteries only), and that the grey shapes are shapes of tombs.

Suddenly a girl rises from her seat, and taps the huge drum once. It is the signal for the Dance of Souls.

« 甲子夜話卷之一 45 池田三左衞門、永井傳八郎へ始て對面の事 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第六章 盆踊 (五)(六) / 第六章~了 »