フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章 私の極東に於ける第一日 (一一) /第一章 了 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (二) »

2015/08/07

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (一)

      第二章 弘法大師の書

 

 

      一

 

 弘法大師は僧中の高僧、且つ眞言宗――晃(あきら)の屬する宗旨――の開祖で、日本人に平假名といふ書體、伊呂波といふ表音字母を書くことを敎へた最初の人であつた。して、彼自身書家中の最も驚異すべき能書家であつた。

 それで、弘法大師一代記といふ書に、かういふ話が載つてゐる。彼が支那に居つた時のこと、宮殿の或る室の名を書いてある文字が、古くなつて磨滅したので、帝は彼を召して新たに室の名を書かせた。そこで、弘法大師は右手に一本、左手にも一本の筆を取り、左足の指間に一本を挾み、また右足の指間にも一本を挾み、更に一本を口に啣へて、五本の筆をかやうに持ち乍ら、壁上に文字を書いた。して、その文字は流れに浮ぶ漣の如く滑かで、支那に於て空前の美しいものであつた。それから、また一本の筆を取つて、遠方から壁の上へ墨滴を跳ね飛ばした。すると、墨滴は落ちるに從つて、忽然變じて美麗なる文字となつた。かくて、帝は大師に五筆和尚の名を賜はつた。

 また或る時、大師が京都に近き高雄山に住んでゐた際、天皇は金剛上寺といふ大寺院の額を書かせようと思召し、使者に額を持たせて、大師の許へ遣はされた。しかし、使者が大師の住所へ近づいた時、前面の河は、雨に漲つて渡られなかつた。が、その内に大師が對岸に現れ、使者から聖旨を承はつたので、彼は使者に額をさし上げさせた。して、彼は對岸に立ち乍ら、筆を揮つて文字を空中へ書いた。すると、同時にその文字が、使者の支へてゐる額の上に現はれた。

 

[やぶちゃん注:この三段から成る章段は、まさに第一章のラストでハーンが言霊(ことだま)の国で見た文字の霊の初夢をダイレクトに受けて秀抜な構成を成していると私は思う。
 
「弘法大師一代記」書目から見て近世以降に成立した通俗物であろう。例えば明治一四(一八八一)年山口小五郎著の同名の和装本があるが(リンク先は国立国会図書館近代デジタルライブラリー内)、四肢を以って
壁書シーンが挿絵入り(キャプション「五華直號」)で示されてある(但し、次の段の話はこれには載らない)。この伝説は古くは「今昔物語集」巻第十一の「弘法大師渡唐傳眞言教歸來語 第九」(弘法大師、唐に渡りて眞言の教へを傳へて持ち歸り語(こと) 第九)にも載るが、そこでは(岩波文庫池上洵一編を底本としたが、恣意的に正字化し、一部に読点を加え、送り仮名も追加してある)、

   *

亦、宮城の内に三間(げん)の壁に手跡(しゆせき)有り。破損して後、人、筆を下して改むる事無し。天皇、勅を下して、日本の和尚に書かしむ。和尚、筆を取りて、五所に五行を同時に書給ふ。口に歌(くは)へ、二の手に取りて、二の足に挾める也。天皇、是を見て讚(ほ)め感じ給ふ。但し、今一間(けん)には、和尚、墨を磨りて壁の面に灑(そそ)ぎ懸くるに、自然(おのづか)ら間(けん)に滿てる「樹」の字と成りぬ。天皇、首(かうべ)を□て、五筆和尚と名づけて、菩提子(ぼだいし)の念珠を施し給ふ。

   *

とあって、本朝での話柄となっている。「一間」は一・八メートル。「□て」は底本の破損による欠字で、池上氏の注によれば、『「低(かたぶけ)」が想定される』とある。

「高雄山」現在の京都市右京区高雄にある高野山真言宗遺迹(ゆいせき)本山高雄山神護寺の前身である和気清麻呂の私寺高雄山寺のこと。弘法大師空海は東寺や高野山経営に当たる前(帰朝から三年後の大同四(八〇九)年から修禅道場として高野山を下賜される弘仁七(八一六)年頃まで)にここに住していた。

「金剛上寺」個人サイト「kazu_san の百寺巡礼」の神護寺」の頁の「硯石」の項に、『空海が神護寺で修行をしていたとき、嵯峨天皇が空海に「金剛定寺」の門額を書くよう勅使を送った。その時清滝川が増水していて勅使が渡ることができなかった。空海は、この石を硯石として,筆に墨を含ませ空に向かって字を書いた。墨は飛び散って,はるか向こうの金剛定寺の門額の文字として表れたという。豪快な話し。「金剛定寺」は今はない』とある。同じ嵯峨天皇勅命の額となると「弘法も筆の誤り」の逸話の方が知られるが、それは「三」の冒頭に出る。]

 

 

Chapter Two The Writing of Kobodaishi

 

Sec. 1

KOBODAISHI, most holy of Buddhist priests, and founder of the Shingon- sho—which is the sect of Akira—first taught the men of Japan to write the writing called Hiragana and the syllabary I-ro-ha; and Kobodaishi was himself the most wonderful of all writers, and the most skilful wizard among scribes.

And in the book, Kobodaishi-ichi-dai-ki, it is related that when he was in China, the name of a certain room in the palace of the Emperor having become effaced by time, the Emperor sent for him and bade him write the name anew. Thereupon Kobodaishi took a brush in his right hand, and a brush in his left, and one brush between the toes of his left foot, and another between the toes of his right, and one in his mouth also; and with those five brushes, so holding them, he limned the characters upon the wall. And the characters were beautiful beyond any that had ever been seen in China—smooth-flowing as the ripples in the current of a river. And Kobodaishi then took a brush, and with it from a distance spattered drops of ink upon the wall; and the drops as they fell became transformed and turned into beautiful characters. And the Emperor gave to Kobodaishi the name Gohitsu Osho, signifying The Priest who writes with Five Brushes.

At another time, while the saint was dwelling in Takawasan, near to Kyoto, the Emperor, being desirous that Kobodaishi should write the tablet for the great temple called Kongo-jo-ji, gave the tablet to a messenger and bade him carry it to Kobodaishi, that Kobodaishi might letter it. But when the Emperor's messenger, bearing the tablet, came near to the place where Kobodaishi dwelt, he found a river before him so much swollen by rain that no man might cross it. In a little while, however, Kobodaishi appeared upon the farther bank, and, hearing from the messenger what the Emperor desired, called to him to hold up the tablet. And the messenger did so; and Kobodaishi, from his place upon the farther bank, made the movements of the letters with his brush; and as fast as he made them they appeared upon the tablet which the messenger was holding up.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章 私の極東に於ける第一日 (一一) /第一章 了 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (二) »