フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章 私の極東に於ける第一日 (九) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章 私の極東に於ける第一日 (一一) /第一章 了 »

2015/08/06

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章 私の極東に於ける第一日 (一〇)

 

    一〇

 

 『寺?』車夫がまた問ふた。

 『寺、否。遲くなつたから、ホテルへ』

 が、車夫は歸り途に、狹い町の角を廻つてから、一小祠の前に車を停めた。それは日本の店肆の最も小さな位のものに過ぎないが、これまで見た更に大きな社寺よりも、私に取つては一層の驚異であつた。といふのは、門の兩側に二個の怪像が、裸身、赤血色を帶びて、惡魔の如く、筋肉怖しげに、足は獅子に似て、雨手に金色の稻妻を振り廻はし、無我夢中に激怒せる眼を持つて立つてゐるからである。これは神佛の守護者、仁王である。

 

    註。しかし、私が初めて見た是等の仁

    王は、頗る拙いものであつた。東京、

    京都その他の土地にある、大きな山門

    には、壯麗なる仁王が見られる。最も

    壯大なのは、奈良の巨刹、東大寺の仁

    王門にあつて、八百年の星霜を經たも

    のである。是等の巨像に現るゝ暴風雨

    の威嚴と颱風の力は、感歎せざるを得

    ない。仁王に向つて、人々が祈りを捧

    げる。巡禮は特にさうする。大概の像

    は、白紙を嚙んで軟塊としたのが、投

    げつけられて汚れてゐる。紙塊が像に

    附着すれば、願が叶ひ、これと反對に、

    もし地に落ちたときは、願が叶はぬと

    いふ妙な迷信がある。

 

 して、この深紅の怪物の眞中に、少女が私達の方を見て立つてゐた。銀鼠色の著物をつけ、虹の靑紫色の帶をしめた彼女の細姿は、門内の薄暗に對して、立派な反映を呈した。落付いて、珍らしいほど優美な彼女の顏は、何處で見でも美しいだらうが、ここで兩側に恐しい怪奇のものを控へた對照の效果は、何とも想像外のものであつた。そこで私は、かくも美しい少女が敬畏に適はしいものと思つてゐるからには、私がこの兩個の怪像に對する嫌厭は、果して全然正常を得てゐるのか知らんと疑ひ始めた。この中間に立てる彼女を注視してゐると、仁王像は醜くは見えぬやうになつた。華麗なる蛾の如く、纖細優美な彼女は、凝と無邪氣に外國人を視つめつつ、その外國人には仁王が醜惡の魔神と映じたかも知れないと、思ふ風情さへ見えなかつた。

 仁王は何者か。藝術的には、梵天と因達羅の佛教轉化である。佛教の包攝的、萬化的魔力の雰圍氣につつまれて、インドラは彼を黜けた宗旨を擁護するためにのみ、その稻妻を揮ひ得ることとなつた。彼は寺門の番人となつた。否、彼は菩薩の從者に過ぎなくなつた。ここはまだ佛陀の域に達せざる慈悲の女神、觀音菩薩の祠堂なのだから。

 

 『ホテル』と私はまた叫んだ。道は遠く、日も沒せんとしてゐるからだ。夕陽は黄玉石のやうな極めて柔かな光を放つてゐる。私はまだ釋迦牟尼佛の像を見てゐない。多分明日は何處か、この木造の街、または未だ訪ねてゐない山の頂上で、見ることが出來るだらう。

 日が沒し、黄玉石のやうな光は消えたので、車夫は止つて提燈に火を默じた。そして、店頭に吊せる彩色の提燈が、長く連つて二線を成せる間をまた急いで走つた。その二線が密接し平準を得てゐるので、火の眞珠を列ねた二本のはてしない絲のやうに見える。すると突然、莊嚴で底力の籠つた大きな音が、町の屋根を越えて私の耳へ響いた。野毛山の大きな寺鐘が鳴つたのである。

 あまりにも一日が短かく思はれた。が、私の眼は既に長時間、燦爛たる白日のまぶしさと、また不思議な看板の限りなく連續する町の通景が、すばらしぃ魔術書を一瞥したやうに思はせる昏迷のために、矢張り魔術書の本文から取つたと思はれる文字を一杯書いてある、これらの提燈の柔かな光にさへ疲れはてた。して、私はたうとう、魅惑の後につづく眠氣の催すを覺えた。

 

[やぶちゃん注:この仁王像、私は後の部分で「彼は菩薩の從者に過ぎなくなつた。ここはまだ佛陀の域に達せざる慈悲の女神、觀音菩薩の祠堂なのだから」とあることから、南区弘明寺町の真言宗瑞應山蓮華院弘明寺(本尊十一面観音)ではないかと踏んでいる。根岸の白滝不動からは実働距離で六キロメートルほどあり、しかもホテルとは正反対なのだが、「チア」さんが――この異人さん、寺、寺、言うて廻ったけんど、結局、仏さんの一つも見とらん――と思ったとして、ここにきて最後に――あれ、見せたろかい!――と一っ走りしたとしたら、と考えたのである。具体的には、「チア」さんは不動坂を登らず、八幡橋を渡ってすぐ右に折れて横須賀街道を北上、「狹い町の角を廻つ」たのが吉野町であって、鎌倉街道を右に折れたのだとすれば、この吉野町から弘明寺は二・五キロメートルほどしかない。私は必ずしもえらく遠いというわけではないと思うのである。無論、不動坂を越えて山手方向へ戻って行く途中に仁王を門前に従えた観音を本尊とする寺があった或いはあるなら、そこなのだろうけれど、今の所は見当たらない。そのような寺があるかないか、識者の御教授を乞うものではある。――和服の少女を立たせたこじんまりとした弘明寺の仁王門――これ、よく面影に浮かんでしっくりくるのである。なお、これが弘明寺だとすれば弘明寺公式サイトから、仁王門は江戸時代の再建であり、一九九八年横浜市指定有形文化財指定された金剛力士像は十三世紀後半の早期運慶様式を尊守する鎌倉仏師の作とあり、『神奈川県下に遺る最古の中世作』とある。私が「チア」さんだったら最後に見せてあげたいと確かに思うのである。因みに、私の推測したこの日のルート(旧居留地ホテル山下公園附近→東神奈川正覚寺→元町百段公園→外人遊歩道→白滝不動→弘明寺→ホテル)を試みに最短で道路実測で測定してみたが、起点を旧外国人居留地端の山下橋附近として、「チア」さんは一日で二十八~三十キロメートルほどを走ったと試算出来た。人力車は時速八~十キロメートルほどであったというから、この数値は一日(或いは半日)の走破距離としては決して異様な数値とは思われないのである。

「最も壯大なのは、奈良の巨刹、東大寺の仁王門にあつて、八百年の星霜を經たものである」東大寺南大門の国宝金剛力士像は建仁三(一二〇三)年作であるから、この明治二三(一八九〇)年からは六百八十七年前でちょっとドンブリ過ぎ(寧ろ、今からなら正しいから不思議。因みに東大寺のものは門に向かって右に吽形(うんぎょう:口を閉じた像)が、左に阿形(あぎょう:口を開いた像)が安置されており、これは一般的な仁王像の安置方法とは左右が逆である(弘明寺は一般的配置)。像内納入品や墨書から阿形像は大仏師運慶及び快慶が小仏師十三人を率いて造り、吽形像は大仏師定覚及び湛慶が小仏師十二人と共に造ったものであるという。ここはウィキの「東大寺」の「南大門」の項に拠った)。

「して、この深紅の怪物の眞中に、少女が私達の方を見て立つてゐた。銀鼠色の著物をつけ、虹の靑紫色の帶をしめた彼女の細姿は、門内の薄暗に對して、立派な反映を呈した。落付いて、珍らしいほど優美な彼女の顏は、何處で見でも美しいだらうが、ここで兩側に恐しい怪奇のものを控へた對照の效果は、何とも想像外のものであつた。そこで私は、かくも美しい少女が敬畏に適はしいものと思つてゐるからには、私がこの兩個の怪像に對する嫌厭は、果して全然正常を得てゐるのか知らんと疑ひ始めた。この中間に立てる彼女を注視してゐると、仁王像は醜くは見えぬやうになつた。華麗なる蛾の如く、纖細優美な彼女は、凝と無邪氣に外國人を視つめつつ、その外國人には仁王が醜惡の魔神と映じたかも知れないと、思ふ風情さへ見えなかつた。」この“And right between these crimson monsters a young girl stands looking at us; her slight figure, in robe of silver grey and girdle of iris-violet, relieved deliciously against the twilight darkness of the interior. Her face, impassive and curiously delicate, would charm wherever seen; but here, by strange contrast with the frightful grotesqueries on either side of her, it produces an effect unimaginable. Then I find myself wondering whether my feeling of repulsion toward those twin monstrosities be altogether lust, seeing that so charming a maiden deems them worthy of veneration. And they even cease to seem ugly as I watch her standing there between them, dainty and slender as some splendid moth, and always naively gazing at the foreigner, utterly unconscious that they might have seemed to him both unholy and uncomely.”というシークエンスに私は究極のハーンの幻想性を読むのである。これは実景である。が、しかし、鮮烈な慄っとするほどの美しさを私は感ずるのである。この少女にハーンが魅入られたように、同じように魅入られている自分自身を私は感ずるのである。

「梵天」“Brahma”ブラフマー。ウィキの「梵天」より引いておく(アラビア数字を漢数字に代え、改行及び記号の一部を変更・省略した)。『仏教の守護神である天部の一柱。古代インドの神ブラフマーが仏教に取り入れられたもので、十二天に含まれる。梵はbrahmanの音写。古代インドのバラモン教の主たる神の一つであるブラフマーが仏教に取り入れられたものである。ブラフマーは、古代インドにおいて万物の根源とされた「ブラフマン」を神格化したものである。ヒンドゥー教では創造神ブラフマーはヴィシュヌ(維持神)、シヴァ(破壊神)と共に三大神の一人に数えられた。帝釈天と一対として祀られることが多く、両者を併せて「梵釈」と称することもある』。『この神が仏教に取り入れられ、仏法の守護神となり、梵天と称されるようになった。なお、釈迦牟尼が悟りを開いた後、その悟りを広めることをためらったが、その悟りを広めるよう勧めたのが梵天と帝釈天とされ、この伝説は梵天勧請(ぼんてんかんじょう)と称される』。『「万物の根源」という漠然としたものを造形化した神で、親しみが湧きにくいためか、インドでも日本でも梵天に対する民衆の信仰はあまり高まらなかった』とある。

「因達羅」“Indra”インドラ。ウィキインドラによれば、『バラモン教、ヒンドゥー教の神の名称で』、『雷を操る雷霆神で「リグ・ヴェーダ」に於いては中心的な神の一つであり、「ラーマーヤナ」には天空の神として出る。図像では『茶褐色の皮膚、一面四臂で、二本の槍を手にして』、『アイラーヴァタという聖獣の象に乗る』。帝釈天として仏教に取り入れられたとある。

「黜けた」「しりぞけた」と訓ずる。

「黄玉石」「わうぎよくせき(おうぎょくせき)」或いは「くわうぎよくせき(こうぎょくせき)」と読む。フッ素とアルミニウムを含むケイ酸塩鉱物で斜方晶系に属し、柱状結晶は硬くて脆い。透明又は半透明で色は黄・青・紫・緑などがあり、特に黄色のものを宝石として珍重する。原文でお分かりの通り、トパーズのことである。

「野毛山の大きな寺鐘が鳴つた」「野毛山」は原文では“Nogiyama”。中区花咲町にある老舗のパン屋さんのブログ「横濱・櫻木町コティベーカリーぶろぐ」の大浦お慶とお茶場と「野毛山の鐘」に『野毛山の鐘は「野毛山 時の鐘」「伊勢山 時の鐘」とも呼ばれていて現在の成田山横浜別院』(JR桜木町駅の西二百四十メートル)『の辺りにありました。成田山の職員の方のお話によれば鐘は』二時間毎に一回『打ち鳴らされ、住民に時を知らせていたそうです。残念ながら現在、時鐘楼の痕跡は何も残っていません』とある。リンク先を読まれると分かるが、当時のイギリス向けの中国風製茶工場(山下町にあって「お茶場」と呼ばれた)の労働歌にも詠まれている。横浜開港資料館公式サイト内の伊勢山「時のかね」で往時の鐘を見ることが出来る。]

 

 

Sec. 10

'Tera?' once more queries Cha.

'Tera, no—it is getting late. Hotel, Cha.'

But Cha, turning the corner of a narrow street, on our homeward route, halts the jinricksha before a shrine or tiny temple scarcely larger than the smallest of Japanese shops, yet more of a surprise to me than any of the larger sacred edifices already visited. For, on either side of the entrance, stand two monster-figures, nude, blood-red, demoniac, fearfully muscled, with feet like lions, and hands brandishing gilded thunderbolts, and eyes of delirious fury; the guardians of holy things, the Ni-O, or "Two Kings." [4] And right between these crimson monsters a young girl stands looking at us; her slight figure, in robe of silver grey and girdle of iris-violet, relieved deliciously against the twilight darkness of the interior. Her face, impassive and curiously delicate, would charm wherever seen; but here, by strange contrast with the frightful grotesqueries on either side of her, it produces an effect unimaginable. Then I find myself wondering whether my feeling of repulsion toward those twin monstrosities be altogether lust, seeing that so charming a maiden deems them worthy of veneration. And they even cease to seem ugly as I watch her standing there between them, dainty and slender as some splendid moth, and always naively gazing at the foreigner, utterly unconscious that they might have seemed to him both unholy and uncomely.

What are they? Artistically they are Buddhist transformations of Brahma and of Indra. Enveloped by the absorbing, all-transforming magical atmosphere of Buddhism, Indra can now wield his thunderbolts only in defence of the faith which has dethroned him: he has become a keeper of the temple gates; nay, has even become a servant of Bosatsu (Bodhisattvas), for this is only a shrine of Kwannon, Goddess of Mercy, not yet a Buddha.

 

'Hotel, Cha, hotel!' I cry out again, for the way is long, and the sun sinking,—sinking in the softest imaginable glow of topazine light. I have not seen Shaka (so the Japanese have transformed the name Sakya- Muni); I have not looked upon the face of the Buddha. Perhaps I may be able to find his image to-morrow, somewhere in this wilderness of wooden streets, or upon the summit of some yet unvisited hill.

The sun is gone; the topaz-light is gone; and Cha stops to light his lantern of paper; and we hurry on again, between two long lines of painted paper lanterns suspended before the shops: so closely set, so level those lines are, that they seem two interminable strings of pearls of fire. And suddenly a sound—solemn, profound, mighty—peals to my ears over the roofs of the town, the voice of the tsurigane, the great temple-bell of Nogiyama.

All too short the day seemed. Yet my eyes have been so long dazzled by the great white light, and so confused by the sorcery of that interminable maze of mysterious signs which made each street vista seem a glimpse into some enormous grimoire, that they are now weary even of the soft glowing of all these paper lanterns, likewise covered with characters that look like texts from a Book of Magic. And I feel at last the coming of that drowsiness which always follows enchantment.

 

4 These Ni-O, however, the first I saw in Japan, were very clumsy figures. There are magnificent Ni-O to be seen in some of the great temple gateways in Tokyo, Kyoto, and elsewhere. The grandest of all are those in the Ni-O Mon, or 'Two Kings' Gate,' of the huge Todaiji temple at Nara. They are eight hundred years old. It is impossible not to admire the conception of stormy dignity and hurricane-force embodied in those colossal figures. Prayers are addressed to the Ni-O, especially by pilgrims. Most of their statues are disfigured by little pellets of white paper, which people chew into a pulp and then spit at them. There is a curious superstition that if the pellet sticks to the statue the prayer is heard; if, on the other hand, it falls to the ground, the prayer will not be answered.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章 私の極東に於ける第一日 (九) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章 私の極東に於ける第一日 (一一) /第一章 了 »