フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (二) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (四) »

2015/08/31

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (三)

 

        三

 

 さて、今度は庭先の川端から、手を拍つ音が起つてくる――一囘、二囘、三囘、四囘。その手の持主は植込に遮ぎられて見えない。しかし、對岸の埠頭の石段を下りる男や女が見える。銘々帶に小さな靑い手拭を插んでゐて、顏と手を洗ひ、口を漱ぐ。これは神道の祈を捧げる前に、必ず行ふ潔齋である。それから顏を朝日に向け、四たび手を拍つて拜む。白色の長い高い橋の上からも、他の拍手の音が反響の如くに出でてくる。遠くにある、輕い優美な、而して新月の如く彎曲した小舟からも出ででくる。この頗る異樣な恰好の舟の上から、手も足も裸の漁師が、黃金色した東雲の空を拜んでゐるのだ。最早拍手の數が增加して、殆ど鋭い音の連發となつた。それは人々が今皆、朝日――お日樣――天照大神を拜んでゐるからだ。『いとも貴き、日の造主よ。この心地よき日光を賜ひて、世界を麗はしくなし玉ふことを謝し奉る』言葉はこの通りでないまでも、これが無數の人々の衷心だ。朝日に向つてだけ手を拍つ者もあるが、大概は西の杵築大社へ向つてもさうする。顏を東西南北へつぎつぎに向けて、群神の名や・低聲微唱する者さへ隨分ある。天照大神を拜した後で、一畑山の高峯を眺めて、盲人の眼を開き玉ふ藥師如來の大伽藍のある處に向ひ、佛教の儀式に隨つて、掌を合はせ乍ら、輕く擦るのもある。しかし日本で最古のこの國では、佛教徒も亦神道信者であるから、誰も古風な神道の祈の文句を唱へる。『拂ひ玉へ、淨め玉へと神忌たみ』

 佛數渡來前に勢力を有した最古の神々、して、今も猶、その神々の本來の國なる此處――豐葦原の國の出雲――では稜威依然たる神々。混沌界と原始の海と世界開闢期の諸神――長い奇異な名を帶びた群神、最初の泥土の主なる宇比地邇神、最初の砂土の女神なる須比智邇神など。それから後の諸神――力と美の神、世界創造の神、山や島の造主、郎ち天津日嗣と稱せらるゝ歷代天皇の先祖。日本國中三千の神、高天原にまします八百萬の神々、これ等の神々へ祈を捧げる。

 

[やぶちゃん注:「杵築大社」正しくは「きつきのおおやしろ」と読む。島根県出雲市大社町杵築(きづき)東にある出雲大社の別称である。

「一畑山」直後に「藥師如來の大伽藍のある處に向ひ」とあるから、これは山名というよりも、薬師瑠璃光如来本尊を本尊とする島根県出雲市小境町に醫王山(いおうざん)一畑寺(いちばたじ)のことと思われる。ウィキ一畑によれば、縁起には寛平六(八九四)年に漁師の与市(のち出家して「補然」と称した)が海中から引き上げた薬師如来像を本尊としてここに「医王寺」という名の天台宗の寺院を創建したという。正中二(一三二五)年に石雲本竺が臨済宗南禅寺派寺院として再興、寺号を「成徳寺」と改め、さらにその後の承応二(一六五三)年に現在の「一畑寺」に改名、寛政二(一七九〇)年になって妙心寺派に転属した、とある。但し、この寺の直近(南百六十九メートル附近)にあるコテージの名称は「一畑山コテージ」である。近くのピーク自体は寺の東方一キロほどのところにある出雲市鹿園寺町内の「焼山」である。

「稜威」これは「りようゐ(りょうい)」或いは「いつ」と読み、神聖であること・斎(いつ)き清められていること、或いは、勢いの激しいこと・威力が強いことから更に転じて、天子の威光の意も持つ。「嚴(厳)」とも書く。

「宇比地邇神」「須比智邇神」前者は「うひぢにのかみ」、後者は「すひぢにのかみ」と読む。ウィキの「ウヒヂニ・スヒヂニに、『ウヒヂニ・スヒヂニは、日本神話に登場する神で』神世七代(かみのよななよ:日本神話の天地開闢の際に生成した七代の神の総称及びその神々の時代)の第三代の神で、『ウヒヂニが男神、スヒヂニが女神である。それまでは独神であったが、この代ではじめて男女一対の神となった』。『神名の「ウ」は泥(古語で「うき」)、「ス」は沙(砂)の意味で、大地が泥や沙によってやや形を表した様子を表現したものである』とある。

「天津日嗣」「あまつひつぎ」と読む。日本で天皇の位或いは天皇の位を継承することを指す。天津日神(天照大神)の勅命により歴代受け嗣がれるという思想から出た語で、一説には「日給」で、大神から斎庭(ゆにわ:清めた所)の穂を給せられるとの意から出た、ともすると、中経出版の「世界宗教用語大事典」にはある。]

 

 

Sec. 3

And now from the river-front touching my garden there rises to me a sound of clapping of hand,—one, two, three, four claps,—but the owner of the hands is screened from view by the shrubbery. At the same time, however, I see men and women descending the stone steps of the wharves on the opposite side of the Ohashigawa, all with little blue towels tucked into their girdles. They wash their faces and hands and rinse their mouths—the customary ablution preliminary to Shinto prayer. Then they turn their faces to the sunrise and clap their hands four times and pray. From the long high white bridge come other clappings, like echoes, and others again from far light graceful craft, curved like new moons—extraordinary boats, in which I see bare-limbed fishermen standing with foreheads bowed to the golden East. Now the clappings multiply—multiply at last into an almost continuous volleying of sharp sounds. For all the population are saluting the rising sun, O-Hi-San, the Lady of Fire—Ama-terasu-oho-mi-Kami, the Lady of the Great Light. [3] 'Konnichi-Sama! Hail this day to thee, divinest Day-Maker! Thanks unutterable unto thee, for this thy sweet light, making beautiful the world!' So, doubt-less, the thought, if not the utterance, of countless hearts. Some turn to the sun only, clapping their hands; yet many turn also to the West, to holy Kitzuki, the immemorial shrine and not a few turn their faces successively to all the points of heaven, murmuring the names of a hundred gods; and others, again, after having saluted the Lady of Fire, look toward high Ichibata, toward the place of the great temple of Yakushi Nyorai, who giveth sight to the blind—not clapping their hands as in Shinto worship, but only rubbing the palms softly together after the Buddhist manner. But all— for in this most antique province of Japan all Buddhists are Shintoists likewise—utter the archaic words of Shinto prayer: 'Harai tamai kiyome tamai to Kami imi tami.'

Prayer to the most ancient gods who reigned before the coming of the Buddha, and who still reign here in their own Izumo-land,—in the Land of Reed Plains, in the Place of the Issuing of Clouds; prayer to the deities of primal chaos and primeval sea and of the beginnings of the world—strange gods with long weird names, kindred of U-hiji-ni-no- Kami, the First Mud-Lord, kindred of Su-hiji-ni-no-Kanii, the First Sand-Lady; prayer to those who came after them—the gods of strength and beauty, the world-fashioners, makers of the mountains and the isles, ancestors of those sovereigns whose lineage still is named 'The Sun's Succession'; prayer to the Three Thousand Gods 'residing within the provinces,' and to the Eight Hundred Myriads who dwell in the azure Takamano-hara—in the blue Plain of High Heaven.

'Nippon-koku-chu- yaoyorozu-no-Kami-gami-sama!'

 

 

3 Ama-terasu-oho-mi-Kami literally signifies 'the Heaven-Shining Great- August-Divinity.' (See Professor Chamberlain's translation of the Kojiki.)

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (二) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (四) »