フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十章 陸路京都へ モース先生茶の湯体験記 その三(了) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十章 陸路京都へ 四日市から鈴鹿峠を越えて京都着 »

2015/08/04

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十章 陸路京都へ 名古屋城に登る

 最後の日の午後、我々は名古屋城へ行った。これは日本に於て、最もよく保存された城の一つで高さ百五十フィート、壁は巨大で、部屋は広大である。一六一〇年から三年にわたって建てられ、高く四周にぬきんでて立ち、その窓からは素晴しい景色が見られる。巨大な石垣と深い堀があたりを取巻いている。その周囲の建物には広々とした部屋があり、襖(ふすま)はその時代の最も有名な芸術家によって装飾され、木彫も有名な木彫家の手になったものである。ある部屋には高さ七フィートばかりの、この城の雛型があった。これは城それ自身が建てられる前に、それに依て建築すべき模型としてつくられたのであるから、非常に興味がある。

[やぶちゃん注:「高さ百五十フィート」四十五・七二メートルであるが、ウィキの「名古屋城」によれば実際には現行で五十五・六メートル(建屋三十六・一メートル+天守台十九・五メートル)である。

「一六一〇年から三年にわたって建てられ」前注同様にウィキの記載によれば、濫觴は十六世紀『前半に今川氏親が、尾張進出のために築いた柳ノ丸が名古屋城の起源とされる。この城は、のちの名古屋城二之丸一帯にあったと考えられて』おり、天文元(一五三二)年には『織田信秀が今川氏豊から奪取し那古野城と改名された』。『信秀は一時期この城に居住し、彼の嫡男織田信長はこの城で生まれたといわれている。のちに信秀は古渡城に移り、那古野城は信長の居城となったが』、弘治元(一五五五)年に『信長が清須城(清洲城)に本拠を移したため、廃城とされた』。『清須城は長らく尾張の中心であったが、関ヶ原の戦い以降の政治情勢や、水害に弱い清須の地形の問題などから、徳川家康は』慶長一四(一六〇九)年に『九男義直の尾張藩の居城として、名古屋に城を築くことを決定』、慶長一五(一六一〇)年、『西国諸大名の助役による天下普請で築城が開始』されたとある(下線やぶちゃん。以下同じ)。その後、慶長一七(一六一二)年(年)までに『大天守が完成』、『名古屋城築城普請助役としては、加藤清正以外に、寺沢広高、細川忠興、毛利高政、生駒正俊、黒田長政、木下延俊、福島正則、池田輝政、鍋島勝茂、毛利秀就、加藤嘉明、浅野幸長、田中忠政、山内忠義、竹中重利、稲葉典通、蜂須賀至鎮、金森可重、前田利光の外様大名が石に刻印を打って石垣工事を負担し』、実に延べ五百五十八万人の工事役夫で僅か一年足らずで石垣を完成している。『清須からの移住は、名古屋城下の地割・町割を実施した』慶長一七(一六一二)年頃から『徳川義直が名古屋城に移った』元和二(一六一六)年の間に『行われたと思われる。この移住は清須越しと称され、家臣、町人はもとより』、社寺三社に百十箇寺に加えて、『清須城小天守も移るという徹底的なものであった』とある。以下、近代史も見ておくと、明治三(一八七〇)年、尾張藩最後の第十四代藩主『徳川慶勝は新政府に対して、名古屋城の破却と金鯱の献上を申し出た。金鯱は鋳潰して武士の帰農手当や城地の整備費用に充当する予定であった。しかし、ドイツの公使マックス・フォン・ブラントと大日本帝国陸軍第四局長代理の中村重遠工兵大佐の訴えにより』、明治一二(一八七九)年十二月、『山縣有朋が名古屋城と姫路城の城郭の保存を決定。この時、天守は本丸御殿とともに保存された』。明治五(一八七二)年には『東京鎮台第三分営が城内に置かれ』翌年には『名古屋鎮台とな』る。その後は明治二一(一八八八)年に『第三師団に改組され、終戦まで続いた』。但し、明治二六(一八九三)年になると本丸部分『陸軍省から宮内省に移管され、名古屋離宮と称する』ようになったが、この名古屋離宮は昭和五(一九三〇)年で廃止され、『宮内省から名古屋市に下賜された。名古屋市は恩賜元離宮として名古屋城を市民に一般公開した』。また建造物二十四棟は同昭和五年に、本丸御殿障壁画は昭和十七年に「国宝保存法」(当時)に基づいて国宝(旧国宝)に指定された。昭和一二(一九三七)年一月七日には、天守閣の金鯱の鱗五十八枚が盗難に遭っており、この鱗の金の価格は当時の価格で四十万円ほどに相当した。『犯人は大阪の貴金属店にこの鱗を売ろうとして警察に発覚』、一月二十八日に逮捕されている。『太平洋戦争時には空襲から金鯱を守るために地上へ下ろしたり、障壁画を疎開させるなどしていたが』、昭和二〇(一九四五)年五月十四日の名古屋大空襲(三度目)によって、『本丸御殿、大天守、小天守、東北隅櫓、正門、金鯱などが焼夷弾の直撃を受けて焼失した』。『戦後、三之丸を除く城跡は、北東にあった低湿地跡と併せ名城公園とされた。園内には、戦災を免れた』三棟の櫓と三棟の門、『二之丸庭園の一部が保存された。また、一部の堀が埋め立てられるなど改変も受けているが、土塁・堀・門の桝形などは三之丸を含めて比較的よく残されている。天守は、地元商店街の尽力や全国からの寄付により昭和三四(一九五九)年に『再建されて、復元された金鯱とともに名古屋市のシンボルとなった』。本丸御殿の復元は二〇〇八年に着工、二〇一八年の全体公開を目指しているとある。

「七フィート」二・一三メートル。モースが非常な興味を示した築城用の雛型模型であるが、これ自体は後に焼失したものと思われる。現在、城を含む城下町の精密な模型展示がなされているらしい。]
 
 

M657

図―657

 

 図657は番人が城内の当事者に我々の名刺を届けに行くのを待つ間に、いそいでした写生図である。これは極めて朧気(おぼろげ)に城の外見の観念を伝えるに過ぎぬ。この建築の巨大さと荘厳さとは著しいものである。建築上からいうとこの城は、上を向いた屋根のかさなり、破風(はふ)に続く破風、大きな銅の瓦、屋根の角稜への重々しい肋(リブ)、偉大な屋根の堂々たる曲線、最高の屋梁(むね)の両端に、陽光を受けて輝く、純金の鱗を持つ厖大な海豚(いるか)等で、見る者に驚異の印象を与える。黄金は殆ど百万ドルの三分一の価値を持っている。我々は頑丈な、石垣の間の通路をぬけ、幅の広い石段を上って、主要な城へと導かれた。厚い戸をあけると、そこは広々とした一室で、壁や天井の桁の大きさは、封建時代にあって、かかる建築が如何に強いものであるかを示していた。我々は階段をいくつもいくつも登り、登り切るたびに、しつかり出来上った広くて低い部屋へ出ては、百十二の高い段々を経て上方の部屋に達した。この勘定には、入口に達する石段や斜面の段は入っていない。上の広間の窓からは、あたりの範囲のひろい、そして魅力に富んだ景色が見られた。そこから流れ込む気持のいい風は、登って暑くなった我々にとって、誠に有難いものであった。

[やぶちゃん注:「番人が城内の当事者に我々の名刺を届けに行く」入場が妙に物々しい感じがするのは、前の近代史の記載(後の下線部)にあるように、陸軍省の所轄となって名古屋鎮台本部が置かれていたためと思われる(特にモースが外国人ということもあったであろう)。

「百万ドルの三分一」これは当時のレートというより、アメリカでの「百万長者」のイメージで述べているから、当時の百万ドルは今の一億ドル相当と考えれば、ネット上の記載に明治四(一八七一)年に一ドル=一円、明治二五(一八九二)年頃には一ドル=二円ほどレートであったとあるから(因みに明治六年から十八年の間参議を勤めた伊藤博文の月俸は五百円とある)、当時の一ドル一円として、そのまま現行の一ドルを百円で大甘換算しても現在の百億円、その三分の一で三十三億円相当といった感じになろうか。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十章 陸路京都へ モース先生茶の湯体験記 その三(了) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十章 陸路京都へ 四日市から鈴鹿峠を越えて京都着 »