フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章 私の極東に於ける第一日 (一〇) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (一) »

2015/08/06

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章 私の極東に於ける第一日 (一一) /第一章 了

 

       一一

 

 『按摩上下五百文』

 女の聲が夜の中に響く。妙にうるはしい調子で歌つてゐるその文句は、一語一語私の開放した窻から、笛の音の小波の如くに入り込む。少し英語を話す私の召使が、その言葉の意味を説明してくれた。

 『按摩上下五百文』

 して、いつもこの長くうるはしい呼び聲の間を置いて、悲しげな呼子の笛が聞える。初め一つ長い音を發し、それから二つの短い音を別の調子で出す。按摩の笛なのだ。病人や疲れた人を揉んで糊口してゐる貧乏な盲女で、その笛は徒歩者又は車を曳く者に對して、當人は目が見えぬから氣を付けてくれと、警戒を與へる。それから、また疲れた人や病人が呼んで呉れるやう文句を歌ふ。

 『按摩上下五百文』

 いとも悲しい曲調だが頗る美しい聲だ。この女の叫聲は、五百文の金高で、疲れた人の身體を上部も下部も揉んで、疲勞とか苦痛を無くして了うといふ意味である。五百文は五錢に相當する。十厘が一錢、十文が一厘となる。この聲の奇異な、うるはしさは、心に浸んで纏綿する――少々痛い處あれかし、それを取去つてもらうため、私も五百文を拂ふことが出來るからとさへ思はせる。

 

 私は眠に就いて夢を見た。無數の氣味惡るい神祕な漢字の文句が、悉く同一の方向に私の側を疾走して行く。白い字、黑い字が、看板の表に、障子の面に、或は草鞋穿きの男の背に載るつてゐる。字といふ字が悉く意識的生命を有して、活きてゐるやうだ。七節蟲の如く奇怪で、昆當が四肢を動かす如く、部分々々を動かしてゐる。私は車輪の音を立てない幻の人力車に乘つて、低い狹い輝いた町の間をいつも走つて行く。して、走り行く車夫の大きな白い松茸形の帽子が、絶えず私の前で上下へ踊つてゐる。

 

[やぶちゃん注:「第一章 私の極東に於ける第一日」の掉尾である。女の按摩の呼び声と笛のリフレインが睡魔を誘い、夢魔を誘い、コーダの幻想的な夢へと美事に繋がって、一読、忘れ難い非常に印象的なエンディングである。

「七節蟲」“phasmidae” 有翅昆虫亜綱新翅下綱直翅上ナナフシ目 Phasmatodea に属するナナフシ類のこと(“phasmida”はシノニム)。学名の頭の部分はギリシャ語の“phasma”(幽霊)に由来する。英語では“walking sticks”“ghost insects”などとも呼び、荒俣宏氏の「世界大博物図鑑 蟲類」(一九九一年平凡社刊)のナナフシによれば(以上の語源もこれを参照)、英語では『悪魔の棒』とも言うとある。目くるめく漢字という異様に絵画的な漢字という文字に半ば祟られ半ば魅せられているハーンの心理状態、漢字の画がナナフシのように蠢いて強迫的に迫ってくるという、何と、神経症的(異国の文化のただ中に投げ込まれた異邦人の体験する追跡妄想や関係妄想、更には統合失調症的なゲシュタルト崩壊感覚は病跡学的にも頗る興味深い)且つ慄っとするほど素敵な幻想を孕んだ夢であろう!]

 

'Amma-kamishimo-go-hyakmon!'

A woman's voice ringing through the night, chanting in a tone of singular sweetness words of which each syllable comes through my open window like a wavelet of flute-sound. My Japanese servant, who speaks a little English, has told me what they mean, those words:

'Amma-kamishimo-go-hyakmon!'

And always between these long, sweet calls I hear a plaintive whistle, one long note first, then two short ones in another key. It is the whistle of the amma, the poor blind woman who earns her living by shampooing the sick or the weary, and whose whistle warns pedestrians and drivers of vehicles to take heed for her sake, as she cannot see. And she sings also that the weary and the sick may call her in.

'Amma-kamishimo-go-hyakmon!'

The saddest melody, but the sweetest voice. Her cry signifies that for the sum of 'five hundred mon' she will come and rub your weary body 'above and below,' and make the weariness or the pain go away. Five hundred mon are the equivalent of five sen (Japanese cents); there are ten rin to a sen, and ten mon to one rin. The strange sweetness of the voice is haunting,—makes me even wish to have some pains, that I might pay five hundred mon to have them driven away.

 
I lie down to sleep, and I dream. I see Chinese texts—multitudinous, weird, mysterious—fleeing by me, all in one direction; ideographs white and dark, upon signboards, upon paper screens, upon backs of sandalled men. They seem to live, these ideographs, with conscious life; they are moving their parts, moving with a movement as of insects, monstrously, like phasmidae. I am rolling always through low, narrow, luminous streets in a phantom jinricksha, whose wheels make no sound. And always, always, I see the huge white mushroom-shaped hat of Cha dancing up and down before me as he runs.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章 私の極東に於ける第一日 (一〇) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (一) »