フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第八章 杵築――日本最古の社殿 (一九) / 第八章~了 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 寳戒寺 »

2015/09/16

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (一)

 

      第九章 子供の精靈の――潜戸(くけど)

 

 

       一

 

 『髮の毛を三本動かす』ほどの風があつても、加賀(かが)へ行つてはいけない。

 が、全然無風の日といふのは、この荒い西海岸では減多に無い。朝鮮、支那、又は北方の西比利亞から、日本海を越えて、西風或は西北風が、大抵いつも吹いてゐる。だから私は加賀【譯者註】へ行く好機會を得るたのに、數ケ月も長いこと待たねばならなかつた。

 

 一番の近道によれば、先づ松江から車又は徒歩で御津浦(みつのうら)へ行く。道路が出雲中で最も惡い一つであるから、距離は辛つと七哩のこの小旅行に、車で約二時間半ほどかゝる。松江の市を離れると、直ぐ湖水の如く小さな廣い野原へ出でる。一望田地で、樹木の生えた丘陵に圍繞されてゐる。道は一臺の車が漸く通るだけの幅で、この綠色の空寂の中を渡つてから、向うの小高い處を登つて、また丘陵に圍まれたる、以前よりも大きな田野へと下る。第二番目の丘陵を越える道は更に嶮しい。それから第三番目の野原を横過して、して、山といふ名にふさはしいだけ高い、第三番目の綠色の高處を越えねばならぬ。勿論徒歩で登らねばならぬ。車夫に取つては空車を頂上へ引上げることさへ、少からざる骨折だ。道は石だらけで、荒々しく、激流の河床のやうだから、彼がどうして小さな車を損じないで引上げ得たのか、全く不思議だ。私は登るのに困難を感じたが、絶頂からの景色は、報酬に餘りがあつた。

 それから下つて、まだ第四の廣い稻田を最後に横切らねばならなかつた。丘陵と丘陵の間に全然平かな廣野があること、こんな奇異な風に、丘陵が地方に區劃を作つてゐることは、日本の如き驚異の國に於てさへ、驚異の現象である。第四番目の稲の谷の向うに、以前より低くて樹木の茂つた第四番目の丘嶺があつた。その麓へ達してから旅客はいよいよ車を棄てて徒歩で山へかからねばならぬ。この山の背後に海があるのだが、これから道中の最難處となる。道は小さな祠とか、高い籬をめぐらした綺麗な民家などの前を過ぎて四五丁ばかり木蔭があつて、藪や小松や他の植物の生えた間をゆるく迂廻して上つて行く。すると、急に石段になつてくる。寧ろ石段の廢墟だ――一部分は岩を切り開いて、一部分は築き上げたもので、到る處破れて磨滅してゐる――この石段は稜角がとれて、驚くばかり嶮しく御津浦へ下つて行く。決して滑ることの無い草鞋を履いて、田舍の人達はこんな道を輕快に馳せて、昇つたり降つたりするが、外國の靴では、殆ど一歩毎に滑べる。やつと麓まで達してから、いくら忠實な車夫の助力によつたとは云へ、どうして下りたのかと驚かれて、既に御津浦に來てゐることを暫しは失念してゐた。

    譯者註。加賀浦は島根半島の脊梁山

    脈を越えて松江の北に當り、市の西

    北、ヘルン先生の舊宅のある邊より

    郊外に出で、最後に御津浦及び大蘆

    浦を經て陸路約四里。交通不便なる

    日本海岸の一小村である。今から三

    十八年前の昔に、かゝる僻陬の濱邊

    へ探討の足痕を印したことは、『知ら

    れぬ日本の面影』の著者が永遠の誇

    りの一つであらねばならぬ。

 

[やぶちゃん注:「潜戸」「加賀(かが)」既出既注。私は行ったことがない。既に注してあるが、ここは「かか」と清音で発音するのが正しく、ハーンも原文で「かか」と記しているのにも拘わらず、何故か、落合氏は訳ではわざわざ「かが」と振ってある。如何にも不審である。或いは校正者が勝手に「かが」と思い込んで植字した可能性もある。

「御津浦」現在の松江市鹿島町御津にある御津浦(みつうら)であるがここは「水野浦」とも書くので「みつのうら」という呼称は誤りではないように思われる。「島根半島四十二浦巡り再発見研究会」公式サイトの「御津浦」で当地の詳細及び地図が確認出来るので、参照されたい。ここは直線だと松江から八・五キロメートルほどしか離れていないことが判る。以下のハーンが述べるルートは地図を見ていると何となく判ったような気になるのだが、いい加減な推理はまずいので控えることにする。

「七哩」七マイルは約十一・七六キロメートル。

「横過」「わうくわ(おうか)」と音読みしておく。横切る・横断すること。

「大蘆浦」現在の島根町大芦(おわし)の面する浦と思われる。現行の行政地名呼称からは、これも「おわしうら」と呼称するのかも知れない。御津浦からは突出した岬を隔てて東北二キロメートルほどのところにある。

「四里」十五・七一キロメートル。

「今から三十八年前」不審。本底本全集(第一書房版)は大正一五(一九二六)年刊であるから、一八八八年で明治二十一年となってしまい、ハーンはまだ日本に来ていない。おかしい。この潜戸訪問は「八雲会」公式サイトの松江時代の略年譜に明治二四(一八九一)年九月五日のこととあるから、三十四年前で、落合氏の勘違いによるものか、或いは「三十余年前」の誤植ではなかろうか。]

 

 

Chapter Nine

In the Cave of the Children's Ghosts

 

Sec. 1

IT is forbidden to go to Kaka if there be wind enough 'to move three hairs.'

Now an absolutely windless day is rare on this wild western coast. Over the Japanese Sea, from Korea, or China, or boreal Siberia, some west or north-west breeze is nearly always blowing. So that I have had to wait many long months for a good chance to visit Kaka.
 

Taking the shortest route, one goes first to Mitsu-ura from Matsue, either by kuruma or on foot. By kuruma this little journey occupies nearly two hours and a half, though the distance is scarcely seven miles, the road being one of the worst in all Izumo. You leave Matsue to enter at once into a broad plain, level as a lake, all occupied by rice- fields and walled in by wooded hills. The path, barely wide enough for a single vehicle, traverses this green desolation, climbs the heights beyond it, and descends again into another and a larger level of rice- fields, surrounded also by hills. The path over the second line of hills is much steeper; then a third rice-plain must be crossed and a third chain of green altitudes, lofty enough to merit the name of mountains. Of course one must make the ascent on foot: it is no small labour for a kurumaya to pull even an empty kuruma up to the top; and how he manages to do so without breaking the little vehicle is a mystery, for the path is stony and rough as the bed of a torrent. A tiresome climb I find it; but the landscape view from the summit is more than compensation.

Then descending, there remains a fourth and last wide level of rice- fields to traverse. The absolute flatness of the great plains between the ranges, and the singular way in which these latter 'fence off' the country into sections, are matters for surprise even in a land of surprises like Japan. Beyond the fourth rice-valley there is a fourth hill-chain, lower and richly wooded, on reaching the base of which the traveller must finally abandon his kuruma, and proceed over the hills on foot. Behind them lies the sea. But the very worst bit of the journey now begins. The path makes an easy winding ascent between bamboo growths and young pine and other vegetation for a shaded quarter of a mile, passing before various little shrines and pretty homesteads surrounded by high-hedged gardens. Then it suddenly breaks into steps, or rather ruins of steps—partly hewn in the rock, partly built, everywhere breached and worn which descend, all edgeless, in a manner amazingly precipitous, to the village of Mitsu-ura. With straw sandals, which never slip, the country folk can nimbly hurry up or down such a path; but with foreign footgear one slips at nearly every step; and when you reach the bottom at last, the wonder of how you managed to get there, even with the assistance of your faithful kurumaya, keeps you for a moment quite unconscious of the fact that you are already in Mitsu-ura.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第八章 杵築――日本最古の社殿 (一九) / 第八章~了 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 寳戒寺 »