フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (六) | トップページ | 朝やけ   立原道造 »

2015/09/28

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十二章 京都及びその附近に於る陶器さがし 再び京都にて(3) / 第二十二章~了

 蔵六から我々は四代目亀亭(きてい)を訪れたが、ここでも極めて親切にむかえられ、彼の細工場を見るための、あらゆる便宜がはかられた【*】。彼の窯は一見、他のすべての人々のと同じく、小丘の中腹に横にいくつか並べてつくってあった。陶工達はよく他の陶工の窯で焼く。蔵六は彼のすべての陶器を亀亭の窯で焼き、永楽は自分の家から離れた場所にある窯で焼く。

 

  *亀亭の庭は『日本の家庭』の二五五頁に出ている。

[やぶちゃん注:原注に示された図を斎藤正二・藤本周一訳「日本人の住まい」(八坂書房二〇〇二年刊)の「第五章 入口の入り道」の「手水鉢」から当該の二四〇図を引いておく。本文には『二四〇図は、京都の清水焼で有名な陶工の家で見かけた手水鉢と』『庇縁の様子である』とある。

 

Nk240_2

 

「四代目亀亭」清水焼陶工四代目和気亀亭(わけきてい 文政九(一八二六)年~明治三五(一九〇二)年)。三代目和気亀亭の長男で文久二年に家督を継いだ。明治六(一八七三)年には京都府勧業場に勤め、パリ万国博覧会などに出品した。]

 

 私は再び楳嶺の画塾と住宅とを訪れ、二時間にわたって生徒たちが仕事をする巧な方法に見入った。膝を身体の下に折り曲げて床に坐るのは、如何にも窮屈らしく見えるが、楳嶺の話によると、生徒は数時間このようにしていて、而も疲れたらしい様子をしないそうである。仕事というのは、他の絵を写すのである。初歩の仕事の多くは引きうつしで、必ず筆を使用する。紙は、明瞭に絵が見える程薄くはないので、殆ど一と筆ごとに持ち上げる。紙はその上方に文鎮を置いておさえる。はじめ筆に墨汁を含ませ、それを別の紙でためして、適当な尖端をととのえるが、墨汁が多すぎれば、尖端をそこなわぬように、筆の底部からそれを吸い取る。

[やぶちゃん注:「楳嶺」画家幸野楳嶺(こうのばいれい)。「第二十章 陸路京都へ 京都小景」で既出既注。]

 

 京都の南禅寺では、僧侶が陶器の小蒐集を見せてくれたが、大したものは一つもなかった。有名な茶人小堀遠州が二百五十年前に建てた茶室は、茶の湯の簡素と荘厳とに適わしい、意匠の簡単さのよい例である。

[やぶちゃん注:「有名な茶人小堀遠州が二百五十年前に建てた茶室」臨済宗南禅寺派大本山南禅寺の塔頭の一つで、徳川家康の下、幕府の武家諸法度立案・外交・宗教統制を一手に引き受けて「黒衣の宰相」の異名を取った以心崇伝(いしんすうでん 永禄一二(一五六九)年~寛永一〇(一六三三)年)が住した金地院(こんちいん)の茶室「八窓席」であろう。崇伝の依頼により大名で茶人・作庭家として知られた小堀政一遠州(天正七(一五七九)年~正保四(一六四七)年)の設計で建てたとされていた茶室で、大徳寺孤篷庵・曼殊院の茶室とともに「京都三名席」の一つに数えられる。但し、参照したウィキ金地院によれば、後に『建物修理の際の調査で、この茶室は遠州が創建したものではなく、既存の前身建物を遠州が改造したものであることが判明した』とある。ただモースも見たであろう同院の「鶴亀の庭」は『崇伝が徳川家光のために作らせ、作庭には小堀遠州が当たった(遠州作と伝えられる庭は多いが、資料が残っている唯一の例)。庭師は賢庭と伝わる。特別名勝。安土桃山時代の風格を備えた江戸初期の代表的枯山水庭園として知られる』ともある。

「二百五十年前」前注で引いたウィキ金地院によれば、同院自体は慶長一〇(一六〇五)年に崇伝によって現在地に移されたとあるから、モースの来訪した明治一五(一八八二)年から「二百五十年前」ならば寛永九(一六三二)年で崇伝没年の前年に当たるから、数字上はおかしくない。]

M689

689

 

 ドクタアは大阪で、面白いお寺の池を見つけた。そこには大きさの異る亀の子が、何百となくいる。池にかかっている小さな石橋の近くに小屋があって、亀の子が非常に好きな、米の粉でつくった提灯形の、内のうつろな球を売っている。これを水に投げ込むと亀の子が競泳を始め、何度も何度もパクンパクンやってはそれを遠くに投げ、それが水びたしになるか、池の辺をなす石垣へ押しつけられるかに至って、すぐさま破壊されて食い尽されるその光景は、実に珍無類である(図689)。提灯は赤いか白いかで、それを追って池を横切る亀の子は、提灯を先頭に立てた一種の行列を構成する。これ等は一セントで五つであるが、人は亀の子に餌をやって、相当な時間をつぶすことが出来る。亀の子がパクつく有様を見ていると、天井から糸でつるした林檎を囓りっこする遊びを思い出す。

[やぶちゃん注:「大阪で、面白いお寺の池」不詳で公開したところ、即日、つい先のところでも御助力下すった「姐さん」がここも美事に解明して下さった。

   *

亀の子のいるお寺……これは天王寺さん(四天王寺)ですよ。大阪人なら誰でも知っていると言って言い過ぎではないと思います(^^)♪ 「天王寺さん」の亀の池は、暖かいお日さまの下、何段にも重なった姿はユーモラスで、ひがな一日過ごせます。漫才でも、人気を博した平和ラッパ・日佐丸さんを、「ラッパか亀の池か」と囃したくらいだったし、人生幸朗・生江幸子さんを始め、漫才などお笑いには欠かせません(^^)♪ また、毎月二十一日・二十二日の「弘法さんの日」には、高齢者は市電や市バスが無料だったこともあって、お参り(亀井堂での経木流しなど)と「亀の池」の亀さん目指し、沢山の人が押し掛けたものです(^^)♪ 今でも、「弘法さんの日」には露天も五百店ほども出て、沢山の人が出かけています。私は、一昨年、俳句の会の吟行で何十年ぶりかで訪れましたが、それはそれは、大層な賑わいでした。「四天王寺」公式サイトの境内案内図の「六時堂」の前と、その左横にある丸い大きなのが「亀の池」です。

   *

……姐さん! わて、「天王寺はん」、行ったこと、ありまへんのや……今度、文楽見に行った時には、きっと行きまっせ! おおきに!(^^)♪!

「米の粉でつくった提灯形の、内のうつろな球」一般には小麦を用いるが、所謂、提灯型の特大の麩菓子様の販売餌であろう。

「天井から糸でつるした林檎を囓りっこする遊び」これはハロウィン・パーティーで行われる「ダック・アップル(Duck Apple)」或いは「アップル・ボビング(Apple Bobbing)」と呼ばれる、水を入れた大きめの盥(たらい)に林檎を浮かべて手を使わずに口で咥えて取るゲームから派生した、パン食い競争に酷似したリンゴ食いゲームのことかと思われる。]

 

 大阪にいた時、一人の日本人が私に、米の取引所へ一緒に行かぬか、非常に奇妙な光景が見られるからといった。その建物に近づくと、奇妙な人の叫声の混合が聞えて来て、私にシカゴの穀物取引所を思い出させた。取引所に入ると、そこには同じような仲買人や投機人達の騒々しい群がいて、身振をしたり、手を振り上げたり、声をかぎりと叫んでいたりした。驚いた私は、私を連れて行った日本人に、一体いつこんな習慣が輸入されたのかと聞いたが、彼はまたこれと同じような集合を、シカゴ、ニューヨーク、ポストンその他の大都会で見ることが出来るという私の話を聞いて、吃驚して了った。この人達は米の仲買人で、まったく同一な条件と要求とが、同一な行為を惹起したのである。

M690

690

 

 神戸の塵芥車は、面白い形をした三輪車で、小さな中心輪ははるか前方にあり、二個の主要輪もろとも一枚の板から出来ている。心棒は固定し、車輪はその上を回転する。輪帯は一部分打ち込んだ固い木造の釘から成り、それ等のとび出た部分の間を縫って藁繩がまきつけてある。何故こんなことをするのか、恐らく釘が深く路面につきささるのを防ぐ為と思われるが、私は聞かなかった。図690は、横から見たところと設計図とである。この事は牡牛に曳かせる。

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (六) | トップページ | 朝やけ   立原道造 »