フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« はじめてのものに   立原道造 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (六) »

2015/09/28

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (五)

        五

 

 觀音寺の大きな墓地内にある、連歌寺の跡から左ほど遠からぬ所に、甚だ珍らしい一本の松がある。その幹は地面に支へられずに、四本の巨大な根の上に支へられて、恰も四本の足で歩いてゐるやうな角度になつてゐる。畸形の樹木は往々神の住所と考へられる。して、この松はこの信仰の一例を與へる。周圍には垣を作り、その前に一小祠を安置し、更に數個の小さな鳥居が立ててある。して、多くの貧民が大概いつでも、その場所の神樣に祈つてゐるのが見受けられる。小祠の前に、普通杵築に於ける海草の奉納の外に、數個の藁で作つた馬の像があつた。何故藁馬を捧げるのか?この道路の庚申を祀つたものらしい。で、馬の飼主がその健康を心配し、馬が疾病死亡より免るゝやう、庚申に祈つて、同時に祈願の象徴として藁馬を捧げるのだ。しかしこの獸醫の役目は、普通庚申の受持になつてゐない。だから、この樹木の畸形な點が、かゝる考を唆つたのだらう。

 

[やぶちゃん注:「觀音寺」不詳。前条末に。再度申し上げる。本寺の存在に就いて識者の御教授を乞う。

「甚だ珍らしい一本の松がある。その幹は地面に支へられずに、四本の巨大な根の上に支へられて、恰も四本の足で歩いてゐるやうな角度になつてゐる」不詳。大社町杵築南に「四本松」という地名を現認出来るが、何か関係があるか? 併せて識者の御教授を乞うものである。]

 

 

Sec. 5

Not far from the site of the Rengaji, in the grounds of the great hakaba of the Kwannondera, there stands a most curious pine. The trunk of the tree is supported, not on the ground, but upon four colossal roots which lift it up at such an angle that it looks like a thing walking upon four legs. Trees of singular shape are often considered to be the dwelling- places of Kami; and the pine in question affords an example of this belief. A fence has been built around it, and a small shrine placed before it, prefaced by several small torii; and many poor people may be seen, at almost any hour of the day, praying to the Kami of the place. Before the little shrine I notice, besides the usual Kitzuki ex-voto of seaweed, several little effigies of horses made of straw. Why these offerings of horses of straw? It appears that the shrine is dedicated to Koshin, the Lord of Roads; and those who are anxious about the health of their horses pray to the Road-God to preserve their animals from sickness and death, at the same time bringing these straw effigies in token of their desire. But this role of veterinarian is not commonly attributed to Koshin;—and it appears that something in the fantastic form of the tree suggested the idea.

« はじめてのものに   立原道造 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (六) »