フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 正覺寺 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十二章 京都及びその附近に於る陶器さがし 風景スケッチ(その7)/朝鮮使節団一行との邂逅 »

2015/09/25

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十二章 京都及びその附近に於る陶器さがし 風景スケッチ(その6)

M683

683

 

 海岸に沿うた数個所で、農家へ通じる小径の入口に、細い杖の上にさかさまにした大きなきのこをのせた、奇妙な物があるのを見受けた(図683)。きのこの柄は紙につつまれ、また下方の杖にも紙がまきつけてある。これは家族に死人のあることを示すのだと聞いた。私はこんな物は他所で見たことが無いから、これは大和特有なのであろう。何を意味するのかは判らなかった。

[やぶちゃん注:「大和」底本では直下に石川氏の意味不明を示す『〔?〕』が割注で入っているのであるが、私はこれはモースの判断が正しいか正しくないかは分からぬものの、こうした、死穢を広告して人を遠ざけ、伝播を防ぐ風習は大和(奈良)地方特有の習慣なのであろうと考えたとして何ら、不思議でないと言えるが、問題は冒頭で、「海岸に沿うた数個所で」(原文は“At several places along the coast”で、河岸は通常“the coast”とは言わず、確かにこれは「海岸・沿岸(地方)」である)と言っている点で、こうなるとこれは五条から奈良(大和)へ向かう「紀の川」の流域での嘱目ではなく、和歌山から五条に到るずっと前の、和歌山の和歌浦湾沿岸域での嘱目ということになり、そこは「大和」とは言えないという気はする(それが石川氏の『?』であったのかも知れない)。にしても、このようなものは見たことがない。識者の御教授を乞うものである。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 正覺寺 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十二章 京都及びその附近に於る陶器さがし 風景スケッチ(その7)/朝鮮使節団一行との邂逅 »