フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (九) | トップページ | 橋本多佳子句集「命終」 昭和三十六年(1) 崖(1) »

2015/09/02

紹介通院

今日は三種類の薬を貰うためだけに紹介された病院の耳鼻咽喉科に4時間――診察は5分――院外処方で開けて見れば――さても――肝心の脳神経障害治療薬が含まれていない――薬剤師が気の毒がって医師に電話して呉れたが答えはそれは脳外科でないと出せない薬物だという――僕はそれを事前に看護師にも当該医師にも丁寧に説明したのだが――如何にも出せるような雰囲気で、何のアドバイスも、処方出来ないという説明も全くになかったのにだ――前頭葉挫滅と聴いたら薬剤師でさえ「それは……早急に脳外科の診察を受けて処方して貰った方がよろしいのでは?」と哀れがって言って呉れる始末だ――勿論さ(今日は脳神経外科は手術日で休診)――明日もまた行こうじゃねえか、朝からよ――しかし――きっと半日以上かかる――それもたった一種類の薬を貰うためだけに――それに――はっきり言ってどれも効く可能性の怪しい薬ばかりなんだな、これが――ALSの母が飲んでいた馴染みの薬ばかりだもの――まあ、身から出た錆だからな……しゃあねえな……

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (九) | トップページ | 橋本多佳子句集「命終」 昭和三十六年(1) 崖(1) »