フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (二〇) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (二二) / 第七章~了 »

2015/09/09

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (二一)

       二一

 

 八雲立つと太古に稱した此國で、季節が今はまだ霧の頃だので、薄暮の移るにつれて、湖や陸の上に幽靈のやうな微かな濛氣が立騰つて、場面を包み遠近を消了する。私は歸途に、天神橋の欄干に凭れかかつて、今日の眺めの見收めに、東の方を眺めると、山々は最早見えなくなつてゐる。前面にはたゞ陰影のやうな流れが、無邊の茫漠裡へ消え去るのみである――海の幻である。すると忽然氣が付いたのは、橋上で私の側に立つて低いやさしい聲で何か囁いてゐる女の手の指から、小さな白いものが、下の流へ徐々と散らばつてゆくのだ。女は亡くなつた兒のために祈つてゐるのである。川へおとしてゐる小さな紙は、一枚毎に地藏の小さな繪が畫いてあつて、細い文字もあるらしい。これは子供が死ぬると、母は地藏の版木を求めて、百枚の小紙片にその像を印刷する。時には何某菩提のためといふ文宇をもかく――俗名でなく、戒名をかく。これは僧侶が死者に與へたので、佛壇に安置してある位牌にも記してある。而して一定の日に(大抵葬後四十九日目に)母は何處かの川へ行つて、一枚宛その紙をおとす。それが指からすべり行く都度、尊い呪文の南無地藏大菩薩を唱へる。

 薄暮私の側で祈つてゐるこの信念深い小さな歸人は、極めて貧しいに相違ない。さもなければ、舟を雇ふて湖上遙かの沖へ小さな紙を撒くだらふ。(現今は夜分になつてからだけこんなことが出來る。巡査が――どんなわけか知らん――このうるはしい儀式を制するやうに訓令を受けてゐるからである。丁度開港場で精靈舟を流すことが禁じてあるやうに)

 だが、紙片を流水に投ずるのは何の譯だらう。天台宗の一老僧の謂ふ所によると、もとこれは唯溺死者の冥福を祈るためであつたが、今では優しい母達が、一切の川は流れて冥途に落ちて、地藏さまの居ます賽ノ河原を通るのだと信じてゐるのである。

 

[やぶちゃん注:ここで描かれているのは、現在も各地に辛うじて残る(但し、必ずしも亡児に限らず、先祖であったり、水死した人々の霊を鎮めるためであったりする)千体流し或いは千体供養(ここでは百枚であるが)と呼ばれるものである。ただ、印刷される像が地蔵である点を考えると、その古形はここでハーンが語るように夭折した子への供養であったと私は思うし、思いたい。孰れにせよ、この章の、このシークエンスは第七章の、いや、本作全体の白眉と私は感じている

「天神橋」既出既注。]

 

 

Sec. 21

It is still the season of mists in this land whose most ancient name signifies the Place of the Issuing of Clouds. With the passing of twilight a faint ghostly brume rises over lake and landscape, spectrally veiling surfaces, slowly obliterating distances. As I lean over the parapet of the Tenjin-bashi, on my homeward way, to take one last look eastward, I find that the mountains have already been effaced. Before me there is only a shadowy flood far vanishing into vagueness without a horizon—the phantom of a sea. And I become suddenly aware that little white things are fluttering slowly down into it from the fingers of a woman standing upon the bridge beside me, and murmuring something in a low sweet voice. She is praying for her dead child. Each of those little papers she is dropping into the current bears a tiny picture of Jizo and perhaps a little inscription. For when a child dies the mother buys a small woodcut (hanko) of Jizo, and with it prints the image of the divinity upon one hundred little papers. And she sometimes also writes upon the papers words signifying 'For the sake of . .'—inscribing never the living, but the kaimyo or soul-name only, which the Buddhist priest has given to the dead, and which is written also upon the little commemorative tablet kept within the Buddhist household shrine, or butsuma. Then, upon a fixed day (most commonly the forty-ninth day after the burial), she goes to some place of running water and drops the little papers therein one by one; repeating, as each slips through her fingers, the holy invocation, 'Namu Jizo, Dai Bosatsu!'

Doubtless this pious little woman, praying beside me in the dusk, is very poor. Were she not, she would hire a boat and scatter her tiny papers far away upon the bosom of the lake. (It is now only after dark that this may be done; for the police-I know not why—have been instructed to prevent the pretty rite, just as in the open ports they have been instructed to prohibit the launching of the little straw boats of the dead, the shoryobune.)

But why should the papers be cast into running water? A good old Tendai priest tells me that originally the rite was only for the souls of the drowned. But now these gentle hearts believe that all waters flow downward to the Shadow-world and through the Sai-no-Kawara, where Jizo is.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (二〇) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (二二) / 第七章~了 »