フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (六) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (八) 第九章~了 »

2015/09/19

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (七)

        七

 

 たゞ夜間にのみ子供の亡靈は出でてきて、地藏の足許へ小さな積石を築く。して、毎夜その石は變はるのだといふ。何故晝間誰も見てゐない折に働かないだらうか、との私の質問に對して、『お日樣が御覽になるかも知れません。亡靈は餘程お日樣を怖れます』との答へを受けた。

 『何故、亡靈は海から來るか?』との私の問に對しては、滿足な答へが得られなかった。然し疑ひななく、この國民の奇異なる想像の中では、他の諸國民の想像に於けると同じく、海の世界と死人の世界の間には、神祕な怖ろしい連絡があるといふ、原始的な考へが依然殘存してゐる。盆の魂りの後、七月十六日に流される藁の小舟に乘つて、亡靈がその暗い國へ歸るのは、いつも海の上を通つて行くのだ。たとひ精靈舟が川へ流される場合も、或は亡靈の道を照らすため湖水や、運河へ燈籠を浮べるにしても、或は子供を失つた母親が、百枚の地藏像の刷り物を川の流れへ投ずるにしても、かやうな敬虔な所業の裏に潜む漠然たる思想は、一切の水は海に流れ、海はまた幽冥界へ流れて行くといふことである。

 今日の經驗――暗い洞窟、暗黑の中へ上つて行く灰色の石の群、小さな跣の微かな痕、徴笑せる奇異な佛像、それから海水の途切れ途切れの音が、奧へ運ばれ、嗄れた反響によつて數が加はり、混じる合つて、賽の河原の低い群音のやうにひゞく、一つの大きな凄い囁き――かゝる光景と音響を伴へる今日の經驗が、他日何處かで、夜間復た私に現てくることがあるだらう。

 

 それから舟は紺碧の灣を渡つて、加賀浦の岩石多き磯へ、水面を滑るが如く行つた。

 

[やぶちゃん注:よろしいか? これはゴシック・ロマンのホラー小説なんかではないのだ! 一人称のノンフィクションなのだ! だからこそハーンが『……今日の經驗――暗い洞窟、暗黑の中へ上つて行く灰色の石の群、小さな跣の微かな痕、徴笑せる奇異な佛像、それから海水の途切れ途切れの音が、奧へ運ばれ、嗄れた反響によつて數が加はり、混じる合つて、賽の河原の低い群音のやうにひゞく、一つの大きな凄い囁き――かゝる光景と音響を伴へる今日の經驗が、他日何處かで、夜間復た私に現てくることがあるだらう……』と記した時――本当の慄然たる恐懼が読者を撃つ――のである……

「所業」悪しき訳である。「所業」(しよげふ(しょぎょう))は「所行」とともに現行の日本語では悪しき行いにしか用いない。平井呈一氏は『行為』と訳されておられる。]

 

 

Sec. 7

Only at night do the shadowy children come to build their little stone- heaps at the feet of Jizo; and it is said that every night the stones are changed. When I ask why they do not work by day, when there is none to see them, I am answered: 'O-Hi-San [2] might see them; the dead exceedingly fear the Lady-Sun.'

To the question, 'Why do they come from the sea?' I can get no satisfactory answer. But doubtless in the quaint imagination of this people, as also in that of many another, there lingers still the primitive idea of some communication, mysterious and awful, between the world of waters and the world of the dead. It is always over the sea, after the Feast of Souls, that the spirits pass murmuring back to their dim realm, in those elfish little ships of straw which are launched for them upon the sixteenth day of the seventh moon. Even when these are launched upon rivers, or when floating lanterns are set adrift upon lakes or canals to light the ghosts upon their way, or when a mother bereaved drops into some running stream one hundred little prints of Jizo for the sake of her lost darling, the vague idea behind the pious act is that all waters flow to the sea and the sea itself unto the 'Nether-distant Land.'

Some time, somewhere, this day will come back to me at night, with its visions and sounds: the dusky cavern, and its grey hosts of stone climbing back into darkness, and the faint prints of little naked feet, and the weirdly smiling images, and the broken syllables of the waters inward-borne, multiplied by husky echoings, blending into one vast ghostly whispering, like the humming of the Sai-no-Kawara.

And over the black-blue bay we glide to the rocky beach of Kaka-ura.

 

2 August Fire-Lady'; or, 'the August Sun-Lady,' Amaterasu-oho-mi-Kami.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (六) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (八) 第九章~了 »