フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (六) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十二章 京都及びその附近に於る陶器さがし 風景スケッチ(その2) »

2015/09/22

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (七)

       七

 

 美保の関は晝間は極めて靜かで眠さうだ。たゞ長い間を置いて、子供の笑聲や舟を漕ぐ水夫の歌が聞える。その舟は熱帶以外で私が見た中では、最も異常なもので、御座船のやうにどつしりとしてゐて、動かすに十人も要る。水夫は丁字形の柄が附いた橈(丁といふ字の下端を延長して橈身にしたと思へばよい)を用ひて、眞裸で仕事にかかる。一漕ぎ毎に足を舷に押當てて力を橈に與へ、手を停める都度、奇異な繰り返しの文句を歌ふ。その柔かな哀調が、私をして西印度の海邊で聞いた、西班牙種のクリオール人の古曲を想ひ出させた。

    アラ、サーノ、サノサ、

    イヤ、ホー、エンヤ。

           ギイ、

           ギイ。

 歌は長く高い音で始まつて、極少々づゝ一字毎に低くなつて、終ひに殆ど不分明な微聲になつて消える。それからギイ、ギーと漕音が響く。

 しかし夜分は美保の關は、西部日本での最も騷がしく賑かな小港だ。灣の一角から他端まで宴會用の高い燭臺の燈光が水に映る。全體の空氣は酒宴の聲音で鼓動する。鼓の響、少女のうるはしい悲しげな歌、三味線の鳴る音、踊のとき拍子に合せて手を拍つ音、拳をうつ人が盛に叫び笑ふのが到る處に聞える。これは皆船頭達が道樂をする音に外ならない。いづこも同じ船員氣質で、美保の關へ人つた船は酒と舞妓の穴めに、三百圓乃至五百圓の金を港へ殘しておくといふ話である。波を鎭め風を順にして期を違へず、無事に船を美保の關へ着かせるやう、水夫共はこの雞卵嫌ひの明神に祈るけれども、穩かな海上一路、和いだ順風に帆をあげてこゝへ來た揚句、神社に献ずる金品は僅少なもので、藝者や宿屋營業者に拂ふのは驚くべき巨額である。それでも神樣は御辛棒強い――卵の件を除いては。

 しかし日本の水夫は西洋の水夫に比べると温和なものである。而して一種の上品さと丁寧な風習さへ備へてゐる。暑いから腰まで裸で宴席に坐つて居るが、箸の使ひ振りの手際よく、酒の献酬の上品なことは、上流な人々に異らない。また女達を親切に遇してゐるらしい。町を隔てて彼等が宴を張つてゐるのを見るのは愉快である。その笑聲は普通の町人よりはやゝやかましく、身振もやゝ猛烈であらうが、眞に無禮らしいやうな點は少しもない。況して亂暴の點はない。綺麗な藝妓が芝居風の踊を始め出すと、皆が像のやうにジツとして無言になる――十五個の立派な銅像が座敷の壁に並んだやうだ。この踊は西洋の客に取つては一見不可思議で、妖女の藝當のやうであるが、實は昔の物語を、活躍せる優美な言葉と、婦人の微笑といふ詩に飜譯したのである。而して酒が廻るにつれて賑ひは更に慇懃を加へ、酒がもたらす心地よい眠が終に皆の上に落ちかかると、客は一人づゝ笑顏で立つて行く。彼等の夜の賑ひほど愉快で温和なものはあるまい。しかも水夫は日本では特別荒々しいものと考へられてゐる。こんな國では西洋のあばれ者をどう思ふことだらう。

 さて、私は日本に来てから十四ケ月にもなるが、まだ怒罵の聲を聞かねば、喧嘩を見たこともない。男同志撲り合つたり、婦人がめられたり、子供が打たれたりするのをまだ一度も見ない。實際日本で眞の荒々しさといふものを開港場の外、何處へ行つても見たことがない。開港場では下等社會の者が歐洲人との接觸によつて、固有の丁寧さや、固有の風儀を失ひ、質素な快樂を樂しむといふ能力さへ無くしたやうに見える。

 

[やぶちゃん注:「西班牙」老婆心乍ら、「スペイン」と読む。

「クリオール人」“Creole”は植民地で生まれたネーティブ以外の人々を指す。本来はスペイン語の「クリオーリョ」で、新大陸生まれのスペイン系の人々を指した言葉であったが、後に「植民地生まれの白人」を指すようになり、やがてそうした人々の「混血の者」、更には「アフリカ系の者」をも含むようになって、意味が広範になった。「クレオール」「クリオール」「クリオーリョ」とも呼ぶ。アメリカ人の発音を聴く限りでは「クリヨォーオル」と聴こえる。

「三百圓乃至五百圓」以前に用いた、一円を今日の八千七百円と換算するなら、これは実に二百六十一万円乃至四百二十五万円に相当する。

「況して」老婆心乍ら、「まして」と読む。
 
「私は日本に来てから十四ケ月にもなる」原文では「日本」ではなく「出雲」である。ハーンが松江に来たのは明治二三(一八九〇)年八月末である。この八月を入れても「十四ケ月」後は翌年の九月になる。落合氏の訳の通り、訪日の明治二十三年四月四日からでは、翌年の五月となるが、美保の関の訪問は翌明治二十四年の八月でおかしい。ここはやはり「出雲」=「松江」の意である。とするとこの微妙な齟齬は、まさに本作が書かれている現時間を意味しているとは言えまいか? これは則ち、松江を拠点にハーンが杵築を始めとして旧出雲の聖霊の旧所を訪問したその翌月九月の、実際に本作を書き記しているというその現時間に於ける感懐が図らずも表出してしまったのだとは言えないだろうか? 大方の御批判を俟つものではある。]

 

Sec. 7

Very sleepy and quiet by day is Mionoseki: only at long intervals one hears laughter of children, or the chant of oarsmen rowing the most extraordinary boats I ever saw outside of the tropics; boats heavy as barges, which require ten men to move them. These stand naked to the work, wielding oars with cross-handles (imagine a letter T with the lower end lengthened out into an oar-blade). And at every pull they push their feet against the gunwales to give more force to the stroke; intoning in every pause a strange refrain of which the soft melancholy calls back to me certain old Spanish Creole melodies heard in West Indian waters:

A-ra-ho-no-san-no-sa,
Iya-ho-en-ya!
                             Ghi!
                             Ghi!

The chant begins with a long high note, and descends by fractional tones with almost every syllable, and faints away a last into an almost indistinguishable hum. Then comes the stroke, 'Ghi!ghi!'

But at night Mionoseki is one of the noisiest and merriest little havens of Western Japan. From one horn of its crescent to the other the fires of the shokudai, which are the tall light of banquets, mirror themselves in the water; and the whole air palpitates with sounds of revelry. Everywhere one hears the booming of the tsudzumi, the little hand-drums of the geisha, and sweet plaintive chants of girls, and tinkling of samisen, and the measured clapping of hands in the dance, and the wild cries and laughter of the players at ken. And all these are but echoes of the diversions of sailors. Verily, the nature of sailors differs but little the world over. Every good ship which visits Mionoseki leaves there, so I am assured, from three hundred to five hundred yen for sake and for dancing-girls. Much do these mariners pray the Great Deity who hates eggs to make calm the waters and favourable the winds, so that Mionoseki may be reached in good time without harm. But having come hither over an unruffled sea with fair soft breezes all the way, small indeed is the gift which they give to the temple of the god, and marvellously large the sums which they pay unto geisha and keepers of taverns. But the god is patient and longsufferingexcept in the matter of eggs.

However, these Japanese seamen are very gentle compared with our own Jack Tars, and not without a certain refinement and politeness of their own. I see them sitting naked to the waist at their banquets; for it is very hot, but they use their chopsticks as daintily and pledge each other in sake almost as graciously as men of a better class. Likewise they seem to treat their girls very kindly. It is quite pleasant to watch them feasting across the street. Perhaps their laughter is somewhat more boisterous and their gesticulation a little more vehement than those of the common citizens; but there is nothing resembling real roughnessmuch less rudeness. All become motionless and silent as statuesfifteen fine bronzes ranged along the wall of the zashiki, [2] -when some pretty geisha begins one of those histrionic dances which, to the Western stranger, seem at first mysterious as a performance of witchcraftbut which really are charming translations of legend and story into the language of living grace and the poetry of woman's smile. And as the wine flows, the more urbane becomes the merrimentuntil there falls upon all that pleasant sleepiness which sake brings, and the guests, one by one, smilingly depart. Nothing could be happier or gentler than their evening's jovialityyet sailors are considered in Japan an especially rough class. What would be thought of our own roughs in such a country?

Well, I have been fourteen months in Izumo; and I have not yet heard voices raised in anger, or witnessed a quarrel: never have I seen one man strike another, or a woman bullied, or a child slapped. Indeed I have never seen any real roughness anywhere that I have been in Japan, except at the open ports, where the poorer classes seem, through contact with Europeans, to lose their natural politeness, their native morals even their capacity for simple happiness.

 

2 Zashiki, the best and largest room of a Japanese dwellingthe guest- room of a private house, or the banquet-room of a public inn.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (六) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十二章 京都及びその附近に於る陶器さがし 風景スケッチ(その2) »