フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (五) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (七) »

2015/09/22

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (六)

       六

 

 美保神社のお札よりも、もつと私に取つて興味あるのは、神社の上の美しい丘頭に立つ寶壽寺の瓔珞だ。日本の少女に於ける、あらゆる美はしく純なるものの理想を表した觀音の三十三の諸相、即ち三十三觀音の像が並列せる壇の前に、數多の珍らしいものが集合して、異樣な輝いた色の一團塊となつたのが、天井から垂下してゐる。さまざまの色の毛絲や、綿絲の球が幾百もある。絹の束絲や、絹織及び綿絲織の模樣がある。雀や他の生物の形をした、刺繡を施せる袋がある。竹の編みものや、針仕事のいろいろの製作品がある。すべて是等は小學校の女兒が、一切の優美と慈悲の童貞母に對する泰納品だ。幼女が婦人の仕事――裁縫、織機、編物、刺繡など――を幾らか習ひ出すと、彼女はその初めて立派に出來た作品を、寺へ携へてきて、『美はしき眼』のやさしい神、『祈願の聲を見おろし玉ふ』女神に捧げる。幼稚園の子供さへ、彼等の最初の作品――彼等の小さな、花の如く柔かな手で、いろいろの型に切り拔いたり、組んだりした、綺麗な紙片――をこゝへ持つてくる。

 

[やぶちゃん注:「寶壽寺」曹洞宗。とある方のブログの訪問記事によれば、外観建物はすっかり新しいものに建て替えられ、ハーンの面影を偲ぶよすがは感じられなかったとある(この方は中までは拝観されいないようである)。ハーンが見たこの美しい女児や婦人らの創ったものの奉納の習慣は一体今はどうなったのだろうか?……それだけが私には気にかかる……]

 

 

Sec. 6

Much more interesting to me than the ofuda of the Miojinja are the yoraku, the pendent ex-votos in the Hojinji, a temple of the Zen sect which stands on the summit of the beautiful hill above the great Shinto shrine. Before an altar on which are ranged the images of the Thirty- three Kwannons, the thirty-three forms of that Goddess of Mercy who represents the ideal of all that is sweet and pure in the Japanese maiden, a strange, brightly coloured mass of curious things may be seen, suspended from the carven ceiling. There are hundreds of balls of worsted and balls of cotton thread of all colours; there are skeins of silk and patterns of silk weaving and of cotton weaving; there are broidered purses in the shape of sparrows and other living creatures; there are samples of bamboo plaiting and countless specimens of needlework. All these are the votive offerings of school children, little girls only, to the Maid-mother of all grace and sweetness and pity. So soon as a baby girl learns something in the way of woman 's worksewing, or weaving, or knitting, or broidering, she brings her first successful effort to the temple as an offering to the gentle divinity, 'whose eyes are beautiful,' she 'who looketh down above the sound of prayer.' Even the infants of the Japanese kindergarten bring their first work herepretty paper-cuttings, scissored out and plaited into divers patterns by their own tiny flower-soft hands.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (五) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (七) »