フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (六) »

2015/09/22

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (五)

        五

 

 この綺麗な小さな宿屋は、二階から海を見おろし、三ケ月形の美保灣の殆ど一方の端にあつて、神社は殆ど他端にある。それで神社へ詣るには、全町を通らねばならぬ。左もなくば舟で灣を渡らねばならぬ。しかし町は一見の價値がある。海と山麓の間にギツシリ詰つてゐて、一本筋の町だけの餘地がある

しかもこの一本の町が非常に狹いから、どこでも灘側の家の二階から岡側の向うの家の二階へ飛べる。庇や磨いた緣側や風にひらひらしてゐる模樣のついた暖簾などで、狹いけれども亦綺麗である。この本通から數個の小路のある所には長い小舟が着いてゐて、舳を突込まんばかりに埠頭の端へ出だしてゐる。私は水の中へ入つて見たいといふ氣になつて堪まらないので、神社へ詣る前に宿の背後から、一丈二尺の深さの透明な水中ヘザンブと飛び込んで灣を横切つて一泳ぎをして身體が凉しくなつた。

 神社へ詣る途中、澤山の小さな店先に竹を編んで作つた籠や、器物の面白い陳列を目擊する。精巧な竹細工品がこゝの名物である。大抵の參詣者は土産として、何か小さな品を買ひ求める。

 美保神社は建築からいふと、出雲の普通の神社より別段目立つたものではないし、又内部の裝飾も一々説明するほどの價値がない。たゞ花崗石の鳥居の下、大きな唐獅子と石燈籠の間にあって、平坦な敷石が一面に廣く傾斜した門路は壯麗である。境内に入つては堅い靑銅の華麗な手水鉢の外、左ほど見るべきものはない。これは數噸の重さを有し、費用は數千圓もかかつたに相違ないが、寄進に係るものである。もつと粗末な奉納品には、拜殿の右の社務所に珍奇な蒐集がある。暴風に出逢つた船が事代主命の威力に導かれ、又は

救はれて港へ入る光景をかいた、異樣な意匠と彩色を施した繪がズラリと掛けてある。これはは船頭達が献上したのだ。

 お札は出雲の他の著名な神社のものほどに珍奇ではないが、頗る熱心に求められる。あの數厘で賣られる、神名と誓約の數語を書いた白い紙片は、竹竿に結んで、この近國のあらゆる田畠に立ててある。こゝで賣られるもので、最も珍奇なのは稻の種子の小さな包だ。祈を唱へ乍ら、この種子を蒔けば、何で願ひのまゝのものが、その種子から生ずるとのことである。竹、綿、碗豆、蓮、又は西爪、何でも構はない。たゞその種子を蒔いて、信じてさへすれば、望みの作物が生える。

 

[やぶちゃん注:「一丈二尺の深さ」水深約三・六四メートル。彼はこれから美保神社にお参りするのであるからして、これは何と! まさに伊弉諾の頃から続くところの、海水による禊という、正しき礼法ではないか!]

 

 

Sec. 5

This pretty little hotel, whose upper chambers overlook the water, is situated at one end, or nearly at one end, of the crescent of Mionoseki, and the Miojinja almost at the other, so that one must walk through the whole town to visit the temple, or else cross the harbour by boat. But the whole town is well worth seeing. It is so tightly pressed between the sea and the bases of the hills that there is only room for one real street; and this is so narrow that a man could anywhere jump from the second story of a house upon the water-side into the second story of the opposite house upon the land-side. And it is as picturesque as it is narrow, with its awnings and polished balconies and fluttering figured draperies. From this main street several little ruelles slope to the water's edge, where they terminate in steps; and in all these miniature alleys long boats are lying, with their prows projecting over the edge of the wharves, as if eager to plunge in. The temptation to take to the water I find to be irresistible: before visiting the Miojinja I jump from the rear of our hotel into twelve feet of limpid sea, and cool myself by a swim across the harbour.

On the way to Miojinja, I notice, in multitudes of little shops, fascinating displays of baskets and utensils made of woven bamboo. Fine bamboo-ware is indeed the meibutsu, the special product of Mionoseki; and almost every visitor buys some nice little specimen to carry home with him.

The Miojinja is not in its architecture more remarkable than ordinary Shinto temples in Izumo; nor are its interior decorations worth describing in detail. Only the approach to it over the broad sloping space of level pavement, under the granite torii, and between the great lions and lamps of stone, is noble. Within the courts proper there is not much to be seen except a magnificent tank of solid bronze, weighing tons, which must have cost many thousands of yen. It is a votive offering. Of more humble ex-votos, there is a queer collection in the shamusho or business building on the right of the haiden: a series of quaintly designed and quaintly coloured pictures, representing ships in great storms, being guided or aided to port by the power of Koto-shiro- nushi-no-Kami. These are gifts from ships.

The ofuda are not so curious as those of other famous Izumo temples; but they are most eagerly sought for. Those strips of white paper, bearing the deity's name, and a few words of promise, which are sold for a few rin, are tied to rods of bamboo, and planted in all the fields of the country roundabout. The most curious things sold are tiny packages of rice-seeds. It is alleged that whatever you desire will grow from these rice-seeds, if you plant them uttering a prayer. If you desire bamboos, cotton-plants, peas, lotus-plants, or watermelons, it matters not; only plant the seed and believe, and the desired crop will arise.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十章 美保の關にて (六) »