フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (一七) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (一九) »

2015/09/08

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (一八)

       一八

 

 今でも猶折々街頭で、松江の七不思議を歌つた可笑しい歌を耳にすることがある。昔は誰もこの歌を暗誦したさうだ。以前、松江は七區に分れてゐて、各區に特異のものや、人物が居たのだ。今は五つの宗教的區劃が出來て、各區に神道の社がある。その區内に住む、ものを氏子と稱し、社を氏神といふ。(各村各町、少くとも一個の氏神を有する)

 松江の澤山の寺には、何か驚くべき傳説が纏つてゐないのはあるまい。各區には幾多の緣起譚がある。三十三の町々にも、それぞれ妖怪譚があると思ふ。その例を二つ擧げる。これは日本の民間傳説の一種を優に代表するものだ。

 市の東北にある普門院の附近に、小豆磨ぎ橋といふのがある。昔、夜毎に女の幽靈が橋の下へ出て、小豆を洗つたさうだ。日本の綺麗な草花に、虹の紫色を呈した杜若といふのがあつて、その花に關して杜若の歌といふ歌がある、この歌は決して小豆磨ぎ橋の邊で謠ふてはならぬ。どういふわけか分つてゐないが、そこへ現れる幽靈は、それを聞くと大變に怒るので、もし其處でそれを謠ふ人があれば、怖ろしい災難に罹るりである。或る時何事にも恐れぬ侍があつて、夜その橋へ行つて聲高らかにその歌をうたつたが、幽靈が現れないから笑つて家に歸つてみると、門前で見覺のない丈の高い綺麗な女に逢つた。女が會釋をして文箱を差出した。侍も武士らしい禮をした。『妾は唯下婢であります。これは妾の女主人からの進物であります』といつて、女は消え失せた。箱を開けると血の附いら幼兒の顏が出た。家へ入ると、客座敷に頭のちぎれた自分の幼兒の死體があつた。

 中原町にある大雄寺の墓地に就て、こんな話がある。――

 中原町に飴屋があつて、水飴を賣つてゐた。これは麥芽から製した琥珀色の糖液で、乳のない子供に飮ませるものである。毎夜更けてから、顏色靑白い女が、全身白い衣をつけて、一厘だけの水飴を買ひに來た。あまり瘠せて顏色が惡いのを不思議がつて、毎度親切に訊いてみたが、女は何も答へなかつた。遂に或夜好奇心に驅られて、跡を追けて見ると、女は墓地へ行つたので、こわくなつて引き返した。

 翌夜女はまた來たが、水飴を買はないで、唯隨いてこいと手招きをしたので、飴賣は數人つれ合つて行つた。女はある墓へ行つて消えた。地下には幼兒の泣き聲がした。墓を發いてみると、毎晩飴屋へ來た女の死骸があつて、それから生れた赤ん坊がゐて、提燈の光りをみて笑つてゐる。その側には水飴の小さな椀が置いてあつた。これは母のまだ眞實に死んでゐないのが早まつて葬られ、墓中で子が生れたので、母の幽靈がかやうに子を養つてやつたのである――母の愛は死よりも強いから。

 

[やぶちゃん注:「松江の七不思議を歌つた可笑しい歌」調べ当たらなかった。少なくともここに記された「小豆研ぎ」(これはハーンの「幽霊滝」の恐怖構造と類似する)と「飴を買う女」、そして先の大橋の人柱「源助柱」及び前話の松江城の「少女の人柱」の四話はまず含まれると考えてよいのではなかろうか? 識者の御教授を乞う。

「普門院」既出既注

「小豆磨ぎ橋」この橋は現在は存在しない模様である。

「大雄寺」原文を見て頂くとわかるようにこれで「だいおうじ」と読む(現行も同じ)。松江城の南西一キロメートルほどの宍道湖の東北岸の松江しんじ湖温泉駅に近い、現在も中原町にある法華宗の寺である。

「こわくなつて」はママ。]

 

 

Sec. 18

One may still sometimes hear in the streets a very humorous song, which every one in town formerly knew by heart, celebrating the Seven Wonders of Matsue. For Matsue was formerly divided into seven quarters, in each of which some extraordinary object or person was to be seen. It is now divided into five religious districts, each containing a temple of the State religion. People living within those districts are called ujiko, and the temple the ujigami, or dwelling-place of the tutelary god. The ujiko must support the ujigami. (Every village and town has at least one ujigami.)

There is probably not one of the multitudinous temples of Matsue which has not some marvellous tradition attached to it; each of the districts has many legends; and I think that each of the thirty-three streets has its own special ghost story. Of these ghost stories I cite two specimens: they are quite representative of one variety of Japanese folk-lore.

Near to the Fu-mon-in temple, which is in the north-eastern quarter, there is a bridge called Adzuki-togi-bashi, or The Bridge of the Washing of Peas. For it was said in other years that nightly a phantom woman sat beneath that bridge washing phantom peas. There is an exquisite Japanese iris-flower, of rainbow-violet colour, which flower is named kaki- tsubata; and there is a song about that flower called kaki-tsubata-no- uta. Now this song must never be sung near the Adzuki-togi-bashi, because, for some strange reason which seems to have been forgotten, the ghosts haunting that place become so angry upon hearing it that to sing it there is to expose one's self to the most frightful calamities. There was once a samurai who feared nothing, who one night went to that bridge and loudly sang the song. No ghost appearing, he laughed and went home. At the gate of his house he met a beautiful tall woman whom he had never seen before, and who, bowing, presented him with a lacquered box-fumi- bako—such as women keep their letters in. He bowed to her in his knightly way; but she said, 'I am only the servant—this is my mistress's gift,' and vanished out of his sight. Opening the box, he saw the bleeding head of a young child. Entering his house, he found upon the floor of the guest-room the dead body of his own infant son with the head torn off.

Of the cemetery Dai-Oji, which is in the street called Nakabaramachi, this story is told-

In Nakabaramachi there is an ameya, or little shop in which midzu-ame is sold—the amber-tinted syrup, made of malt, which is given to children when milk cannot be obtained for them. Every night at a late hour there came to that shop a very pale woman, all in white, to buy one rin [8] worth of midzu-ame. The ame-seller wondered that she was so thin and pale, and often questioned her kindly; but she answered nothing. At last one night he followed her, out of curiosity. She went to the cemetery; and he became afraid and returned.

The next night the woman came again, but bought no midzu-ame, and only beckoned to the man to go with her. He followed her, with friends, into the cemetery. She walked to a certain tomb, and there disappeared; and they heard, under the ground, the crying of a child. Opening the tomb, they saw within it the corpse of the woman who nightly visited the ameya, with a living infant, laughing to see the lantern light, and beside the infant a little cup of midzu-ame. For the mother had been prematurely buried; the child was born in the tomb, and the ghost of the mother had thus provided for it—love being stronger than death.

 

8 Rin, one tenth of one cent. A small round copper coin with a square hole in the middle.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (一七) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (一九) »