フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夏の弔ひ   立原道造 | トップページ | 詩は   立原道造 »

2015/09/23

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (二)

       二

 

 強健な宮司は、海の好きなことが杵築の誰人にも劣らない。しかし海濱の旅館へは決して來ない。況して共同の湯に入らない。稻佐の濱の上へ迫つてゐる絶崖の上に、特別な浴室が彼の專用として設けてある。そこへは一本の狹い道が松林の中に通じて、その前には鳥居と注連繩がある。海水浴の期間、この小さな家へ宮司は毎日上つてくる。お伴の下男が海水浴服を準備し、また宮司が海から歸つてくると、宮司が憩ふために淸潔なる莚を擴げる。宮司はいつも衣を纒つて浴を取る。彼とその下男の外、誰もこの小さな家へ近寄らない。こゝからは灣の眺望がよい。宮司の身體に對する一般の尊敬は、この休憩所をさヘも神聖な地にした。田舍の人々は、今も心身兩方で彼に崇敬の念を示す。昔の人達のやうに、國造の視線を浴びたものは、直ちに物を云ふことも、動くことも叶はぬやうになるとは信じなくなつたが、宮司が境内を通る折には、彼等は生き神として、路邊に平伏する。

 

 

Sec. 2

The robust pontiff himself loves the sea quite as much as anyone in Kitzuki; yet he never enters a beach hotel, much less a public bathing house. For his use alone a special bathing house has been built upon a ledge of the cliff overhanging the little settlement of Inasa: it is approached by a narrow pathway shadowed by pine-trees; and there is a torii before it, and shimenawa. To this little house the Guji ascends daily during the bathing season, accompanied by a single attendant, who prepares his bathing dresses, and spreads the clean mats upon which he rests after returning from the sea. The Guji always bathes robed. No one but himself and his servant ever approaches the little house, which commands a charming view of the bay: public reverence for the pontiff's person has made even his resting-place holy ground. As for the country- folk, they still worship him with hearts and bodies. They have ceased to believe as they did in former times, that anyone upon whom the Kokuzo fixes his eye at once becomes unable to speak or move; but when he passes among them through the temple court they still prostrate themselves along his way, as before the Ikigami.

« 夏の弔ひ   立原道造 | トップページ | 詩は   立原道造 »