フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 播磨屋舖蹟/武田屋舖蹟/梅谷/綴喜原/假粧坂/六本松/葛原岡/鍛冶正宗屋敷跡/佛師運慶屋敷跡/巽荒神/人丸塚/千葉其他の邸址/天狗堂 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (一七) »

2015/09/08

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (一六)

        一六

 

 市街區域はテーブルの如く平坦であるが、常綠の森に蔽はれた寺や社が建つてゐる低い半月形の可愛らしい丘陵で、市の兩端は圍まれてゐる。一萬の戸數で、三十三の主要なる町と、多くの更に小さな町を形成して、二萬五千の人口がある。して、殆ど何れの町の片端からでも、丘陵や湖や東方にある稻田を隔てて、遠さにつれて綠や靑や、鼠色の山巓がいつも見える。市のどの方面へも騎行、歩行、舟行勝手次第だ。市は二つの川で區分された計りでなく、よく引いた弓の如くに曲つた奇異な小橋を架した澤山の運河が交叉してゐるからだ。建築の點から云へば(師範學校、中學校、縣廳、新しい郵便局の如き歐風建築があるに關らず)松江は日本の他の奇異な諸都會と大概同樣である。寺院も、家屋も、店肆も、私人の住宅も他の西海岸諸市に於けると同じい。が、今猶生存せる幾千の人々が覺えてゐる頃までも、松江は封建の城下であつたため、昔劃然としてゐた階級の差別が、區域に從つて異る建築で以て、まだ珍らしくも判然と示されてゐる。市は建築の點から三區に劃することが出來る。町家は市の中心をなして皆二階造りである。寺院の區域は殆ど市の全東南部を含んでゐる。して、士族(昔は侍)の區域には、ゆつたりした庭園を繞らした平屋建の邸宅が澤山ある。封建時代には是等雅趣ある屋敷から、一令の下に大小を差した五千人の武士が、武具を着けた家來を從へて召集さるゝことが出來た。畢竟城下だけに、少くとも一萬三千の軍勢が出來るのであつた。市の戸數の三分の一以上は、その當時武士の屋敷であつた。それは松江は出雲の軍事的中心であつたからだ。市の兩端の湖に沿ふて三日月形に彎曲せる處に、主要な武士の住居區域が二つあつた。しかし最も重要の寺院が寺町以外に建つてゐる如く、武士階級の人々の最も立派な屋敷も、他の場所にあるのが多くあつた。が、最も密集してゐるのは、城の邊であつた。城は御城山の上に今日猶依然として數百年前創築の頃の如く、儼然としてゐて、全然鐡じみた灰色の、巍然たる凶相が、大きい不規則な石で築いた石垣の土臺から、沖天へと聳えてゐる。全體の恰好は異樣にも陰欝で、細部に亘つては複雜の怪奇を極めてゐる。大きな佛塔の二階三階四階が、その重さで壓潰され、互に疊込んだやうである。封建時代の兜の如く、頂には大きな唐金の鯱が屋根の兩端からその彎曲した體を空へ揚げてゐる。して、角を具へた破風や、鬼瓦を敷いた檐や、判じ物のやうな恰好をした、反を打つた瓦屋根などが、各階毎に簇生してゐるので、華麗な怪物を集めて造つた建物の龍そつくりだ――加之、上方下方各側のあらゆる稜角に眼睛を點じた龍なのだ。佛壇面をした黒い最上の屋根の下から東と南を眺めると、空翔ける鷹となつた如くに、一眸全市がみおろされる。して、北の隅から三百尺の直下に、城内の通路の行人が、蠅ほどの大いさに見える。

 

[やぶちゃん注:「簇生」「そうせい」が正しい読み(「ぞくせい」は誤った慣用読み)「叢生」に同じい。草木などが群がり生えること、或いは茎や花茎などが根の際から束(たば)のようになって集まって生ずる束生(そくせい)の謂いもあるが、ここは各種の屋根装飾が生えるように突き出ているという比喩である。

「三百尺」九十・九メートル。原文は“three hundred feet”であるから「三百呎」と表記すべきところだが、三百フィートは九十一・四四メートルだから、ここではあまり変わりがない。しかし松江城は本丸地上(ハーンは城内の地上の人々を見ている)からは約三十メートルで、これはあまりにも誇張表現ではある(仮に見下ろす視線の斜辺の長さとしても六十メートルもないはずである)。それでもハーンの、「第三の男」ハリー・ライム風の気持ちと映像はよく伝わってくる。]

 

 

Sec. 16

The city proper is as level as a table, but is bounded on two sides by low demilunes of charming hills shadowed with evergreen foliage and crowned with temples or shrines. There are thirty-five thousand souls dwelling in ten thousand houses forming thirty-three principal and many smaller streets; and from each end of almost every street, beyond the hills, the lake, or the eastern rice-fields, a mountain summit is always visible—green, blue, or grey according to distance. One may ride, walk, or go by boat to any quarter of the town; for it is not only divided by two rivers, but is also intersected by numbers of canals crossed by queer little bridges curved like a well-bent bow. Architecturally (despite such constructions in European style as the College of Teachers, the great public school, the Kencho, the new post- office), it is much like other quaint Japanese towns; the structure of its temples, taverns, shops, and private dwellings is the same as in other cities of the western coast. But doubtless owing to the fact that Matsue remained a feudal stronghold until a time within the memory of thousands still living, those feudal distinctions of caste so sharply drawn in ancient times are yet indicated with singular exactness by the varying architecture of different districts. The city can be definitely divided into three architectural quarters: the district of the merchants and shop-keepers, forming the heart of the settlement, where all the houses are two stories high; the district of the temples, including nearly the whole south-eastern part of the town; and the district or districts of the shizoku (formerly called samurai), comprising a vast number of large, roomy, garden-girt, one-story dwellings. From these elegant homes, in feudal days, could be summoned at a moment's notice five thousand 'two-sworded men' with their armed retainers, making a fighting total for the city alone of probably not less than thirteen thousand warriors. More than one-third of all the city buildings were then samurai homes; for Matsue was the military centre of the most ancient province of Japan. At both ends of the town, which curves in a crescent along the lake shore, were the two main settlements of samurai; but just as some of the most important temples are situated outside of the temple district, so were many of the finest homesteads of this knightly caste situated in other quarters. They mustered most thickly, however, about the castle, which stands to-day on the summit of its citadel hill—the Oshiroyama—solid as when first built long centuries ago, a vast and sinister shape, all iron-grey, rising against the sky from a cyclopean foundation of stone. Fantastically grim the thing is, and grotesquely complex in detail; looking somewhat like a huge pagoda, of which the second, third, and fourth stories have been squeezed down and telescoped into one another by their own weight. Crested at its summit, like a feudal helmet, with two colossal fishes of bronze lifting their curved bodies skyward from either angle of the roof, and bristling with horned gables and gargoyled eaves and tilted puzzles of tiled roofing at every story, the creation is a veritable architectural dragon, made up of magnificent monstrosities—a dragon, moreover, full of eyes set at all conceivable angles, above below, and on every side. From under the black scowl of the loftiest eaves, looking east and south, the whole city can be seen at a single glance, as in the vision of a soaring hawk; and from the northern angle the view plunges down three hundred feet to the castle road, where walking figures of men appear no larger than flies.

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 播磨屋舖蹟/武田屋舖蹟/梅谷/綴喜原/假粧坂/六本松/葛原岡/鍛冶正宗屋敷跡/佛師運慶屋敷跡/巽荒神/人丸塚/千葉其他の邸址/天狗堂 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第七章 神國の首都――松江 (一七) »