フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十三章 習慣と迷信(5)/第二十三章~了 | トップページ | 橋本多佳子句集「命終」 昭和三十七年(1) 障子貼る/独楽/他 »

2015/09/30

橋本多佳子句集「命終」 昭和三十六年(4) 長良川/他

 

 長良川

 

  山下鵜匠邸庭にわが句碑立つ、誓子先生の

  句碑とともに。東京より三人の娘、三野明

  彦・武彦来。美代子・稔、奈良より加はる。

 

姉妹同じ声音蟬鳴く中に会ひ

 

[やぶちゃん注:前書の「美代子・稔、奈良より加はる」の中間の読点は恣意的に挿入した。「蟬」は底本の用字。以下同じ。底本年譜の昭和三六(一九六一)年の七月の条に、『岐阜長良川河畔の鵜匠山下幹司邸の前庭に、誓子との師弟句碑立つ。両句共に、三十一年七月、鵜舟に乗った時の句。

 

  鵜篝の早瀬を過ぐる大炎上 誓子

  早瀬過ぐ鵜飼のもつれもつれるまま 多佳子

 

除幕式に、誓子、波津子、多佳子、かけい、双々子、薫ら出席。また、東京より三人の娘と三野明彦、武彦。奈良より美代子、稔』とある。誓子満五十九、多佳子満六十二であった。]

 

籐椅子が四つ四人姉妹会ふ

 

蟬声に高音加はる死は遠し

 

   *

 

女やすむとき干梅の香が通る

 

紅き梅コロナの炎ゆる直下に干す

 

甲虫飛んで弱尻見せにけり

 

西日浄土干梅に塩結晶す

 

   *

 

をどり太鼓すりばち沼に打ちこんで

 

をどり衆地上をよしと足擦つて

 

をどりの輪つよし男ゐて女ゐて

 

かの老婆まためぐりくるをどりくる

 

夜の土に腰唄はずにをどらずに

 

尽きぬをどりおきて帰るや来た道を

 

をどり太鼓びんびん沼がはね反す

 

子が持つて赤蠟赤光地蔵盆

 

わが燭の遅れ加はる地蔵盆

 

   *

 

曼陀羅の虫の音崖の下に寝て

 

[やぶちゃん注:「曼陀羅」の用字はママ。]

 

甲虫紅き縫絲がんじがらめ

 

郭公に刻をゆづるよ暁ひぐらし

 

吾去れば夏草の領白毫寺

 

試歩を寄す秋天ふかき水たまり

 

翅立てて蝶秋風をやり過す

 

蜂さされ子に稲を刈る母の濃つば

 

プールサイドの椅子身をぬらさざる孤り

 

月遅し木星が出て海照らす

 

流れ急どかつと曼珠沙華捨つる

 

[やぶちゃん注:底本年譜の昭和三六(一九六一)年には先の七月の条に続いて、ただ一行、『九月、身体の調子悪くなる』とあって、この年の叙述そこで終っている。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十三章 習慣と迷信(5)/第二十三章~了 | トップページ | 橋本多佳子句集「命終」 昭和三十七年(1) 障子貼る/独楽/他 »