フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 私は是で大變執念深い男なんだから…… | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 山王堂 »

2015/09/08

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 底脱井

    ●底脱井

海藏寺の總門の右にあり。十井の一なり。昔上杉家の尼參禪して此井水を汲み。投機せし詠歌あり〔曰賤の女が戴く桶の底ぬけてひた身にかゝる有明の月〕此歌に依て底脱井(そこぬけゐど)と云傳ふとなり〔上杉の尼何人と云ふ事を知らず〕又一説に金澤越後守顯時か室落飾して無著と號し。佛光禪師に參して悟徹(ごてつ)す。時に投機の詠歌あり。〔曰ちよのうがいたゝくをけのそこぬけてそこぬけて水たまらねば月もやとらすちよのうは無著が幼名なりとぞ〕已上の二詠大同小異なり。前の傳は恐らくは無著か事をあやまり傳へしならんか。

[やぶちゃん注:これは「新編鎌倉志卷之四」の「海藏寺」の項の「底脱井」に手を加えて剽窃したものである。以下に引いておく。

   *

底脱井(そこぬけのゐ) 總門の外、右手の方にあり。相傳ふ、昔し上杉家の尼、參禪して、此井の水を汲むで投機す。歌あり。「賤(しづ)の女(め)が戴(いたゞ)く桶の底ぬけて、ひた身にかゝる有明の月」。此因縁に依て、底脱井と云傳ふとなり〔按ずるに、城の陸奧の守平の泰盛が女(むすめ)、金澤越後の守平顯時が室となる。後に比丘尼となり、無着と號す。法名如大と云。佛光禪師に參して悟徹す。投機の和歌あり。「ちよのうがいたゞくをけのそこぬけて、水たまらねば、月もやどらず」と云云。ちよのうは無着がをさな名也。此底脱井の事、無着が事をあやまりて傳へたるか。上杉の尼、何人と云事しらず。〕。
   *

この「ちよのう」は安達千代野(ちよの 生没年未詳)と伝えられ、安達泰盛の娘、北条顕時正室。千代能とも書く。ウィキの「安達千代野」に『父泰盛と安達一族は霜月騒動で滅ぼされ、夫である顕時は騒動に連座して失脚し、下野国に蟄居の身となる。千代野は出家して無学祖元の弟子となり、法名無着と号』したとあり、更に「仏光国師語録」に『「越州太守夫人」(千代野)が無学祖元に対して釈迦像と楞厳経を求めた記録がある』とする。更に、『同じ無学祖元の弟子で、京都景愛寺開山となった無外如大』という人物がおり、この僧が同じく無着という別号を用いたこと、加えて上杉氏の関係者でもあったことを記し、足利氏との関連から千代野と無外如大が『混同されたものと見られる』という錯誤を解明した記載がある。

「無著」「むぢやく(むじゃく)」と濁るのが普通。「無着」に同じい。この名を持つ有名な人物としては、ガンダーラ出身でインドの大乗仏教の論師と知られ、瑜伽唯識 (ゆがゆいしき) 思想家世親の兄でもあった無著(三一〇年?~三九〇年?)がいる。彼の名は梵語名“Asaṅga”の漢訳である。]

« 私は是で大變執念深い男なんだから…… | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 山王堂 »