フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十三章 習慣と迷信(3) | トップページ | また落葉林で   立原道造 »

2015/09/30

朝に   立原道造   /   また晝に   立原道造

   Ⅵ 朝に

 

おまへの心が 明るい花の

ひとむれのやうに いつも

眼ざめた僕の心に はなしかける

⦅ひとときの朝の この澄んだ空 靑い空

 

傷ついた 僕の心から

棘を拔いてくれたのは おまへの心の

あどけない ほほゑみだ そして

他愛もない おまへの心の おしやべりだ

 

ああ 風が吹いてゐる 凉しい風だ

草や 木の葉や せせらぎが

こたへるやうに ざはめいてゐる

 

あたらしく すべては 生れた!

露がこぼれて かわいて行くとき

小鳥が 蝶が 晝に高く舞ひあがる

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。生前の道造が最後に構想していた幻の詩集「優しき歌」の原稿(当時、中村真一郎が所蔵)をもとに推定された詩集「優しき歌」(「序」及び「Ⅰ」から「Ⅹ」のナンバーを持つ詩篇群)の第六曲。

 中公文庫「日本の詩歌」第二十四巻の、次に掲げた「また晝に」の脚注によれば、この一篇はローマ数字を外した「朝に」の形で、その「また晝に」とともに、

 

 「優しき歌」

 

の総表題を附して、『道造の死の前年昭和十三年『四季』十月号に発表。ゆえに道造にとって、この二篇は、詩集『優しき歌』の基幹をなす作品であったに相違ないと考えられる』とある。

 以下、表記上の幾つかの問題点を示す。

第一連四行目の冒頭の「 ⦅ 」の閉じる「 ⦆」がないのはママ。道造の詩篇にはありがちな余韻表記法である。

第二連二行目の「棘」は後続の諸選集は悉く「とげ」とルビを振る。疑義はない。ないが、私は神経症的にルビは不要と考えている。

第三連三行目「ざはめいてゐる」はママ。「ざわめく」は「ざわざわ」(騒騒)に基づく語であるが、これは元々オノマトペイア(擬声語)であり、「ざはざは」とは表記しない(「騒騒」は「ざわざわ」は「さわさわ」とも清音表記するが、清音で「さはさは」とすると「爽爽」でさっぱりとさわやかなさまを意味する。しかも「爽爽」は歴史的仮名遣では「さわさわ」とも表記する)。孰れにせよ、ここは「ざわめいてゐる」が正しい表記である)。後続の諸選集は「ざわめいている」となる。

第四連二行目「かわいて」はママ。後続の諸選集もママである。前注の「ざはめてゐる」が訂され、これがママであるということは、一つの可能性としては前の「ざはめてゐる」が本底本の誤植に過ぎない可能性を匂わせるが、私は全集を所持しないので確定的発言は出来ない。]

 

 

 

   Ⅶ また晝に

 

僕はもう はるかな靑空やながれさる浮雲のことを

うたはないだらう‥‥

晝の 白い光のなかで

おまへは 僕のかたはらに立つてゐる

 

花でなく 小鳥でなく

かぎりない おまへの愛を

信じたなら それでよい

僕は おまへを 見つめるばかりだ

 

いつまでも さうして ほほゑんでゐるがいい

老いた旅人や 夜 はるかな昔を どうして

うたふことがあらう おまへのために

 

さへぎるものもない 光のなかで

おまへは 僕は 生きてゐる

ここがすべてだ!‥‥僕らのせまい身のまはりに

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。生前の道造が最後に構想していた幻の詩集「優しき歌」の原稿(当時、中村真一郎が所蔵)をもとに推定された詩集「優しき歌」(「序」及び「Ⅰ」から「Ⅹ」のナンバーを持つ詩篇群)の第七曲。

 必ず、前掲の「朝に」の注を参照されたい。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十三章 習慣と迷信(3) | トップページ | また落葉林で   立原道造 »