フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (五) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (七) »

2015/09/19

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (六)

         六

 

 神の窟から約四五丁引返へしてから、黑い絡壁の長い線に大きな垂直の皺が寄つた處ヘ眞直に進むと、すぐその前に黑い巨岩が海から屹立して、激浪の泡で撻られてゐる。それを廻つて背後へ出ると、水が穩かで、懸崖へ生じた奇怪な裂隙の陰だ。突然思ひもよらぬ一角に、別の洞孔が口を開けてゐる。直ちに舟はその石の敷居に觸れて、小さな激動が地獄の谷の如き處にひゞき渡つて、寺院の太鼓の如く長い朗かな音を起した。一目見てこゝは何處だとわかる。暗い奧の方に靑白い石に笑を含んだ地藏さんの顏が見えて、その前やすべてそのぐるりには、形狀の崩れた灰色の恰好のものが、凄い光景を呈して集つてゐる。無數の奇々怪々の形のもので、墓地の頽れた跡かと怪しまれる。窟の畝立つた床はもつと奧の窟の黑い入口まで、海から奧へ段々暗くなる影の中を高い勾配をなして、無數の滅茶滅茶に壞れた墓のやうな形のもので、その斜面は蔽はれてゐる。然し眼が薄暗に馴れてくると、墓ではなかつたのだと判明してくる。たゞ長い間辛抱して、骨折つて器用に積上げた石や、小石の小さな塔なのだ。

 『死んだ子供の仕事』と、私の車夫が哀憐を含める微笑を浮べ乍ら囁いた。

 それから私共は舟から上つた。岩が非常に滑り易いから、私は注意によつて、靴を脱ぎ、私に準備してあつた草履を履いた。他の人々は跣で上陸した。しかしどうして進むべきか、直ぐそれに窮した。澤山の積み石が非常に密接してゐるので、足を容れる餘地もないやうだ。

 船頭の女房が案内に立つて、『まだ道があります』と云つた。

 女の後ついて、右の壁と二三の大きな岩の間へ身體を搾めてはいると、石塔の間に狹い通路を發見した。しかし子供の亡靈のために、注意を拂ふやう私共は警告を受けた。もし亡靈の作つた塔を顚覆すると、泣くだらうから、徐々と極めて用心をして、積み石のない地面へ渡つて行つた。崩れかかつた層の碎屑の砂が、薄く一面に岩床の上に推積してゐた。して、その砂中に僅か三四寸の長さで、子供の小さな跣の輕い痕がついてゐた――幼兒の亡靈の足痕なのだ。

[やぶちゃん字注:「薄く一面に岩床の上に堆積してゐた」の「堆積」は底本では「推積」である。誤植と断じて訂した。]

 もつと早く來なならば、もつと澤山あつたでせうと船頭の女が云つた。夜間、窟の地面が露や天井の滴で濕つてゐる時に、亡靈は足痕をつけるので、日が暖かくなつて砂や岩が乾いてくると、小さな足の印痕は消えてしまう。

 たゞ三つ足痕が見受けられた。しかしそれが異常に判然としてゐた。一つは洞壁の方ヘ向ひ、他の二つは、海の方へ向つてゐた。洞中の彼處此處に、岩の柵や突起の上に、小さな草履が横つてゐた。子供の足が石のため傷を受けないやう、參詣者が献げたのだ。が、すべて亡靈の足痕は裸足の痕である。

[やぶちゃん字注:「横つてゐた」老婆心乍ら、「よこたはつてゐた(よこたわっていた)」と読む。]

 それから用心して石塔の間の道を拾ひ拾いに、奧の窟の口の方へ行つて、その前にある地藏の像へ達した。花崗石に刻せる、坐つた地藏だ。片手には一切の願が叶ふ功德を有する神祕の玉を持ち、片手には錫杖を持つてゐる。その前へ小さな鳥居が建つてゐて、しか一對の御幣がある。神道が妙に謙遜してゐる。このやさしい佛は確かに敵を有たないのだ。兒童の亡靈を愛し玉ふ地藏の足許では、神佛相提携してやさしい敬意を捧げてゐる。

 地藏の足といつたものゝ、この窟中の地藏はたゞ片足しかない。地藏が安坐せる彫刻の蓮華は折れて壞れてゐて、二枚の大きな花瓣は失くなつて、そり一枚に載つてゐたに相違ない右足は、踝の處でこはれてゐる。これは訊いて分つたが、波のわざである。暴風の折、波は狂鬼の如く洞内へ突進し、あらゆる小さな石塔を一掃して礫にし、石像を岩に投げつける。しかしいつも暴風後始めての穩かな夜間に、元々通り再建される。

 『佛が心配して、泣き泣き積み直します』亡靈が悲しんで、泣き乍ら復た石を積み上げて、祈願の石塔を再築するのである。

[やぶちゃん字注:「踝」老婆心乍ら、「くるぶし」と読む。また「礫」も老婆心乍ら、ゆめゆめ「レキ」などと音で読んで欲しくない。「つぶて」である。]

 奥の小洞の黑い入口を繞つて、骨の色を帶びた岩が恰も一對の大きな口を開けた顎に似てゐる。この陰氣な門からは、洞床が段々深い暗い罅隙の中へと傾斜して行く。して、視力が暗黑に慣れてくるに隨つて、その中には更に大きな石塔が見え出した。塔の先きに當つて、窟の隅に、各一個の鳥居を供へた三體の地藏が、微笑してゐた。こゝで私は前進しようとしたとき、不幸にも、先づ一ケ所の積石を覆へし、それからまた他の一ケ所のを倒した。私の車夫も殆ど同時に更に他のものを倒した。だから賠償として、私共は六個の新しい塔、即ち私共が顚覆させた數の二倍のものを建てねばならない。私共がその仕事に忙殺されてゐるとき、船頭の女房は、終夜洞内に留つた二人の漁師が、目に見えぬ群集の遠い低い音や、子供の集まつて囁き合ふ如き言葉の聲を聞いたことを物語つた。

[やぶちゃん字注:「罅隙」既注であるが再掲しておく。「かげき」と読む。裂け目。割れ目。亀裂。罅(ひび)割れた隙き間である。]

 

[やぶちゃん注:「撻られてゐる」読み不詳。「撻」は訓で「打つ・鞭うつ」であるが、「られている」には繋がらない。音は「タツ・タチ」であるが凡そ無理である。熟語を見ると「撻辱(タツジョク)」「撻戮(タツリク)」というのがあり、「鞭打って辱(はずかし)める」という意であるが、かといって「激浪の泡で撻(はづかしめ)られてゐる」というのは如何にもで、私は採れない。因みに原文は“whipped by the foam of breaking swells”で――複数のうねりが砕けることで生じた泡によって激しく叩かれてある――という意であろう。平井呈一氏は『寄せては砕ける怒濤の泡に打たれている』と訳しておられる。ともかくも読めない。識者の御教授を乞うものである。【2015年9月21日追記】公開後、フェイスブックで教え子が以下のような読みの可能性を示唆して呉れた。一部を示す(改行を省略し、行頭を一字空けた)。

   《引用開始》

 「撻られてゐる」ですが、文脈から「えぐられている」と読みました。「けずられている」「ほられている」も考えましたが、「達」のイメージには「えぐる」方があっているかなと。

   《引用終了》

私が提示した「撻」の意味は「広漢和辞典」から引用で、これ以上の意味はないと思われるものの、「鞭で抉(えぐ)られる」というのは、自然な敷衍的当て読み(落合氏はこうしたかなり個人的な当て読みをしばしば行っておられる)としては充分あり得るように思われた。

「神祕の玉」如意宝珠(にょいほうじゅ)、梵語では「チンターマニ」と呼ぶ。仏教において様々な霊験を顕わすとされる架空の宝玉である。ウィキ如意宝珠によれば、「チンター」とは「思考」、「マニ」は『「珠」を指す言葉で、「意のままに様々な願いをかなえる宝」という意味である。如意宝、如意珠、または単に宝珠(ほうじゅ、ほうしゅ)とも呼ばれる』。『日本では一般的に、下部が球形で上部が円錐形に尖った形で表されるが、チベット仏教の宗教画などでは円柱形で上部が円錐形に尖った細長い形で描かれる。また』、三つの宝珠が積み重なり(一般には下に二個横に並んでその上に一個が乗った形)、『一つの火炎に包まれた物もあり、これは三弁宝珠と呼』ぶ。『仏や仏の教えの象徴とされ、地蔵菩薩や虚空蔵菩薩、如意輪観音をはじめとする仏の持物、三昧耶形』(さんまやぎょう)『とされる。無限の価値を持つものと信じられ、増益の現世利益を祈る対象となる』。『通常、仏塔の相輪の最上部に取り付けられ、そのほかの仏堂の頂上に置かれることもある。また、橋の欄干など寺院以外の建造物の装飾として取り付けられる擬宝珠はこれを模したものとする説がある』と記す。引用文中に出る「三昧耶形」は「さまやぎょう」とも読み、仏を表す象徴物を言い、単に「三形(さんぎょう)」とも略称する。「三昧耶」とは梵語で「約束」「契約」「取り決め」などを意味する「サマヤ」から転じた言葉であって、参照ウィキ三昧耶形によれば、まさに『どの仏をどの象徴物で表すかが経典によって予め「取り決められている」事に由来する』とあり、『伝統的には如来や菩薩などの仏の本誓、即ち衆生を救済するために起こした誓願を示したものと定義されている』。『多くの場合、各仏の持物がそのままその仏を象徴する三昧耶形となる。例えば不動明王なら利剣(倶利伽羅剣)、聖観音なら蓮華、虚空蔵菩薩なら如意宝珠など』である。また、通常、『持物を持たない如来の場合は特別の象徴物が三昧耶形とされる場合もあるが(大日如来が宝塔など)、印相を以て三昧耶形とする場合もある』。『曼荼羅などの仏画では、仏の絵姿の代わりに三昧耶形で描く事も多い。よく知られている例としては、金剛界曼荼羅の三昧耶会と降三世三昧耶会がある』とある。]

 

 

Sec. 6

From the caves of the Kami we retrace our course for about a quarter of a mile; then make directly for an immense perpendicular wrinkle in the long line of black cliffs. Immediately before it a huge dark rock towers from the sea, whipped by the foam of breaking swells. Rounding it, we glide behind it into still water and shadow, the shadow of a monstrous cleft in the precipice of the coast. And suddenly, at an unsuspected angle, the mouth of another cavern yawns before us; and in another moment our boat touches its threshold of stone with a little shock that sends a long sonorous echo, like the sound of a temple drum, booming through all the abysmal place. A single glance tells me whither we have come. Far within the dusk I see the face of a Jizo, smiling in pale stone, and before him, and all about him, a weird congregation of grey shapes without shape—a host of fantasticalities that strangely suggest the wreck of a cemetery. From the sea the ribbed floor of the cavern slopes high through deepening shadows hack to the black mouth of a farther grotto; and all that slope is covered with hundreds and thousands of forms like shattered haka. But as the eyes grow accustomed to the gloaming it becomes manifest that these were never haka; they are only little towers of stone and pebbles deftly piled up by long and patient labour.

'Shinda kodomo no shigoto,' my kurumaya murmurs with a compassionate smile; 'all this is the work of the dead children.'

And we disembark. By counsel, I take off my shoes and put on a pair of zori, or straw sandals provided for me, as the rock is extremely slippery. The others land barefoot. But how to proceed soon becomes a puzzle: the countless stone-piles stand so close together that no space for the foot seems to be left between them.

'Mada michiga arimasu!' the boatwoman announces, leading the way. There is a path.

Following after her, we squeeze ourselves between the wall of the cavern on the right and some large rocks, and discover a very, very narrow passage left open between the stone-towers. But we are warned to be careful for the sake of the little ghosts: if any of their work be overturned, they will cry. So we move very cautiously and slowly across the cave to a space bare of stone-heaps, where the rocky floor is covered with a thin layer of sand, detritus of a crumbling ledge above it. And in that sand I see light prints of little feet, children's feet, tiny naked feet, only three or four inches long—the footprints of the infant ghosts.

Had we come earlier, the boatwoman says, we should have seen many more. For 'tis at night, when the soil of the cavern is moist with dews and drippings from the roof, that They leave Their footprints upon it; but when the heat of the day comes, and the sand and the rocks dry up, the prints of the little feet vanish away.

There are only three footprints visible, but these are singularly distinct. One points toward the wall of the cavern; the others toward the sea. Here and there, upon ledges or projections of the rock, all about the cavern, tiny straw sandals—children's zori—are lying: offerings of pilgrims to the little ones, that their feet may not be wounded by the stones. But all the ghostly footprints are prints of naked feet.

Then we advance, picking our way very, very carefully between the stone- towers, toward the mouth of the inner grotto, and reach the statue of Jizo before it. A seated Jizo carven in granite, holding in one hand the mystic jewel by virtue of which all wishes may be fulfilled; in the other his shakujo, or pilgrim's staff. Before him (strange condescension of Shinto faith!) a little torii has been erected, and a pair of gohei! Evidently this gentle divinity has no enemies; at the feet of the lover of children's ghosts, both creeds unite in tender homage.

I said feet. But this subterranean Jizo has only one foot. The carven lotus on which he reposes has been fractured and broken: two great petals are missing; and the right foot, which must have rested upon one of them, has been knocked off at the ankle. This, I learn upon inquiry, has been done by the waves. In times of great storm the billows rush into the cavern like raging Oni, and sweep all the little stone towers into shingle as they come, and dash the statues against the rocks. But always during the first still night after the tempest the work is reconstructed as before!

Hotoke ga shimpai shite: naki-naki tsumi naoshi-masu.' They make mourning, the hotoke; weeping, they pile up the stones again, they rebuild their towers of prayer.

All about the black mouth of the inner grotto the bone-coloured rock bears some resemblance to a vast pair of yawning jaws. Downward from this sinister portal the cavern-floor slopes into a deeper and darker aperture. And within it, as one's eyes become accustomed to the gloom, a still larger vision of stone towers is disclosed; and beyond them, in a nook of the grotto, three other statues of Jizo smile, each one with a torii before it. Here I have the misfortune to upset first one stone- pile and then another, while trying to proceed. My kurumaya, almost simultaneously, ruins a third. To atone therefore, we must build six new towers, or double the number of those which we have cast down. And while we are thus busied, the boatwoman tells of two fishermen who remained in the cavern through all one night, and heard the humming of the viewless gathering, and sounds of speech, like the speech of children murmuring in multitude.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (五) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第九章 子供の精靈の――潜戸 (七) »