フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 大佛阪/極樂寺阪 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十三章 習慣と迷信(3) »

2015/09/29

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十三章 習慣と迷信(2)

 我国には、ほかのことでは学問があるのに、綴りを間違える人がある。日本でも同様なことがあり、それは漢字を正しく書き得ぬ学者である。普通の人間は、日本人が数千の漢字を覚え、その支那の名称と、それの日本語の同意語をも覚えていなくてはならぬことが、如何に途法もない重荷であるかを、考えた丈で目が廻る。こればかりで無く、それぞれの漢字に、草書と、印判の形と、正規な形とがあること、なお我国のアルファベットに、一例として頭文字のBと、それを書いた形と古い英国風の書体と、その他勝手な意匠をこらした俏字(やつしがき)があるが如きである。日本歴史を研究する外国人は、一人の歴史的人物が持つ、いろいろ違った名前に迷わされる。この事は有名な陶工や芸術家の名前で、屢々私を悩した。すべての武士は先ず閥族の名を持つ。これは彼等の先祖であるところの古い家族、あるいは封建時代に彼等が隷属した家族の名である。これを「姓」と呼ぶ。彼等はまた「氏」と呼ぶ家族名と、「通称」と称する、我々の洗礼名に当る名とを持っている。更に「号」という学究的な名が与えられ、その上に「字(あざな)」と呼ばれる、これも学問上の名さえある。これに止らず、「諱(いみな)【*】」という名もあり、為替、請願書、証文、契約書等にこれを用いる。これ丈で沢山だろうと思うが、中々どうして、死んでも名前には煩わされるので、僧侶によって「戒名」という名をつけられる。一例として、五十年前に死んだ有名な歴史家頼山陽【**】は、次のような名を持っていた。

 

  * ヘップバーンの辞書によると、この

  名は十五歳以後使用する由。

  ** この名前は、他の有名な学者の名

  前と共にボストンの公共図書館に記して

  ある。

 

 姓――閥族名――源

 氏――家族名――頼

 通称――洗礼名にあたるもの――久太郎

 号――学問上の名――山陽

 字――追加的学問上の名――子成

 諦――契約書その他の為の法律的の名――襄

 戒名――死後の名――私の教示者はこれを知らない【*】。

 

  * 私は、この種類の材料は一千頁を埋

  める程沢山持っているが、記録しておく

  時間がない。陶器に関する私の紀要は、

  此日誌を踰越しているので、私は、日本

  の陶器に就ての興味ある本を書くに足る

  材料を持っている訳だ。

[やぶちゃん注:「私の教示者はこれを知らない」頼山陽は現在の京都市東山区の時宗黄台山(おうだいさん)長楽寺にあるが、何故か法名は捜し得なかった。彼は強烈な儒学者であり、法名を持っていない可能性もあるのかも知れない(写真で見ると墓には「山陽賴先生之墓」と刻してある)。識者の御教授を乞うものである。因みに「襄」は「のぼる」、号は外に三十六峯外史とも言った。

「ヘップバーンの辞書」既注
 
「踰越」は「ゆえつ」と読み、乗り越えること、或いは、自分の分を越えることを指す。

「私は、日本の陶器に就ての興味ある本を書くに足る材料を持っている」モースによる日本陶器についての纏まった記載は、結局、この十九年後の、一九〇一年の“Catalogue of the Morse Collection of Japanese Pottery”(「日本陶器のモース・コレクション目録」を待たねばならなかった。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 大佛阪/極樂寺阪 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十三章 習慣と迷信(3) »