フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(15) 昭和十五(一九四〇)年 二句 | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(17) 昭和十七(一九四二)年 五句 »

2015/10/22

橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(16) 昭和十六(一九四一)年 十五句

 昭和十六(一九四一)年

 

鯖雲舷梯のぼるときわする

 

鯖雲峽の一船として繫る

 

[やぶちゃん注:「峽」は「かひ(かい)」、「繫る」は「かかる」と訓じておく。]

 

鰯雲峽港にごる日を一輪

 

雲疾くとぶ秋蝶を遲らしめ

 

靴の音わが家にとまらず塞柝も過ぐ

 

[やぶちゃん注:「塞柝」は不詳。これ、底本か初出誌のそれかは不詳乍ら、「寒柝」の誤字か誤植ではあるまいか? 「寒柝(かんたく)」なら、冬の夜に打ち鳴らす夜回りの拍子木の音で意味も腑に落ちるのである。]

 

月光に鐵路といはず地に滿つ霜

 

ひとの面に萬燈くらくくらくとぎれず

 

落穗蕊なまなまと指よごす

 

燈を負ひし兒沈丁の香とわすれず

 

[やぶちゃん注:「沈丁」「ぢんちやう(じんちょう)」で沈丁花(じんちょうげ)の略。フトモモ目ジンチョウゲ科ジンチョウゲ Daphne odora 。]

 

吾子遠き信濃の櫻咲き撓む

 

[やぶちゃん注:「信濃」年譜にこの年の五月の条に、別荘を『探しに、多佳子と国子』(次女)『は信州野尻湖へ行』き、翌六月からは『一家にて、野尻湖畔の』「神山山荘八十七番」で『十月まで滞在』している。]

 

霧の中ひぐらし啼くを曉とする

 

玫瑰に信濃はひるも霧が零る

 

[やぶちゃん注:「玫瑰」は「はまなし」又は「はまなす」と読む。バラ目バラ科バラ属ハマナス Rosa rugosa。和名は「ハマナス」であるが、元来は「はまなし」が正しい。果実がナシに似た形をしていることが和名由来で、それが「はまなす」と訛ったものであるからである。ハマナスは一般に砂地の海浜に植生するが、内陸でも普通に育ち、花を咲かせる。「零る」は「こぼる」で零れるの意。]

 

ゆけどゆけど夜の乾草ひろかりき

 

   甥

 

征でたたす子ろと一夜の蚊帳つらむ

 

[やぶちゃん注:「子ろ」「ころ」で女性や子供を親しんで呼ぶ上代語である。]

 

雁わたる吾子鉛筆の音を斷たず

 

[やぶちゃん注:以上、『馬醉木』掲載分。多佳子、四十二歳。]

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(15) 昭和十五(一九四〇)年 二句 | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(17) 昭和十七(一九四二)年 五句 »