フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「今昔物語集」卷第二十七 狐託人被取玉乞返報恩語 第四十 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (七) »

2015/10/13

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (六)

        六

 

 妖狐に憑かれた人々の狂氣は奇妙なものだ。彼等は裸體で絶叫し乍ら、町中をかけ廻ることもある。時としては横に倒れたまゝ口かち泡を吹き、狐のやうな啼き聲をする。して、憑かれた人の身體の成る部分の皮膚の下に、動搖不定の塊まりが現れる。それは、特別な獨立の生命を有つてゐるらしい。針でそれを剌すと、忽ち他の場所へ滑つて移動する。いかにしつかり強い手で握つても、それは指の下から逸し去る。憑かれた人は、また以前に、全然知らなかつた言葉を話したり、書いたりすると云はれてゐる。食べものは、たゞ狐が食べると信ぜらるゝもの――豆腐、油揚、小豆飯など――を食べるだけだ。しかも頗る多量に食べる――自身ではなく、憑いてゐる狐が空腹を感じてゐるのだと主張して。

 狐憑きの犧牲となつたものが、家族親戚によつて、虐待を受けることは珍らしくない。――火で燒いたり、鞭つたりして、かやうにして狐を追佛ひ得ると思つてゐる。それから法印・山伏――惡魔を拂ふ人――が迎へられる。惡魔拂ひをする人が、狐と議論を鬪はせる。狐は憑かれた人の口を通して喋べる。狐が人に憑くことの邪惡に關する宗教的議論によつて降參させられると、彼は普通豆腐又は他の食物の澤山の供給を受けるといふ條件で、立退くことに同意する。して、約束の食物は直ちに、狐が自からその家來と名乘つてゐる稻荷神社へ捧げられねばならぬ。人に憑く狐は、誰から送られるにせよ、或る稻荷の家來だと自稱するのが常である。尤も時には自からを神と呼ぶこともある。

 憑かれた人が惡狐から解放されるや否や、彼はがつくり無感覺に陷つて、長い間倒れたまゝである。また、一たび狐に憑かれた人は、それから後、豆腐、油揚、小豆飯又は狐の好きなものを食べることが出來なくなると云はれてゐる。

 

    註。法印或は山伏は惡魔拂ひをする

    佛教の僧である。嚴密に云へば、法

    印は山伏の高級なものであつた。山

    伏は常に魔除けと共に易占を行つた

    が、現政府によつてかゝる營業を禁

    ぜられたので、山伏等が所有してゐた

    小寺は大概廢絶した。しかし百姓の間

    では、佛教の陰陽師がまだ狐憑きの病

    氣を癒すために迎へられ、依然山伏と

    稱せられてゐる。

 

[やぶちゃん注:「妖狐に憑かれた人々の狂氣」現在の精神医学の観点から考えると、患者を含む共同体全体を含む一種の集団ヒステリー的様態とまずは見るべきであろう。患者個人の症状から見ると、これは一種の解離性障害(自分が自分であるという感覚が失われる見当識失調、空間認識異常や現実感失調などの感覚異常、一時的記憶失調などを主訴とする精神疾患)や多様な神経症疾患が考えられる。激しい発作や幻視・幻聴及び関係妄想からは真正の統合失調症も疑われるものの、所謂「狐憑き」の記載例では発作や失神状態が一時的で予後がよいものも多く認められることから、統合失調症の含まれる割合は寧ろ、相対的には低いようにも思われる。ウィキの「狐憑き」を見ると、現在、最も古い記載例は「今昔物語集」の巻第二十七の「狐、人に託(つ)きて、取られし玉を乞ひ返して恩(おん)を報ぜる語(こと) 第四十」であるとする。されば、よし! 当該の「今昔物語集」卷第二十七 狐託人被取玉乞返報恩語 第四十』全文電子化訳注附)を、この注のために緊急速成した。ご覧あられかし!

ウィキの「狐憑き」ではその後、公卿藤原実資の日記「小右記(しょうゆうき)」長元四(一〇三一)年八月の条に、狐憑きについて記してあるとし、鎌倉中期の建長年間に成立した「古今著聞集」や、室町時代の外記局官人を務めた中原康富(やすとき)の日記「康冨記」の応永年間の条にも記述があるとする。江戸に入ると「狐憑き」に関する記述は爆発的に増え、「和漢三才図会」巻二十三の「狐」では最後に、『狐托於人也、強氣者則不ㇾ能ㇾ托。蓋邪氣乘ㇾ虛入之謂也』(狐、人に托(つ)くことや、強氣(がうき)なる者に、則ち、托(つ)くこと能(あた)はず。蓋(けだ)し、邪氣、虛に乘じて入るの謂(い)ひなり)といった説が武士階層に信じられたとある(引用は原本に当たり、訓読も私がオリジナルに附した)。次に人情本作家松亭金水(しょうていきんすい 寛政九(一七九五)年)~文久二(一八六三)年)の書いた「松亭反古嚢(しょうていほごぶくろ)」に載る加藤嘉明の逸話が引かれてある(恣意的に正字化し、読みを独自に恣意的に附し、句読点の一部を変え増やし、記号も追加した)。

   *

 そのむかし、加藤左馬助嘉明(さまのすけよしあきら)、里人を從へて野を逍遙す。狐叢に眠るを見て、里人に命じてこれを撃たしむ。然るに、その狐、里人に托(つ)いて種々の譫言(うはごと)をし、狂ひ廻るによりて、その親族大(おほき)に駭(おどろ)き、祈禱加持を營めど、さらに退(の)かず、一時(いつとき)一人(ひとり)の導士來り、「われ、これを退かしめん。」と、數珠を揉みて經を誦(ず)す。時に嘉明、ここに來り、この體(てい)を見てうち笑ひ、「かれもまた狐なり。」と、鳥銃(てうじゆう)をもて擊殺(うちころ)すに、果して年囘(としへ)る狐なり。これ、元來、嘉明に寇(くわん)すべき筈(はず)なるを、強氣(がうき)により托(つ)く事かなはず、因(より)て里人に托(つ)きたるなり。

   *

この「加藤左馬助嘉明」(永禄六(一五六三)年~寛永八(一六三一)年)は「よしあき」とも読み、豊臣秀吉の子飼衆で「賤ヶ岳の七本槍」の一人。伊予松山藩及び陸奥会津藩初代藩主であった人物である。ウィキは他に「武徳編年集成」から(同前の処理を施した)、

   *

浮田(うきた)秀家の室、妖恠(やうかい)に侵(おか)され惱亂(なうらん)す。秀吉(省略)來臨これ老狐の所爲たる由を聽玉(ききたま)ひ、一簡を稻荷の祠官に投ぜらる。

   *

を引くが、これはまさにハーンが既に(四)に引いた、かの秀吉の狐への脅迫状の一件である。以下、このように「狐憑き」は『武士の間で信じられていたが、医家の間でも、たとえば原南陽は、巫覡のいわゆる狐の』十三種類を『信じ、その検査、治療は修験道者の加持祈祷によるとした』。『文化年間、鳥取藩の医家の陶山大禄が初めて、狐憑きの妄誕無稽であることを論じて、『人狐弁惑』で、「狐憑は狂癇の変証にして所謂卒狂これなり、決して狐狸人の身につくものにあらず」として、キツネが霊獣ではない例証、狐憑きが馬憑きに変わる例を挙げ、「畢竟これ皆精神錯乱の致すところなり」と結論した。しかし、これは学者間のことで、民間ではなおこの迷信を払拭することはできなかった』。明治二五(一八九二)年に医学博士『島村俊一は明治政府の命により島根県で狐憑きを渉猟し、その結果を報告』、明治二六(一八九三)年には帝国大学医科大学初代精神病学教授であった榊俶(さかきはじめ)が『狐憑きを精神病的に観察、報告』、同じ東京帝国大学医科大学教授精神病学者であった呉秀三(くれしゅうぞう)が「精神病学集成」で『初めて狐憑症として』記載したとして引用している(引用があって頗る興味深い内容ではあるものの、表記に疑義があるので引用しない)。明治三五(一九〇二)年には王子精神病院院長の門脇眞枝(かどわきさかえ)によって『「狐憑病新論」で狐憑統計表を示し、狐憑症と精神病原障礙との関係を明らかにした』。また、明治時代に日本に招かれたお雇い外国人の一人で宮内省侍医ともなったドイツ人医師エルヴィン・フォン・ベルツ(Erwin von Bälz:彼の滞日期間は明治九(一八七六)年から明治三八(一九〇五)年の二十九年の長きに亙った)、旭日大綬章[要出典]を受賞。)は、『狐憑きの学問的報告を政府に行ない、政府は官報で、狐憑の俗見の払拭に努めた』とある。『民間信仰においては、狐憑きの話は日本全国各地に見られる。キツネに憑かれた者は精神病のように異常な状態になるものと考えられている』(以下注記号を省略した)。『個人だけでなく、キツネが守護霊のように家系に伝わっている場合もあり、地方によっては管狐』(くだぎつね)、『オサキ、野狐、人狐が憑くことも狐憑きと呼ばれる。これらの家はキツネを使って富を得ることができるが、婚姻によって家系が増えるといわれたため、婚姻が忌まれた。また、憎い相手を病気にしたり、その者の所有物、作物、家畜を呪うこともできるといわれ、他の家から忌まれた結果、社会問題に繋がることもあった』。『これらのほか「稲荷下げ」などといって、修験者や巫者がキツネを神の使いの一種とみなし、修法や託宣を行うといった形式での狐憑きもある』。『キツネに対する信仰の厚さは、キツネを稲荷神やその使いとみなす稲荷信仰、密教徒や修験者が行う荼枳尼天法、巫者や行者がキツネを使って行う託宣に示されており、これらの信仰を背景として狐憑きの習俗が成立したものと見られている』とある。

「彼は普通豆腐又は他の食物の澤山の供給を受けるといふ條件で」ここは底本では「彼は普通豆腐又は他の食物の澤山供給を受けるといふ條件で」となっているが、これでは読めないので例外的に「の」を補った。]

 

 

Sec. 6

Strange is the madness of those into whom demon foxes enter. Sometimes they run naked shouting through the streets. Sometimes they lie down and froth at the mouth, and yelp as a fox yelps. And on some part of the body of the possessed a moving lump appears under the skin, which seems to have a life of its own. Prick it with a needle, and it glides instantly to another place. By no grasp can it be so tightly compressed by a strong hand that it will not slip from under the fingers. Possessed folk are also said to speak and write languages of which they were totally ignorant prior to possession. They eat only what foxes are believed to like—tofu, aburage, [9] azukimeshi, [10] etc.—and they eat a great deal, alleging that not they, but the possessing foxes, are hungry.

It not infrequently happens that the victims of fox-possession are cruelly treated by their relatives—being severely burned and beaten in the hope that the fox may be thus driven away. Then the Hoin [11] or Yamabushi is sent for—the exorciser. The exorciser argues with the fox, who speaks through the mouth of the possessed. When the fox is reduced to silence by religious argument upon the wickedness of possessing people, he usually agrees to go away on condition of being supplied with plenty of tofu or other food; and the food promised must be brought immediately to that particular Inari temple of which the fox declares himself a retainer. For the possessing fox, by whomsoever sent, usually confesses himself the servant of a certain Inari though sometimes even calling himself the god.

As soon as the possessed has been freed from the possessor, he falls down senseless, and remains for a long time prostrate. And it is said, also, that he who has once been possessed by a fox will never again be able to eat tofu, aburage, azukimeshi, or any of those things which foxes like.

 

9 'Aburage' is a name given to fried bean-curds or tofu.

10 Azukimeshi is a preparation of red beans boiled with rice.

11 The Hoin or Yamabushi was a Buddhist exorciser, usually a priest. Strictly speaking, the Hoin was a Yamabushi of higher rank. The Yamabushi used to practise divination as well as exorcism. They were forbidden to exercise these professions by the present government; and most of the little temples formerly occupied by them have disappeared or fallen into ruin. But among the peasantry Buddhist exorcisers are still called to attend cases of fox-possession, and while acting as exorcisers are still spoken of as Yamabushi.

« 「今昔物語集」卷第二十七 狐託人被取玉乞返報恩語 第四十 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (七) »