フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十六章 長幼の別(2) 二 えび類の發生 | トップページ | ふるさとの夜に寄す   立原道造 »

2015/10/06

何處へ?   立原道造

    何處へ?

       
Herrn Haga Mayumi gewidmet

 

深夜 もう眠れない

寢床のなかに 私は聞く

大きな鳥が 飛び立つのを

――どこへ?‥‥

 

吼えるやうな 羽搏きは

私の心のへりを 縫ひながら

眞暗に凍つた 大氣に

ジグザグに罅をいらす

 

優しい夕ぐれとする對話を

鳥は 夙(とう)に拒んでしまつた――

夜は眼が見えないといふのに

 

星すらが すでに光らない深い淵を

鳥は旅立つ――(耳をそばだてた私の魂は

答のない問ひだ)――どこへ?

 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館近代デジタルライブラリーの昭和二二(一九四七)年角川書店刊立原道造「詩集 優しき歌」の画像を視認した。最後の「どこへ?」のかな表記はママ。

Herrn Haga Mayumi gewidmet」は「芳賀檀(はがまゆみ)氏に捧げたる」の意。ドイツ語「Herrn」(ヘルン)は英語の「Mr.」に相当し、「gewidmet」(ゲヴィッドメット)は既注であるが再掲すると、“widmen”(ヴィトメン)の過去分詞形で「~に捧げる」(厳密には「捧げたる」)の意。

 芳賀檀(明治三六(一九〇三)年~平成三(一九九一)年)はドイツ文学者(文学博士)で評論家。京都生まれ。国文学者芳賀矢一の子。東京帝大文学部独文科昭和三(一九二八)年卒。ドイツに留学した後、第三高等学校(現在の京都大学総合人間学部及び岡山大学医学部の前身)教授に就任、昭和一七(一九四二)年退官後、関西学院大学、東洋大学、創価大学教授。『コギト』『日本浪曼派』『四季』同人としてドイツ文学に関する評論を発表、昭和一二(一九三七)年の「古典の親衛隊」が代表作。以後、「民族と友情」「祝祭と法則」などを刊行し、次第にナチス礼賛に傾斜した。他の著書に「リルケ」「芳賀檀戯曲集 レオナルド・ダ・ヴィンチ」「千利休と秀吉」、詩集「背徳の花束」、訳書にヘッセ「帰郷」「青春時代」、フルトヴェングラー「音と言葉」など(ここまでは日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」を概ね参照した)。ウィキ芳賀檀には、戦後は『父矢一の顕彰に努めたり、『日本浪漫派』復興を唱えたりしつつ、日本ペンクラブの仕事に精を出していたが』、昭和三二(一九五七)年、『国際ペンクラブ大会の日本招致について批判され、雑誌で、自分が東大教授になれなかった憤懣をぶちまけ』、『その道化じみた様子は、高田里惠子の『文学部をめぐる病い』で揶揄され』たとある。道造より十一歳年上で、角川文庫刊中村真一郎編「立原道造詩集」の注解には、道造の『晩年の詩に影響を与えた一人』とある。]

« 生物學講話 丘淺次郎 第十六章 長幼の別(2) 二 えび類の發生 | トップページ | ふるさとの夜に寄す   立原道造 »