フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (一二) / 第十一章~了 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十二章 日ノ御崎にて (二) »

2015/10/05

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十二章 日ノ御崎にて (一)

       第十二章 日ノ御崎にて

 

        一   一八九一年八月十日 杵築にて

 

 私の日本の友達が日ノ御崎へ遊ぶことを提案する。そこへは歐洲人で行つたものは一人もないし、天照大御神とその弟の建速須佐之男命を祀つて、音に聞えた双棟造の社殿がある。杵築から五哩位、出雲の海岸の小村である。山道を經ても行かれるが、路が非常に嶮惡で骨が折れる。舟では晴天ならば愉快な遊である。それで一人の友と居心地のよい漁船の中へ納つて、二人の若い漁夫が巧みに櫓を漕いで日ノ御崎へ向ふ。

 綺麗な稻佐濱を後に見て、右の方へ海岸に沿ふて行く。沙濱がなくて聳え立つた怖ろしげな海岸である。下は澄んだ水が深さの增すにつれて、次第に墨のやうな黑さに暗くなる。しかし折々面白い突角のある岩が、五丈の水中で光線を受けて、この下界の暗黑から立ち上がる。舟は可なり絶壁にくつついて行く。絶壁は處によつて高さを異にして、三百尺から六百尺に至る。海から上がつた麓は、鈍い鐡灰色で、側面と頂は海風で硬くなつら小松や、黑じみた草とで綠色である。一帶の海岸が險岨で、峽谷が出來て、不規則で、妙な具合に裂け目を生じてゐる。海岸が大塊を作して海へころがつてゐるし、黑い廢墟が深水から威嚇の百面相を露はしてゐるので、舟は兩者の間を快走したり、或は暗礁間の迷路を迂曲して進む。小舟が非常に迅速巧妙に左右へ進められるので、舟は自分で方向がわかつて自分の智力で動くのかと思はるゝほどである。それから、また私共は三稜形の小礁の側を過ぎた。水面のすぐ下から、その岩には海草が繁く苔生してゐた。かやうな小礁を組織せる多角形の岩塊を、漁夫達は龜ノ子石と呼んでゐる。嘗て大國主神が自らの腕力を試すため、こゝヘ來て、是等の玄武岩の塊の一個を持上げて、三瓶山の方へ海を越えて擲つた。その大きな岩は、今猶、三瓶山の麓に見られるとのことである。

 行くに隨つて、海岸はますます露骨になつて、でこぼこで物凄く、暗礁は益々多くなり、突出した岩は益々危險になつて、三十尋の深さから地層の裂片が水面を刺し通してゐる。すると、急に舟は黑い絶壁の方へ突進し、その大きな間隙の中へ疾走する。地震で出來た裂隙で、兩側面は大谿谷のやうに高く直立してゐる。驚いたことには、先きは明るい。これは小型の海峽で、海への捷徑である。十分間で通り拔け、またおつ開いた海に出ると、日ノ御崎は眼前にある――人家が曲灣のほとりに半圓形をなして集まり、その中央が開いて、直ちに鳥居がある。

 私が日本で見た灣の中では、この灣が最も異常なものである。大きな斷崖をもぎ取つて、水平面と一致するまで毀はして行つて、陸地の中へ大きな匙形の凹處を殘したのだと思ヘばよろしい。その凹處の中央に昔の絶壁の一斷片がある。寄怪な四角形の塔のやうな岩で、頂には樹木が生えてゐる。そして磯から一千碼ほどの處に今一つ巨岩が屹立して、優に百尺の高さがある。文島又は御經ケ島と呼ぶ。これから語らうとする天照大神の宮は、昔はこの小嶼の上にあつたのである。日ノ御崎の灣を作つた驚くべき力は、屹度また文島の大塊をもこの堅牢な海岸から引離したに相違ない。

 私共は灣の右端から上陸する。こゝにも濱邊はなく、岸際まで水が深くて紺色で、岸は急勾配をなしてゐる。そこを登つて行くと、異樣な光景が面前に顯れた。何千といふ竹の枠に――一寸西洋の乾衣臺のやうな――無數の薄黄色のものがぶら下がつてゐるが、一目では何だか識別が出來ない。しかし、よく視ると不思議が讀めた。敷百萬の烏賊が日に乾かしてあるのだ。この邊の海にこんなに澤山烏賊が居るとは思はれぬほどであつた。それからまた、その大いさが丁度揃つてゐる。一萬尾の中で、長さが五分も違ふのがない。

 

[やぶちゃん注:ここでハーンは「私の日本の友達が日ノ御崎へ遊ぶことを提案」し、「それで一人の友と居心地のよい漁船の中へ納つて、二人の若い漁夫が巧みに櫓を漕いで日ノ御崎へ向」ったと述べているが、これまでの文脈からでは、この「一人の友」とは西田千太郎としか読めない。しかし、「日ノ御崎へ遊ぶことを提案」した「私の日本の友達」は西田であったと断定してよいと思われるが、実はこの「居心地のよい漁船の中へ納つて、二人の若い漁夫が巧みに櫓を漕いで日ノ御崎へ向」った「一人の友」とは、実は「提案」した「私の日本の友達」とは別人であると推定出来そうなのである。無論、そうした読み方は実際には本文からは出来ない、出来ないようになっているのであるが、かねがねお世話になっている「八雲会」の「松江時代の略年譜」には、そこに明治二四(一八九一)年八月七日の項に『セツと日御碕神社を訪れる』とあるのである。実は、七月二十六日にハーンは西田千太郎と稲佐浜に投宿したのであるが、「ラフカディオ・ハーン 日本海の浜辺」というページによれば、その二日後の二十八日に、『小泉セツが突然、旅館「養神館」に来』。とあり、小泉セツの「思い出の記」によれば、『「私にも直ぐ来てくれと手紙をくれましたので、…」と』『書いているのだが、これは西田による一種の演出であったと思われる。本当はハーンの希望であり、セツも承知していたのではなかろうか』とあるのである。因みにこのページは、ここまでのハーンとセツとの微妙な関係について、非常に興味深い情報が記されてある。例えば、セツはこの年の一月か二月にハーンの借家(大橋川そばの織原嘉右衛門氏方離れ座敷)の貸主であった織原氏の紹介によって住み込み女中として入っていたのであるが、この一ヶ月前の六月二十八日の『山陰新聞』には早くもハーンとセツの関係が如何にもゴシップ風に以下のように報じられているとあるのである。それは『「人間到処有青山」との見出しで「小泉方は追々打ちつぶれて母親は乞食とまでに至りしが、此の妾といふは至って孝心にて養父方へは勿論、実母へも己の欲をそいで与ふる等の心体を賞して、ヘルン氏より15円の金を与え、殿町に家を借り受け道具等をも与え、爾来は米をも与ふることとなせりといふ」などとある』とし、『セツは愛妾という位置づけであった』と記されてあるのである。なお、西田も二人に同行したと考えても問題はない。いや、寧ろ、交渉役としての西田がいなければ色々と都合も悪かろう(と言うより、日本語の話せないハーンには西田は絶対に必要である)。「三」に出る神社運営についての知見を述べる友人もセツではない(但し、これは事実は旅から帰ってからの説話であったとしてもおかしくはない)最後に、ここでも「日ノ御崎」へ向かった日をハーンが「八月十日」としている点にも着目されたい。前章の「杵築雜記」でも問題にしたのであるが、何故か理由は不明ながら、ハーンはここでも事実を操作しているのである。

「日ノ御崎」ウィキの「日御碕」(ひのみさき/現行の漢字表記はこれが正しい)から引く。『島根県出雲市大社町日御碕に位置し、島根半島のほぼ西端で日本海に面する岬』。『流紋岩から構成される山が沈降して海に浸かり、波に侵食された後にわずかに隆起し』て広範な海食台が形成されたもので、『周辺には柱状節理や洞穴が見られ、海上には小島や岩礁が点在する』。『海底にはサドガセとボングイと呼ばれる岩があり、人工的に彫られた階段や参道、祭祀跡が確認されている。これは沖縄県の南城市にある世界遺産斎場御嶽』(「せーふぁうたき/サイハノうたき」と読み、十五世紀から十六世紀の琉球王国尚真王時代の御嶽(うたき:琉球の信仰に於ける祭祀などを行う神聖な場所を指す)とされる。「せーふぁ」は「最高位」を意味し、「斎場御嶽」は「最高の御嶽」ほどの意味であるが、これは通称で、正式な神名は「君ガ嶽、主ガ嶽ノイビ」という。ここはウィキの「斎場御嶽」に拠った)『に似ており、天照大神の神話によく似た神話が斎場御嶽』にも伝わる。『「日御碕の大ソテツ」及び南方に浮かぶ経島の「経島ウミネコ繁殖地」は国の天然記念物となっている』とある。

「建速須佐之男命」「たけはやすさのをのみこと(たけはやすさのおのみこと)」と読み、素戔嗚尊(すさのおのみこと)のこと。

「音に聞えた双棟造の社殿」前に姉弟二神の説明があり、原文が“a far-famed double temple”となっていることから、この場合の「双棟造」とは切妻や寄棟といった屋根の形状ではなくて、次の段に出る通り、天照大神と素戔嗚の二神を下と上の二棟で祀っていることを指しているものと思われる。 

「五哩位」一マイルは約一六〇九メートルであるから、約八キロメートル相当。
 
「山道を經ても行かれるが、路が非常に嶮惡で骨が折れる」同じく
ウィキの「日御碕」の島根県道二十九号大社日御碕線には、『出雲大社(出雲市大社町杵築東)と日御碕を結ぶ海沿いの道。冬は、海が時化ると潮被りの道となり、安全に冬の日本海を体感できるコースとなっている。晴れると、出雲神話の舞台である、稲佐の浜や三瓶山が見渡せる。カーブが非常に多く急峻な場所も目立つ。トンネルなどの付け替えにより路線改良は行われているが、現在でも時折、荒天等を原因とする法面などの崩落が起こりやすく、その度に交通規制が発生する場合がある』とある。

「五丈」十五・一五メートル。

「三百尺から六百尺」九十一メートルから百八十一・一メートル。日御碕の南方一・六キロメートルに位置する、この沿岸域の最高地点と思われる高見平山でも海抜百六十四・七メートルであるから、この「六百尺」はおかしい。しかもここでハーンは「絶壁」と述べているので、海食崖の高さに限定されるから、この数値は全体そのものがとんでもなく大袈裟である。例えば現在、岬の上にある出雲日御碕燈台(明治三六(一九〇三)年初点灯であるからハーンが訪れたこの当時は存在しない)でも海抜は六十三メートルである。但し無論、漢詩並みの誇張表現として微笑ましく過ぎておこう。ただ、現実に彼が訪れたのが、「八雲会」の年譜にある通りの明治二四(一八九一)年八月七日であったとすると、この日は月齢 二・四の大潮(ハーンの記載の十日では月齢 五・四の中潮)であるから、館長時間までは分からぬものの、干潮時なら有意に高い仰角視認高度になった可能性はある。

「龜ノ子石」本文で分かる通り、漁師たちが暗礁を呼ぶ一般名詞。

「三瓶山」既出既注

「三十尋」約五十四・五五メートル。

「捷徑」「せふけい(しょうけい)」と読む。近道のこと。

「一千碼」「碼」は「ヤード」と読む。一ヤードは九十一センチメートルであるから、九百十四・四メートル。次注参照のこと。

「文島又は御經ケ島」はそれぞれ「ふみじま」「おきやうがしま(おきょうがしま)」と読む。現行の国土地理院の地図では漢字表記「経島」で「ふみじま」と読んでいる。しかし地図上で見ても、島の真西の海岸から島の西端まで計測しても三百メートルもない。この経島が見えてくる鼻の先から真北に測ってみても七百メートルほどでここも目測が大き過ぎる。というより、まさに実見した際の、強烈な奇景に圧倒されたハーンの心内距離であったと考えると腑に落ちる。また、前の「三百尺から六百尺」の注の大潮記載も参考にされたい。

「百尺」三〇・三メートル。現行、国土地理院の地図上のレーザ計測では高いところで標高十七メートル弱である。また、前の「三百尺から六百尺」の注の大潮記載も参考にされたい。

「乾衣臺」原文“our clothes-horses”“clothes horse”とは英和辞典によると、室内で洗濯した衣服を掛けて乾かすための自立タイプのスタンド、物干し掛け、を指す。“clothes drying stand”“drying rack”ともいう。

「烏賊」時期的に見てそろそろ終わりではあるが、日本海側では旬であることから「夏イカ」とも呼ばれる頭足綱鞘形亜綱十腕形上目ツツイカ目スルメイカ亜目アカイカ科スルメイカ亜科スルメイカ Todarodes pacificus か。島根県では「シマメイカ」「サルイカ」など呼ばれる。

「五分」約一・五センチメートル。]

 

 

Chapter Twelve At Hinomisaki

KITZUKI, August 10, 1891.

MY Japanese friends urge me to visit Hinomisaki, where no European has ever been, and where there is a far-famed double temple dedicated to Amaterasu-oho-mi-Kami, the Lady of Light, and to her divine brother Take-haya-susa-no-wo-no-mikoto. Hinomisaki is a little village on the Izumo coast about five miles from Kitzuki. It maybe reached by a mountain path, but the way is extremely steep, rough, and fatiguing. By boat, when the weather is fair, the trip is very agreeable. So, with a friend, I start for Hinomisaki in a very cozy ryosen, skilfully sculled by two young fishermen.

Leaving the pretty bay of Inasa, we follow the coast to the righta very lofty and grim coast without a beach. Below us the clear water gradually darkens to inky blackness, as the depth increases; but at intervals pale jagged rocks rise up from this nether darkness to catch the light fifty feet under the surface. We keep tolerably close to the cliffs, which vary in height from three hundred to six hundred feet their bases rising from the water all dull iron-grey, their sides and summits green with young pines and dark grasses that toughen in sea- wind. All the coast is abrupt, ravined, irregularcuriously breached and fissured. Vast masses of it have toppled into the sea; and the black ruins project from the deep in a hundred shapes of menace. Sometimes our boat glides between a double line of these; or takes a zigzag course through labyrinths of reef-channels. So swiftly and deftly is the little craft impelled to right and left, that one could almost believe it sees its own way and moves by its own intelligence. And again we pass by extraordinary islets of prismatic rock whose sides, just below the water-line, are heavily mossed with seaweed. The polygonal masses composing these shapes are called by the fishermen 'tortoise-shell stones.' There is a legend that once Oho-kuni-nushi-no-Kami, to try his strength, came here, and, lifting up one of these masses of basalt, flung it across the sea to the mountain of Sanbeyama. At the foot of Sanbe the mighty rock thus thrown by the Great Deity of Kitzuki may still be seen, it is alleged, even unto this day.

More and more bare and rugged and ghastly the coast becomes as we journey on, and the sunken ledges more numerous, and the protruding rocks more dangerous, splinters of strata piercing the sea-surface from a depth of thirty fathoms. Then suddenly our boat makes a dash for the black cliff, and shoots into a tremendous cleft of itan earthquake fissure with sides lofty and perpendicular as the walls of a canon-and lo! there is daylight ahead. This is a miniature strait, a short cut to the bay. We glide through it in ten minutes, reach open water again, and Hinomisaki is before us-a semicircle of houses clustering about a bay curve, with an opening in their centre, prefaced by a torii.

Of all bays I have ever seen, this is the most extraordinary. Imagine an enormous sea-cliff torn out and broken down level with the sea, so as to leave a great scoop-shaped hollow in the land, with one original fragment of the ancient cliff still standing in the middle of the gap a monstrous square tower of rock, bearing trees upon its summit. And a thousand yards out from the shore rises another colossal rock, fully one hundred feet high. This is known by the name of Fumishima or Okyogashima; and the temple of the Sun-goddess, which we are now about to see, formerly stood upon that islet. The same appalling forces which formed the bay of Hinomisaki doubtless also detached the gigantic mass of Fumishima from this iron coast.

We land at the right end of the bay. Here also there is no beach; the water is black-deep close to the shore, which slopes up rapidly. As we mount the slope, an extraordinary spectacle is before us. Upon thousands and thousands of bamboo framesshaped somewhat like our clothes-horsesare dangling countless pale yellowish things, the nature of which I cannot discern at first glance. But a closer inspection reveals the mystery. Millions of cuttlefish drying in the sun! I could never have believed that so many cuttlefish existed in these waters. And there is scarcely any variation in the dimensions of them: out of ten thousand there is not the difference of half an inch in length.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (一二) / 第十一章~了 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十二章 日ノ御崎にて (二) »