フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十四章 八重垣神社 (三) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十四章 八重垣神社 (五) / 第十四章~了 »

2015/10/10

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十四章 八重垣神社 (四)

       四

 

 廣い神主の屋敷で、須佐之男命と稻田姫が、八重垣の雲に包なれた繪と共に、珍らしい御札や御守が賣られる。繪の上には社名の起原である八雲立つの歌も書いてある。御守には色々あるが、極く面白いのは出雲八重垣神社緣結御雛と題したのである。この漢字を書いて此印を捺した長方形の折紙は、戀をしてゐる人だけが買ふので、また唯願通り夫婦にするだけしか請合はない。折紙の中には古代の衣裳を着けた、夫婦の形をした非常に小さな二つの雛人形が入つてゐて、小さな妻は小さな夫の胸へ、長い袖をつけた腕で抱かれてゐる。この御守を買つた男でも女でも、自分が愛した人と結婚成就の曉には、御守を返納せねばならない。前にいつた通り、この御守は二人を娶はす以上のことは保證しないと信じられてゐる。それから後の成行に關しては、責任を帶びない。永遠渝らぬ愛情を希ふ者は今一つの連理玉椿愛興御祈禱御守と題したのを戴かねばならぬ。この靈符は愛情の温さを一定不易の度合に維持して行くに違ひない。この中には、ただ前に云つた珍らしい雙幹の玉椿の葉が一枚入つてゐる。

 これから神聖な森、即ち八重垣の奧の院へ行く。

 

[やぶちゃん注:「御雛」「おんひな」。

「請合はない」「うけあはない」。

「成行」「なりゆき」。

「愛興」「あいきよう(あいきょう)」。]

 

 

Sec. 4

At the spacious residence of the kannushi some very curious ofuda and o- mamori—the holy talismans and charms of Yaegaki—are sold, together with pictures representing Take-haya-susa-no-wo-no-mikoto and his bride Inada-hime surrounded by the 'manifold fence' of clouds. On the pictures is also printed the august song whence the temple derives its name of Yaegaki-jinja,—'Ya kumo tatsu Idzumo ya-he-gaki.' Of the o-mamori there is quite a variety; but by far the most interesting is that labelled: 'Izumo-Yaegaki-jinja-en-musubi-on-hina' August wedlock— producing 'hina' of the temple of Yaegaki of Izumo. This oblong, folded paper, with Chinese characters and the temple seal upon it, is purchased only by those in love, and is believed to assure nothing more than the desired union. Within the paper are two of the smallest conceivable doll-figures hina, representing a married couple in antique costume— the tiny wife folded to the breast of the tiny husband by one long- sleeved arm. It is the duty of whoever purchases this mamori to return it to the temple if he or she succeed in marrying the person beloved. As already stated, the charm is not supposed to assure anything more than the union: it cannot be accounted responsible for any consequences thereof. He who desires perpetual love must purchase another mamori labelled: 'Renri-tama-tsubaki-aikyo-goki-to-on-mamori' August amulet of august prayer-for-kindling-love of the jewel-precious tsubaki-tree-of- Union. This charm should maintain at constant temperature the warmth of affection; it contains only a leaf of the singular double-bodied camelliatree beforementioned. There are also small amulets for exciting love, and amulets for the expelling of diseases, but these have no special characteristics worth dwelling upon.

Then we take our way to the sacred grove—the Okuno-in, or Mystic Shades of Yaegaki.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十四章 八重垣神社 (三) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十四章 八重垣神社 (五) / 第十四章~了 »