フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十六章 日本の庭 (九) | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(22) 昭和二十二(一九四七)年 五十一句 »

2015/10/31

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(9)モース先生、茶の湯を習う

 私は茶の湯のこみ入った勉強を始め、日本人の組に加入した。先生の古筆氏は、私がこの芸術を習う最初の外国人だという。私が茶の湯を始めたという事実と、その時持ち出される陶器を素速く鑑定して茶の湯学校の爺さん達を吃驚させたという記事とが、新聞に出た。日本の新聞が、米国と同じく、あらゆる下らぬことや社交界の噂話等を聞き込むことは一寸奇妙に思われるが、これは要するに、人間の性質が、世界中どこへ行っても同じであることを示すものである。

[やぶちゃん注:「古筆氏」既注であるが再掲しておく。好古家として知られた古筆(こひつ)家第四代古筆了仲(りょうちゅう ?~明治二四(一八九一)年)。磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」の中で、丁度、この前後にモースは陶器蒐集や民具収集の過程で、この古筆了仲に逢っており、彼を『師として茶の湯も習ってもいる』とある。Chakurai 氏のブログ「なずなノート」のモースと茶のつながり「明治のこころ モースが見た庶民のくらし」江戸東京博物館 その3』に、『石州流茶道を茶人・古筆了仲(こひつりょうちゅう)から習い』、明治一六(一八八三)年二月に『離日する際に了仲が贈った茶杓も展示。モースは生涯その茶杓を手元に置いたのだそう。1センチほどの茶碗や高さ5センチの水指などままごとサイズの茶道具一式のセットもあり、お茶の側面からも面白みがあった。その守備範囲の広さ、ほんとすごい』。私はこの展覧会を見逃している。そこにはまさに本書でモースのスケッチしたものが数多く展示されていた(ネットの案内画像で確認)。実に実に慙愧の念に堪えぬ。]

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十六章 日本の庭 (九) | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(22) 昭和二十二(一九四七)年 五十一句 »