フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 民謠   立原道造 | トップページ | 燕の歌   立原道造 »

2015/10/10

憩らひ   立原道造

  憩(やす)らひ

   ―― 薊(あざみ)の花のすきな子に――

 

風は 或るとき流れて行つた

繪のやうな うすい綠のなかを

ひとつのたつたひとつの人の言葉を

はこんで行くと 人は誰でもうけとつた

 

ありがたうと ほほゑみながら

開きかけた花のあひだに

色をかへない靑い空に

鐘(かね)の歌に溢れ 風は澄んでゐた

 

気づかはしげな恥(はぢ)らひが

そのまはりを かろい翼で

にほひながら 羽ばたいてゐた……

 

何もかも あやまちはなかつた

みな獵人(かりうど)も盜人もゐなかつた

ひろい風と光の萬物(ばんぶつ)の世界であつた

 

 

[やぶちゃん注:底本は昭和六一(一九八六)年改版三十版角川文庫刊中村真一郎編「立原道造詩集」を用いた。「薊の花のすきな子」底本の中村氏の注によれば、道造の多くの『物語詩の中で「鮎」「アンリエット」と呼ばれている』少女、と断定されておられる。とすれば既注の関鮎子ということになる。但し、ネット上の諸評釈を見ると、これを別な女性とする見解も示されてある(例えば最後の恋人とされる水戸部アサイと道造の写真をこの詩篇を並べておられる方もおられる)。しかし、gbcm氏のブログ「Poet's Fairies」の立原道造と関鮎子を読むと、『彼の詩は主に軽井沢で知った幾人かの少女との短い交流を通して美しく結晶していくが、果たして彼は少女たちの内面や生活という、生身の存在に』果たしてどれほどの『関心を示した』のだろうか? と疑義を呈された上で、『「鮎の歌」を通読すると一層その疑念は深まる』と述べられ、『女優として美しかった北麗子(今井春枝)、ふくよかな人間味と意志の強さを感じさせる水戸部アサイ、そしてエリーザベトと呼ばれた横田姉妹、初恋の少女金田久子』(下線やぶちゃん)。『「おきゃんで、ひとりでいるときは思い切り寂しくなっていられる」「黄色を好む」弁護士の娘、関鮎子』といった道造と接触を持っ女性たちを挙げられた上で、『彼女たちと生活をともにしたいと真に立原が願ったとは到底思えない』と述べておられる。但し、gbcm氏は最後に『彼にとって絶対的存在であった架空の少女「アンリエット」』という女性『はほぼ関鮎子嬢であったと信じる。「愛しつくせないほど相互に愛し合っている(略)しかし彼女にはfianceがいる」と最初から別離を予定されていたこの関係は、おそらく、立原の思慕が一方的に強かった片恋に似た状態であったと推測する』。『麗子嬢ほど美しくはない。アサイ嬢ほど包容力もない。私が鮎子嬢の写真をみたのは1枚切りだが、彼女は明らかに聡明で、鋭敏で繊細な感受性を持っている、とらえどころのない女性であることがわかる』。『彼は無理矢理鮎子嬢と「アンリエット」を分離しようと試み、失敗した』。『彼の中で鮎子嬢は永遠の女性となるのであるが、それはあくまで芸術作品を創造する上での対象としての「愛」なのである』と結んでおられる。これ以上の「薊の花のすきな子」の注、否、あらゆる変名で道造の詩篇に面影を出す架空の女――芥川龍之介の称した謎の「月光の女」と同じである――についての注は、あるまいと私は思うのである。]

« 民謠   立原道造 | トップページ | 燕の歌   立原道造 »