フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ローズマリーの匂い | トップページ | 少し »

2015/10/16

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (一三)

        一三

 

 しかしまた二三の頗る愉快な形式の狐の神もある。

 例へば松江の非常に邊鄙な町――旅人は道に迷ふた場合以外は、行きさうにもない町――に、地行場(ちぎやうば)の稻荷には子供稻荷と呼ばれるのがある。それは極めて小さいけれども、また極めて有名である。最近一對の新しい石の狐が献納された。餘程大きくて、齒には金が塗られ、一種可笑しげな容貌を帶てゐる。これが門の兩側に坐つて、雄は顎を開いて齒を露出し、雌は愼ましやかに、口を閉ぢてゐる。

 

    註。この形式に唐獅子とか、柱や壁

    板に刻める登り龍、下り龍の如き、

    社寺の象徴的護衞の態度に對して、

    昔からの藝術的法則と見える。熊野

    神社では隨、身さへ、一方に口を開

    き、他方は口を閉ぢて、表現されて

    ゐる。

     かやうな二つの表象の區別の起原

    について、私が質問した時、若い佛

    教學者が告げた。この形の雄像は阿

    といふ音を發音し、口を閉ぢてゐる

    雌像は、呍といふ鼻音を發音してゐ

    る。阿と呍は希臘の字母のアルファ

    とオメガに相對して、即ち始と終を

    象徴してゐる。法華經に於て、佛陀

    もまたかやうに、宇宙の最始であり、

    最終であるものとして、且つ世界の

    父として、自身を啓示してゐる――

    婆伽梵神歌に於ける訖哩史那(クリ

    シユナ)の如く。

 

 境内には幾多の鼻や頭や足の損けた古い狐の像がある。二個の大きな唐獅子がある。その前へ奉納の草鞋が掛けてある。足の痛い人が唐獅子樣に平癒を祈願したのだ。それから荒神の祠もあつて、子供等の人形の遺骸を、澤山そこに置いてある。

 

    註。子供の人形や、人形の破損した

    のを荒神に與へるのであるが、一つ

    例外がある。男兒の節句に進物とし

    て男兒にいつも與へる書道及び學問

    の神の像は、破損した時には、荒神

    に與へないで、天神樣自神へ供へる。

    少くとも、それが松江の習慣である。

 

 地行場の稻荷社の格子戸には、八重垣神社と同じく、無數の小紙片が結ばれて、白くなつてゐる。紙片は祈願を意味する。しかしその祈願が特別で且つ珍らしいものだ。戸の左右と上方に、奇異な小さな奉納の繪が壁に貼つてある。それは大抵、子供が風呂槽に入つてゐる光景、又は子供が頭を剃つて貰ふ光景を描いてある。また一二枚は子供の遊戲せる畫もあつた。さて、是等の象徴と驚異を解釋すると、次の通りである――

 たしかに讀者が知る如く、日本の大人と同じやうに、日本の子供も毎日湯に浴せねばならぬ。また極小さな兒女の頭を剃ることも、習慣となつてゐる。しかし遺傳的忍耐と古い習慣を守らうとする強い固有の傾向にも關らず、幼兒の柔かな皮膚に取つては、剃刀も湯もなかなか堪へ難い。何となれば日本の湯は非常に熱いからである。(概して華氏百十度を下らない)――西洋の大人でも、それを辛抱すして、その衞生的價値を味得するには、徐々と馴れて行かねばならぬ。また日本の剃刀は、西洋のほど機械が完全でなく、また石鹼泡をも用ひないので、最も熟練な人が使用しないと、少々傷け易い。それから日本の兩親達は子供に對して暴虐でない。彼等は愛撫したり、賺かしたりする。滅多に強制したり、威嚇したりせぬ。だから、嬰兒が入浴に抵抗したり、剃刀に對して反抗する場合、兩親は全然窮境に陷るのだ。

 頭を剃るのと湯に浴ることを拒む子供を持つた兩親達は、地行場の稻荷樣に賴む事にする。稻荷樣がその使者を匹遣はし、子供を面白がらせ、頭を剃つたり、湯に入りたりする新生活に調和させ、從順で且つ幸福であるやうにして下さるやう祈願する。また子供が惡戲好きであるとか、或は病氣になつた場合にも、この稻荷樣にたよる。もし祈願成就の折は、聊かの献品をする――時としては、戸に貼附けてあるやうな、祈願の效果を描いた畫を捧げる。かやうな畫の數多いことと、また神社の繁昌から判斷すると、子供稻荷樣はたしかに、その評判に値ひするらしい。私がその境内で過ごした數分間にさへ、嬰兒を背負つた若い母が三人も、參詣してきて、祈願をかけ、献げ物をするのを私は見た。私は其内の一人の子供――非常に綺麗な子供――は、まだ一度も頭を剃られたことの無いのに氣がついた。これは明らかに頗る頑固な難物と見えた。

 

 地行場の稻荷からの歸途、私をそこへ案内して呉れた、下男が次の話をきかせた。彼の直ぐ隣りの人の息子、七歳になるのが、或る朝のこと、遊びに出でた限り、二日間見えなかつた。折々親類の内へ行つて、一兩日位泊まつてくることもあるので、最初は兩親もあまり不安に思はなかつた。しかし翌日の夕方、親類の内に來てゐないことがわかつたので、早速搜索にかかつた。が、搜索も、聞合せも無效に了はつた。すると、夜更けて、戸を叩く音が、その子供の家で聞えて、母は急いで出でて見ると、遊びに出でたいたづら兒は、地上にすやすや眠つてゐた。誰が戸を叩いたのか、それはわからなかつた。子供を呼び醒ますと、笑つて、語つていつた――彼が見えなくなつた朝、彼は殆ど同じ年配で、非常に美しい眼を有する子供に逢つた。その友達が彼を森の中へ誘つて、終日終夜とまた翌日も、珍らしい遊戲をして面白く遊んだ。しかし彼はたうとう眠たくなつたので、友達は彼を家へ送つてくれた。彼は空腹を感じなかつた。友達は明日また來るといふ約束をした。

 が、その不思議な友達は、決して來なかつた。またそのやうな樣子の子供も、近所にはなかった。畢竟それは、狐が少しばかり惡戲を演じてみようとしたのであつた。惡戲の相手となつた子供は、いつまでもその愉快な友達を慕つてゐた。

 

[やぶちゃん注:「地行場の稻荷には子供稻荷と呼ばれるのがある」「地行場」は一般名詞ではなく、固有名詞、地名である。現在も松江市雑賀町(さいかまち)地行場(ちぎょうば)として残る。元は何らかの特定の作業場であるように思われるが、不詳。識者の御教授を乞う。

「若い佛教學者」私は高い確率で真鍋晃であると思う。

「呍」「吽」に同じい。次注参照。

「阿と呍は希臘の字母のアルファとオメガに相對して、即ち始と終を象徴してゐる」ウィキの「阿吽によれば、サンスクリット語(a-hūṃ)の漢訳語で、仏教の呪文(真言)の一つ。『悉曇文字(梵字)において、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた』。『また、宇宙のほかにも、前者を真実や求道心に、後者を智慧や涅槃にたとえる場合もある』。『次いで、対となる物を表す用語としても使用された。特に狛犬や仁王、沖縄のシーサーなど、一対で存在する宗教的な像のモチーフとされた。口が開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)と言う』とある。

「婆伽梵神歌」「婆伽梵」は「ばがぼん」と読み、「薄伽梵」とも書き、梵語の漢訳で仏教では「如来一般」或いは「釈迦」を指すが、「聖婆伽梵神歌」とは梵語「バガバダ・キーダ」の漢訳で、古代インドの宗教的哲学的神話的叙事詩である「マハーバーラタ」(Mahābhārata)の一篇。

「訖哩史那(クリシユナ)」クリシュナ(Krishna:インド神話に登場する英雄でヒンドゥー教におけるヴィシュヌ神の第八の化身とされるもの)の漢訳。参照したウィキクリシュナによれば、古来よりインド絵画や『神像の題材となっており、その名はサンスクリットで意味は「すべてを魅了する方」「黒」を示し、青黒い肌の男性として描かれる』とあり、『クリシュナの行動を記録する最も初期の媒体は叙事詩『マハーバーラタ』である。この中でクリシュナは、ヤドゥ族の長ヴァスディーヴァの息子。バララーマの弟。ヴィシュヌの化身として主要人物の一人として登場する。その中の『バガヴァッド・ギーター』では主人公アルジュナの導き手として登場する。また『バーガヴァタ・プラーナ』ではクリシュナ伝説が集成されている。有名な愛人ラーダーとの恋については詩集『サッタサイー』が初出であり、ジャヤデーヴァの『ギータ・ゴーヴィンダ』はインド文学史上特に有名で』、『クリシュナにまつわる物語は数多』く、『幼児期や青春期の恋愛物語の主人公、英雄の導き手としてなどその立場は多種多様だが、根幹部分の設定は変わらない。インドでのクリシュナ人気は、非ヒンドゥー教の様々な逸話を吸収したことが大きい』とある。神話的事蹟はリンク先を参照されたい。

「華氏百十度」摂氏四十三・三度。

「賺かしたり」老婆心乍ら、「すかしたり」と訓ずる。]

 

 

Sec. 13

But there are some very pleasing forms of the Fox-God.

For example, there stands in a very obscure street of Matsue—one of those streets no stranger is likely to enter unless he loses his way—a temple called Jigyoba-no-Inari, [16] and also Kodomo-no-Inari, or 'the Children's Inari.' It is very small, but very famous; and it has been recently presented with a pair of new stone foxes, very large, which have gilded teeth and a peculiarly playful expression of countenance. These sit one on each side of the gate: the Male grinning with open jaws, the Female demure, with mouth closed. [17] In the court you will find many ancient little foxes with noses, heads, or tails broken, two great Karashishi before which straw sandals (waraji) have been suspended as votive offerings by somebody with sore feet who has prayed to the Karashishi-Sama that they will heal his affliction, and a shrine of Kojin, occupied by the corpses of many children's dolls. [18]

The grated doors of the shrine of Jigyoba-no-Inari, like those of the shrine of Yaegaki, are white with the multitude of little papers tied to them, which papers signify prayers. But the prayers are special and curious. To right and to left of the doors, and also above them, odd little votive pictures are pasted upon the walls, mostly representing children in bath-tubs, or children getting their heads shaved. There are also one or two representing children at play. Now the interpretation of these signs and wonders is as follows:

Doubtless you know that Japanese children, as well as Japanese adults, must take a hot bath every day; also that it is the custom to shave the heads of very small boys and girls. But in spite of hereditary patience and strong ancestral tendency to follow ancient custom, young children find both the razor and the hot bath difficult to endure, with their delicate skins. For the Japanese hot bath is very hot (not less than 110 degs F., as a general rule), and even the adult foreigner must learn slowly to bear it, and to appreciate its hygienic value. Also, the Japanese razor is a much less perfect instrument than ours, and is used without any lather, and is apt to hurt a little unless used by the most skilful hands. And finally, Japanese parents are not tyrannical with their children: they pet and coax, very rarely compel or terrify. So that it is quite a dilemma for them when the baby revolts against the bath or mutinies against the razor.

The parents of the child who refuses to be shaved or bathed have recourse to Jigyoba-no-Inati. The god is besought to send one of his retainers to amuse the child, and reconcile it to the new order of things, and render it both docile and happy. Also if a child is naughty, or falls sick, this Inari is appealed to. If the prayer be granted, some small present is made to the temple—sometimes a votive picture, such as those pasted by the door, representing the successful result of the petition. To judge by the number of such pictures, and by the prosperity of the temple, the Kodomo-no-Inani would seem to deserve his popularity. Even during the few minutes I passed in his court I saw three young mothers, with infants at their backs, come to the shrine and pray and make offerings. I noticed that one of the children—remarkably pretty— had never been shaved at all. This was evidently a very obstinate case.

While returning from my visit to the Jigyoba Inani, my Japanese servant, who had guided me there, told me this story:

The son of his next-door neighbour, a boy of seven, went out to play one morning, and disappeared for two days. The parents were not at first uneasy, supposing that the child had gone to the house of a relative, where he was accustomed to pass a day or two from time to time. But on the evening of the second day it was learned that the child had not been at the house in question. Search was at once made; but neither search nor inquiry availed. Late at night, however, a knock was heard at the door of the boy's dwelling, and the mother, hurrying out, found her truant fast asleep on the ground. She could not discover who had knocked. The boy, upon being awakened, laughed, and said that on the morning of his disappearance he had met a lad of about his own age, with very pretty eyes, who had coaxed him away to the woods, where they had played together all day and night and the next day at very curious funny games. But at last he got sleepy, and his comrade took him home. He was not hungry. The comrade promised 'to come to-morrow.'

But the mysterious comrade never came; and no boy of the description given lived in the neighbourhood. The inference was that the comrade was a fox who wanted to have a little fun. The subject of the fun mourned long in vain for his merry companion.

 

16 'In Jigyobamachi, a name signifying 'earthwork-street.' It stands upon land reclaimed from swamp.

17 This seems to be the immemorial artistic law for the demeanour of all symbolic guardians of holy places, such as the Karashishi, and the Ascending and Descending Dragons carved upon panels, or pillars. At Kumano temple even the Suijin, or warrior-guardians, who frown behind the gratings of the chambers of the great gateway, are thus representedone with mouth open, the other with closed lips.

On inquiring about the origin of this distinction between the two symbolic figures, I was told by a young Buddhist scholar that the male figure in such representations is supposed to be pronouncing the sound 'A,' and the figure with closed lips the sound of nasal 'N'- corresponding to the Alpha and Omega of the Greek alphabet, and also emblematic of the Beginning and the End. In the Lotos of the Good Law, Buddha so reveals himself, as the cosmic Alpha and Omega, and the Father of the World,like Krishna in the Bhagavad-Gita.

18 There is one exception to the general custom of giving the dolls of dead children, or the wrecks of dolls, to Kojin. Those images of the God of Calligraphy and Scholarship which are always presented as gifts to boys on the Boys' Festival are given, when broken, to Tenjin himself, not to Kojin; at least such is the custom in Matsue.

« ローズマリーの匂い | トップページ | 少し »