フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(18) 昭和十八(一九四三)年 九句 | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(20) 昭和二十(一九四五)年 一句 »

2015/10/22

橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(19) 昭和十九(一九四四)年 十句

 昭和十九(一九四四)年

 

柿すすり山家の秋のきはまりぬ

 

濤の音障子にふるるばかりなり

 

霜明くる瓦斯の焰のはげしくて

 

[やぶちゃん注:「焰」は底本の用字。]

 

寒梅や軍服の香ぞ吾子の香

 

祖母の雛戰嚴しき夜を在す

 

[やぶちゃん注:「在す」「おはす(おわす)」と読みたい。]

 

寒梅の花鮮らしや旅衣

 

經文の行間正し牡丹雪

 

鶯や居間の屛風もたゝまれぬ

 

わが住みて野邊の末黑に籬いまだ

 

[やぶちゃん注:「末黑」は「すぐろ」で、春の野焼きなどの後、草木が黒く焦げていること。また、その草木を指す。この年の五月、多佳子は大阪帝塚山から奈良市あやめ池南四丁目に疎開している。この「わが住みて」と詠み出したそれは、新しき住まいへの挨拶句とも読める。五月で「末黑」の春とやや季が気になるかも知れぬが、「末黑」は野焼きの跡、「後」であり、何より「信濃」の「住吉帝塚山より奈良西大寺の邊り菅原へ引移る 裏の松山へ登れば藥師寺の塔も見ゆ」という前書を持つ「菅原抄」に(当該部で既注であるが、多佳子の疎開先であった現在の「あやめ池南四丁目」は旧「菅原町」の一部が含まれており、「あやめ池町」全体が古くは「菅原」という名称で呼ばれていたと推定される)、


わが住みて野邊の末黑を簷のもと


の句を選んでいることからも間違いない。]

 

わが庭や末黑の雨のしぶきうつ

 

[やぶちゃん注:以上、『馬醉木』掲載分。この年の冬、次女国子の婚約者の堀内三郎が三重県の鈴鹿航空隊に入隊している(三郎は終戦後の内地帰還の途次に遭難してしまう)。多佳子、四十五歳。]

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(18) 昭和十八(一九四三)年 九句 | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(20) 昭和二十(一九四五)年 一句 »