フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(3) 昭和三(一九二八)年 四十六句 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第十五章 胎兒の發育(2) 二 顏 »

2015/10/02

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (八)

        八   七月二十五日 杵築にて

 

 大社では、今日は、學間の神、書道の神なる天神樣の毎年の祭だ。他所では廢れてゐるが、ここ杵築では、書聖の祭、即ち天神祭が依然として美しい古式によつて行はれる。社の外苑には、臨時の掛小屋が長く連つて、その中に習字の見本の、長い白い額が掛けてある。杵築の小學は銘々の傑作を展覽のため出したのだ。文句は漢字のみで、平假名や片暇名を用ひてゐない。また大抵孔孟の書から引用したのだ。

 私に取っては、この習字の陳列は驚くばかり美しいものと思はれた――實際殆ど奇蹟だ。すべて極めて幼い兒童の作品だからである。成程日本で書くといふ言葉は、また最高の藝術的意味に於ては、畫かくといふことをも表すのは尤ものことだ。私は甞て英國兒童に日本の習字を教へようと試みた成績を研究する機會を有した。是等の英國兒童達は、日本人の習字教師に教へを受けた。矢張り同じく初學者で、且つ同じ年齡の日本兒童と共に机を並べて習つた。しかし彼等はどうしても、日本の生徒のやうには書くことは出來なかつた。彼等の内部にある祖先傳來の傾向は、教師が筆を以て恰好のよい線畫の祕訣を教へようとする努力を無効に歸せしめた。日本の子供が書くのは、獨りで書くのではない。祖先の指が、彼の筆を動かし、彼の線畫を導くのだ。

 しかしこの書が私には美しく見えるものゝ、まだ私の日本人の伴れの賞讃を博するには至らなかつた。この人自身が餘程經驗ある教師なのだ。『大部分、頗る拙いものです』と彼は斷言した。私がまだこの十把一からげの批評に狙狽させられてゐる内に、彼は幾分小文字で書いた一つの額を私に指し乍ら、言葉を添へた。『あれだけは可なり立派です』

 『でも、あれは左程骨が折れなかつたでせう。非常に小さな文字です』と、私は敢て意見を述べた。

 『いや、文字の大小は、この問題に關係ありません』と、先生は私を遮つた。『恰好が要點です』

 『それなら、どうも私には合點しかねます。貴下が頗る拙いと仰せられるのが、私から見ると、極めて美しいと思はれます』

 『無論、あなたには解りませぬ』と批評家は答へた。『それがお解りになるまでには、多年の研究が要りませう。して、それでも――』

 『それでも?』

 『さうです。それでも、たゞ一部分しかお解りになりますまい』

 それから、私は習字の問題については、沈默を守ることにした。

 

[やぶちゃん注:「七月二十五日」「杵築」「大社では、今日は、學間の神、書道の神なる天神樣の毎年の祭」天神祭は現在でも出雲大社で行われており、「千家邸天満宮祭礼 天神祭」と呼んでいるようだが、日付は八月三日、四日(二〇一四年のネット上の画像に拠る)で、日付が全く合わない。既に最初に注したように、この章は理由は全く不明ながら、甚だしい時間的虚構・操作が全体に行われている模様である。そもそもが八雲会の「松江時代の略年譜」を見ると、この年、明治二四(一八九一)年に西田千太郎と杵築に出発して稲佐浜の養神館に投宿したのは、このクレジットの翌日である七月二十六日なのである。

「私の日本人の伴れ」西田千太郎。]

 

 

Sec. 8

KITZUKI, July 25th.

At the Oho-yashiro it is the annual festival of the God of Scholarship, the God of Calligraphy—Tenjin. Here in Kitzuki, the festival of the Divine Scribe, the Tenjin-Matsuri, is still observed according to the beautiful old custom which is being forgotten elsewhere. Long ranges of temporary booths have been erected within the outer court of the temple; and in these are suspended hundreds of long white tablets, bearing specimens of calligraphy. Every schoolboy in Kitzuki has a sample of his best writing on exhibition. The texts are written only in Chinese characters—not in hirakana or katakana-and are mostly drawn from the works of Confucius or Mencius.

To me this display of ideographs seems a marvellous thing of beauty— almost a miracle, indeed, since it is all the work of very, very young boys. Rightly enough, the word 'to write' (kaku) in Japanese signifies also to 'paint' in the best artistic sense. I once had an opportunity of studying the result of an attempt to teach English children the art of writing Japanese. These children were instructed by a Japanese writing- master; they sat upon the same bench with Japanese pupils of their own age, beginners likewise. But they could never learn like the Japanese children. The ancestral tendencies within them rendered vain the efforts of the instructor to teach them the secret of a shapely stroke with the brush. It is not the Japanese boy alone who writes; the fingers of the dead move his brush, guide his strokes.

Beautiful, however, as this writing seems to me, it is far from winning the commendation of my Japanese companion, himself a much experienced teacher. 'The greater part of this work,' he declares, 'is very bad.' While I am still bewildered by this sweeping criticism, he points out to me one tablet inscribed with rather small characters, adding: 'Only that is tolerably good.'

'Why,' I venture to observe, 'that one would seem to have cost much less trouble; the characters are so small.'

'Oh, the size of the characters has nothing to do with the matter,' interrupts the master, 'it is a question of form.'

'Then I cannot understand. What you call very bad seems to me exquisitely beautiful.'

'Of course you cannot understand,' the critic replies; 'it would take you many years of study to understand. And even then-,

'And even then?'

'Well, even then you could only partly understand.'

Thereafter I hold my peace on the topic of calligraphy.

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(3) 昭和三(一九二八)年 四十六句 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第十五章 胎兒の發育(2) 二 顏 »