フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (八) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (一〇) »

2015/10/14

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (九)

       九

 

 さて、狐の信仰は、人に影響するばかりでなく、財産にも影響する。それは出雲に於ける土地の價値に數十萬圓の影響を及ぼしてゐる。

 狐持ちと思はれる家の土地は、適當の價に賣ることが出來ない。世人がそれを買ふのを恐れる。狐が新しい所有主に損害を及ぼすかも知れぬと信ぜられてゐるからである。買主を求める困難は、山奧の方で、田が壇をなしてゐる場合に最も大きい かやうな場合の農作で緊要なのは灌漑である。いつも困難を排して、さまざまの巧妙なる工夫を施して水を引く。非常な渇水の季節には、百姓が水喧嘩をするに至ることもある。狐持ちの地面では、狐が甲の田から乙の田へ水を轉じたり、或は惡意のため、堤防に孔隙を作つて、作物を滅ぼしたりする危險がある。

 この奇異なる信仰を利用する、拔目のない人も往々ある。松江の一紳士で、新式の立派な農業家は十五年前に、狐の恐怖といふ點に見込をつけて、出雲の東部で誰人も手を出さない廣大なる田地を買つた。その土地は彼の耕作法によつて、潤澤なる收穫を見た外に、地價は六倍に及んだ。今日それを買却すれば、彼は巨富を握り得るだらう。彼の成功と、彼が政府の官吏であつたといふ事實が、迷夢を醒ました。しかし、耕作の成功のみでは、迷信の呪から土地を救ふことは出來なかつたであらう。彼が狐を追拂ひ得た力は、彼の官吏といふ資格に基いたものであつた。百姓に取つては、政府といふ語は、呪符である。實際、出雲で最も富み、最も成功せる農業家で、數十萬の財産を有する神門郡××村の○○さんは、殆ど一般の百姓から狐持ちと信ぜられてゐる。彼については珍らしい話が傳つてゐる。まだ貧乏であつた折、或る日森の中で白狐の子を發見したので、それを愛撫して、狐の好きな三種の食物――豆腐、油揚、小豆飯――を澤山與へたのだといふ人がある。また彼の家には、狐のために特別な座敷があつて毎月一囘、數百の人狐のために盛宴を行ふのだといふ人もある。しかし彼はすべてかやうな噂を一笑に附し得て餘裕綽々だ。彼は上品な人物で迷信の入り込まない教養ある社會では、餘程尊敬を受けてゐる。

 

[やぶちゃん注:以前に用いた、当時の一円を今日の八千七百円と換算するなら、十万でも八億七千万円、「數十萬」は想像を絶する。

「神門郡」「かんどぐん」と読む。最早、存在しない。明治一二(一八七九)年に行政区画として発足した当時の郡域は出雲市の一部と大田市の一部である(ウィキ神門郡に拠った)。この「神門」はそこに神の門を祀った「神門臣家(かんどのおみけ)」という由緒ある一族に基づくらしい。狐からは全く無関係乍ら(どうもこの辺り、旧時代の差別感覚が濃厚で注を附す気が実は失せているのである)、この一族、調べてみると非常に面白そうだ。]

 

 

Sec. 9

Now the belief in foxes does not affect persons only: it affects property. It affects the value of real estate in Izumo to the amount of hundreds of thousands.

The land of a family supposed to have foxes cannot be sold at a fair price. People are afraid to buy it; for it is believed the foxes may ruin the new proprietor. The difficulty of obtaining a purchaser is most great in the case of land terraced for rice-fields, in the mountain districts. The prime necessity of such agriculture is irrigation— irrigation by a hundred ingenious devices, always in the face of difficulties. There are seasons when water becomes terribly scarce, and when the peasants will even fight for water. It is feared that on lands haunted by foxes, the foxes may turn the water away from one field into another, or, for spite, make holes in the dikes and so destroy the crop.

There are not wanting shrewd men to take advantage of this queer belief. One gentleman of Matsue, a good agriculturist of the modern school, speculated in the fox-terror fifteen years ago, and purchased a vast tract of land in eastern Izumo which no one else would bid for. That land has sextupled in value, besides yielding generously under his system of cultivation; and by selling it now he could realise an immense fortune. His success, and the fact of his having been an official of the government, broke the spell: it is no longer believed that his farms are fox-haunted. But success alone could not have freed the soil from the curse of the superstition. The power of the farmer to banish the foxes was due to his official character. With the peasantry, the word 'Government' is talismanic.

Indeed, the richest and the most successful farmer of Izumo, worth more than a hundred thousand yen—Wakuri-San of Chinomiya in Kandegori—is almost universally believed by the peasantry to be a kitsune-mochi. They tell curious stories about him. Some say that when a very poor man he found in the woods one day a little white fox-cub, and took it home, and petted it, and gave it plenty of tofu, azukimeshi, and aburage—three sorts of food which foxes love—and that from that day prosperity came to him. Others say that in his house there is a special zashiki, or guest-room for foxes; and that there, once in each month, a great banquet is given to hundreds of Hito-kitsune. But Chinomiya-no-Wakuri, as they call him, canaffordto laugh at all these tales. He is a refined man, highly respected in cultivated circles where superstition never enters.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (八) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (一〇) »