フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (九) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (一一) »

2015/10/04

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (一〇)

       一〇

 

 こゝに讀者が日本の人形に關して、未だ聞いたことのないもののことを少しく語らう。――今話してゐた小さなお雛樣でなく、二歳乃至三歳の子供を現せる美しい等身大の人形だ。西洋の精巧な種類の人形よりは、ずつと安價に、また簡單に作られてゐるが、この玩具の赤兒は、日本の女兒がこれを操つるときには、遙かに一層面白いものとなる。かやうな人形は美裝を施されて、非常に實物らしく見える――小さな傾斜した眼、剃つた頭、微笑の趣など、眞に迫つてゐるので、具眼の人も欺かれるほどだ。だから澤山開港場で賣られる、日本風俗のお定まりの寫眞で、母親が背に負つてゐる常例の赤兒は、最もよく人形を使つて現してある。若し讀者がかやうな人形を見るとき、極めて近く眼の前へ差出されたにしても、それが日本の母親によつて、手を伸ばしたり、小さな露はな足を動かしたり、頭を廻はしたりさせられると、それはたゞの人形だと斷言するのを殆ど憚るだらう。精細に實物を檢した後でさへ、讀者はそれとともに獨りぼつちにされるのを、まだ幾分びくびくすることと私は想像する。その巧みな操つりやうの蠱惑は、素敵に強いのだから。

 また或る人形は、實際に生きてくるといふ信仰がある。

 昔はその信仰が現今ほど稀れではなかつた。或る人形は神樣にふさはしい尊敬を以て噂をされた。またその所有者は羨望の的であつた。かゝる人形は眞正の息子や、娘のやうに待遇され、定時の食物や、寢床や、夥しい美服など與へられ、また名も與へられる。女の人形ならば、お德さんとか、男の場合には德太郎とか命名される。人形を疎略にすれば、怒つて泣き、虐待をすれば、その家に不幸を齎すと考へられてゐた。加之、頗る高級の超自然的力を有するものと信ぜられてゐた。

 松江の武士の千石といふ家に、一個の德太郎さんがあつて、子供の生まれるやう祈願をかけて鬼子母神にも劣らぬほど、その邊では有名であつた。子の無い火婦はその人形を借りて、暫く預つて置き――それに奉仕して――それから、感謝して返却するときに、新しい着物を與へる。すべて、さうした人々は念願通り子供の親になつたといふことだ。『千石家の人形さんには魂がある』といつてゐた。甞てその家が火事で類饒した時、德太郎さんは自分から無事に庭へ駈け出したといふ傳説もある。

 かやうな人形に關する思想は、次の如く思はれる――新しい人形は、たゞ人形に過ぎないが、多年の間一家に保存されて、代年の子供等によつて愛され、一緒に遊ばれた人形は、次第に魂を獲てくる。私は可愛らしい日本の娘に尋ねた。『どうして人形は生きてゐるのです?』

 『充分愛すれば、生きます!』と彼女は答ヘた。

 これは、全く進化徑路中の神といふルナンの思想を、子供心で吐露したものに外ならないではないか?

    註。實際澤山の立派な人形は、多年

    一家に保存される。富家のお雛祭に

    祭られる優秀なるお雛樣は家寶とな

    つて傳へられる。人形は子供に損は

    すために與へるのではない。また日

    本の子供は滅多に人形を損はさない。

    私は出雲の知事邸に於ける人形の節

    句の際、百年も古い人形數個を見た

    ――古風な宮廷の服裝を着た可愛ら

    しい小像であつた。

 

[やぶちゃん注:「開港場」「かいかうぢやう(かいこうじょう)或いは「かいかうば(かいこうば)」と読む(私は個人的に後者で読みたい人種である)。条約や法令によって外国との貿易に使用することを許された特定の国内港を指し、安政五(一八五八)年の日米修好通商条約を初めとする安政五カ国条約によって貿易を前提とした開港場として箱館・神奈川(横浜)・新潟・兵庫(神戸)・長崎の「開港五港」が決められた。基本的に、そこに外国人居留地が設けられたのである(但し、長崎では明治九(一八七六)年に居留地の返還が行われ、横浜でも明治一〇(一八七七)年に日本側の行政権が一早く回復して事実上、撤廃されたものの、他の居留地は明治三二(一八九九)年まで継続して存在した)。

「日本風俗のお定まりの寫眞で、母親が背に負つてゐる常例の赤兒は、最もよく人形を使つて現してある」少し分かり難い訳であるが、これは「澤山開港場で賣られる」ところの日本風俗のお定まりの寫眞」の中でも特にしばしば目にする一枚に、「母親が背に負つてゐる常例の赤兒」のショットがあるがあれは、実は実際の生身の人間、母と赤ん坊ではなくて「最も」巧みに「人形を使つて」セットしたものを写して、それを売っているのである、というのである。そのものではないが、私が石川欣一氏の訳で電子化注を行っているE.S.モースの「日本その日その日」の原典“Japan day by day Edward S. Morse”に用いられいる赤子を背負った母の挿絵で面影を感じて戴ければ幸いである。画像は“Internet Archive”の同原典PDF版の分冊Volume1のものを、プリント・スキャンしてトリミングしたものである。キャプションは“JAPANESE WOMAN AND CHILD Watercolor by Bunzo Wtanabe, 1882とある)。

Japanese_woman_and_child

「千石」原文で分かるように「せんごく」と読むが、詳細不詳。

「進化徑路中の神といふルナンの思想」「ルナン」はフランスの宗教史家・思想家で、特に近代合理主義的観点に立って書かれたイエス・キリストの伝記「イエス伝」の著者として知られるジョゼフ・エルネスト・ルナン(Joseph Ernest Renan 一八二三年~一八九二年)のこと。彼の思想自体を認識していないのでこの謂いは不明と注しておく。なお、平井呈一氏は『進化の途上にある神に対するルナンの思想』と訳しておられる。ルナンの思想は分からないが、これなら勝手な半可通で、すんなり読める。

「出雲の知事」籠手田安定。既注。]

 

 

Sec. 10

Here let me tell you something you certainly never heard of before in relation to Japanese dolls—not the tiny O-Hina-San I was just speaking about, but the beautiful life-sized dolls representing children of two or three years old; real toy-babes which, although far more cheaply and simply constructed than our finer kinds of Western dolls, become, under the handling of a Japanese girl, infinitely more interesting. Such dolls are well dressed, and look so life-like—little slanting eyes, shaven pates, smiles, and all!—that as seen from a short distance the best eyes might be deceived by them. Therefore in those stock photographs of Japanese life, of which so many thousands are sold in the open ports, the conventional baby on the mother's back is most successfully represented by a doll. Even the camera does not betray the substitution. And if you see such a doll, though held quite close to you, being made by a Japanese mother to reach out his hands, to move its little bare feet, and to turn its head, you would be almost afraid to venture a heavy wager that it was only a doll. Even after having closely examined the thing, you would still, I fancy, feel a little nervous at being left alone with it, so perfect the delusion of that expert handling.

Now there is a belief that some dolls do actually become alive.

Formerly the belief was less rare than it is now. Certain dolls were spoken of with a reverence worthy of the Kami, and their owners were envied folk. Such a doll was treated like a real son or daughter: it was regularly served with food; it had a bed, and plenty of nice clothes, and a name. If in the semblance of a girl, it was O-Toku-San; if in that of a boy, Tokutaro-San. It was thought that the doll would become angry and cry if neglected, and that any ill-treatment of it would bring ill- fortune to the house. And, moreover, it was believed to possess supernatural powers of a very high order.

In the family of one Sengoku, a samurai of Matsue, there was a Tokutaro- San which had a local reputation scarcely inferior to that of Kishibojin —she to whom Japanese wives pray for offspring. And childless couples used to borrow that doll, and keep it for a time—ministering unto it— and furnish it with new clothes before gratefully returning it to its owners. And all who did so, I am assured, became parents, according to their heart's desire. 'Sengoku's doll had a soul.' There is even a legend that once, when the house caught fire, the TokutarO-San ran out safely into the garden of its own accord!

The idea about such a doll seems to be this: The new doll is only a doll. But a doll which is preserved for a great many years in one family, [5] and is loved and played with by generations of children, gradually acquires a soul. I asked a charming Japanese girl: 'How can a doll live?'

'Why,' she answered, 'if you love it enough, it will live!'

What is this but Renan's thought of a deity in process of evolution, uttered by the heart of a child?

 

5 As many fine dolls really are. The superior class of O-Hina-San, such as figure in the beautiful displays of the O-Hina-no-Matsuri at rich homes, are heirlooms. Dolls are not given to children to break; and Japanese children seldom break them. I saw at a Doll's Festival in the house of the Governor of Izumo, dolls one hundred years old-charming figurines in ancient court costume.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (九) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十一章 杵築のことゞも (一一) »