フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (九) | トップページ | 小さな墓の上に   立原道造 »

2015/10/14

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (一〇)

       一〇

 

 人狐が夜間に訪ねてきて、戸を叩くときは、その叩き方に一種の掩ひをかぶせたやうな音があるので、經驗ある耳には、狐だといふことがわかる。狐はその尾で戸を叩くからだ。戸を開けると、一人の男か、或は恐らくは美しい娘が居るだらう。して、その人物はたゞ途切れ途切れの言葉で挨拶をする。決して、完全に理解されるやうな言葉使ひをしない。狐は或る言葉の全部を發音する事が出來ない。たゞ一部分に止まる。例へば『西田さん』を『にし……さ……』、『とござります』を『でごず……』、『内ですか?』を『うち……で……?』といふ。それから、もし讀者が狐の友人であるときは、訪問者は何かの小さな進物を讀者に與へて、直ちに暗黑の中へ消え去る。その進物は何であらうとも、朝に及んでそれを見るよりも、夜間の方が遙かに大きく見えるだらう。狐の土産品は、たゞ一部分だけ眞實である。

 或る松江の士族が、一夜歸宅の途中母衣町を通りかかると、一匹の狐が數匹の犬に追はれて、一生懸命に走つてゐた。彼が傘で犬を擊返したので狐は脱する機會を得た。翌夜彼は誰かが戸を叩く音がして、開けて見ると、非常に綺麗な娘がそこに立つてゐた。彼女は『昨夕は若し御親切を受けませんでしたら、屹度死にましたのでせう。どう御禮を申上げてよろしいか存じません。これは誠に御粗末なものですが』と云つて、彼の足許へ小さな包を置いて去つた。彼が包を解いて見ると、二羽の美しい鴨と銀貨二枚――長い重い葉狀の貨幣で、一枚が十弗乃至二十弗の價を有し、今では古物蒐集家が熱心に探してゐるもの――が現れた。暫くすると、一枚の銀貨は彼の眼前で一片の草に變つた。他の一枚はいつまでも眞正のものであつた。

 松江の醫者、杉貞庵は或る夜臨産の場合に迎へられて、市外の白鹿山にある家へ行つた。下男が家紋の附いた提燈を携へて、彼を案内した。彼は堂々たる邸宅へ着し、鄭重なる接待を受けた。産婦は無事に天晴れ立派な男兒を生んだ。一家のものは醫者に對して、饗應至らざる處なく、澤山の金品をもつて彼を歸した。翌日彼は日本の作法に從つて、謝禮を陳べるために行つたが、その邸宅は見付からなかつた。實際、白鹿山には森の外、何もなかつた。家へ歸つてから、彼は再び黄金を調べてみた。いづれも眞正の貨幣であつたが、唯一枚は草と變つてゐた。

 

[やぶちゃん注:「母衣町」「ほろまち」と読む。松江城の東直近に現存する。

「長い重い葉狀の貨幣で、一枚が十弗乃至二十弗の價を有し、今では古物蒐集家が熱心に探してゐるもの」所謂、丁銀(ちょうぎん)であろうか。当時の一円を今日の八千七百円とし、一ドル二円換算するなら、十七万四千円から三十四万八千円である。因みに、ネット上の古銭サイトを見ると、元禄丁銀の上品で一枚七十三万円から八十三万円、安政丁銀の上品で一枚三万三千円である。

「杉貞庵」原文は音写すると「すぎてあん」。幕末の松江藩侍医に杉貞庵なる人物が実在している。磯部武雄氏の「松江藩の郷校について」(PDFファイル)を参照されたい。

「白鹿山」「しらがやま」と読むようである。松江市法吉町、松江城のほぼ北二・七キロメートルに位置する標高百五十四メートルの山である。Houshizaki 氏のサイト「中国地方の登山紀行 法師崎のやまある記」の「白鹿山(しらがやま)島根県松江市」を参照されたい(写真豊富)。]

 

 

Sec. 10

When a Ninko comes to your house at night and knocks, there is a peculiar muffled sound about the knocking by which you can tell that the visitor is a fox—if you have experienced ears. For a fox knocks at doors with its tail. If you open, then you will see a man, or perhaps a beautiful girl, who will talk to you only in fragments of words, but nevertheless in such a way that you can perfectly well understand. A fox cannot pronounce a whole word, but a part only—as 'Nish . . . Sa. . .' for 'Nishida-San'; 'degoz . . .' for 'degozarimasu, or 'uch . . . de . .?' for 'uchi desuka?' Then, if you are a friend of foxes, the visitor will present you with a little gift of some sort, and at once vanish away into the darkness. Whatever the gift may be, it will seem much larger that night than in the morning. Only a part of a fox-gift is real.

A Matsue shizoku, going home one night by way of the street called Horomachi, saw a fox running for its life pursued by dogs. He beat the dogs off with his umbrella, thus giving the fox a chance to escape. On the following evening he heard some one knock at his door, and on opening the to saw a very pretty girl standing there, who said to him: 'Last night I should have died but for your august kindness. I know not how to thank you enough: this is only a pitiable little present. And she laid a small bundle at his feet and went away. He opened the bundle and found two beautiful ducks and two pieces of silver money—those long, heavy, leaf-shaped pieces of money—each worth ten or twelve dollars— such as are now eagerly sought for by collectors of antique things. After a little while, one of the coins changed before his eyes into a piece of grass; the other was always good.

Sugitean-San, a physician of Matsue, was called one evening to attend a case of confinement at a house some distance from the city, on the hill called Shiragayama. He was guided by a servant carrying a paper lantern painted with an aristocratic crest. [13] He entered into a magnificent house, where he was received with superb samurai courtesy. The mother was safely delivered of a fine boy. The family treated the physician to an excellent dinner, entertained him elegantly, and sent him home, loaded with presents and money. Next day he went, according to Japanese etiquette, to return thanks to his hosts. He could not find the house: there was, in fact, nothing on Shiragayama except forest. Returning home, he examined again the gold which had been paid to him. All was good except one piece, which had changed into grass.

 

13 All the portable lanterns used to light the way upon dark nights bear a mon or crest of the owner.

 

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十五章 狐 (九) | トップページ | 小さな墓の上に   立原道造 »