フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(20) 昭和二十(一九四五)年 一句 | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(21) 昭和二十一(一九四六)年 八句 »

2015/10/23

今朝見た塹壕にて数学を解く夢

僕は第一次世界対戦の欧州戦線の塹壕の中にいるフランス兵である。
塹壕の中には誰もいない。
いや、有刺鉄線の彼方の敵陣も光なく銃声も聴こえない。
濃い白い霧が立ち込めている。
僕は塹壕の中で古びて黄色くなったザラ紙を広げている。
それは四十年も前の大学の一般教養の「数学」の問題だ。
僕はそれを懸命に解いている。
それが解けないと大学は卒業出来ないのだ。
暁が近い――

   *

僕は大学の教室で同じ数学の問題を解いている。
そこに数少なかった大学時代の友だちが三人心配して励ましに来た。
僕は黙ったまま頷いて謝意を示した。
試験が始まるらしい――

   *

大学から渋谷に向う裏道を抜けて独り歩いている僕の淋しい後姿が見える。
周囲には誰もいない。
数学の試験は全く解けなかったらしい。
晩秋であった――

[やぶちゃん注:最初のシークエンスはドリュウ・ラ・ロシェルの日記中にあった『僕はヴェルダンの戦線で、降り注ぐ砲弾の中にあっても、弾帯に隠した安物の、パスカルの死についての書物を、形而上学的な努力を払って読もうとした』という一節に基づくものであろう。ここはモノクロの映画の印象が痛烈で、寧ろ、かの知られたルイス・マイルストンの「西部戦線異状なし」(1930年アメリカ)の哀しいのラストの雰囲気に酷似していた。
なお、僕は大学の一般教養の「数学」は選択していない。小学校の算数から高校の数学まで一貫して私は最も苦手とし、高三の時には人生で唯一の零点を頂戴しているくらいである。
最後のそれは言うなら、浅川マキの「グッド・バイ」が流れていそうなシーンだった。]

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(20) 昭和二十(一九四五)年 一句 | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(21) 昭和二十一(一九四六)年 八句 »