フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十四章 八重垣神社 (五) / 第十四章~了 | トップページ | 豫後   立原道造 »

2015/10/10

夏の旅   立原道造

  夏の旅

 

   Ⅰ 村はづれの歌

 

咲いてゐるのは みやこぐさ と

指に摘んで 光にすかして教へてくれた――

右は越後(えちご)へ行く北の道

左は木曾へ行く中仙道(なかせんだう)

私たちはきれいな雨あがりの夕方に ぼんやり空を眺めて佇(たたず)んでゐた

さうして 夕やけを背にしてまつすぐと行けば 私のみすぼらしい故里の町

馬頭觀世音(ばとうくわんぜおん)の叢(くさむら)に 私たちは生れてはじめて言葉をなくして立つてゐた

 

   Ⅱ  山羊(やぎ)に寄せて

 

小さな橋が ここから村に 街道は入るのだと告げてゐる

その傍(そば)の槇(まき)の木のかげに 古びて黑い家……そこの庭に

繫(つな)がれてある老いた山羊 可哀さうな少年の優しい歡(よろこ)びのやうに

誰かれにとなく ふるへる聲で答へてゐる山羊――

いつもいつも旅人は おまへの方をちらりと見てすぎた

 

   Ⅲ  田舍歌

 

村中でたつたひとつの水車小屋は

夏が來て 屋根を葺(ふ)きかへた

一日たのしい唄をうたつて飽(あ)きない

あの水車小屋は何をしてゐるのだらう

小川よ 太陽よ おまへらの緩(ゆる)い歩みにしらべあはせて

あの水車小屋は何をまはつてゐるのだらう

 

   Ⅳ  憩(いこ)ひ――I・Tへの私信

 

昔むかし僕が夢を美しいと信じた頃、夢よりも美しいものは世になかつた。しかし夢よりも美しいものが今日僕をとりかこんでゐるといつたなら、それはどんなにしあはせだらうか。信濃(しなの)高原は澄(す)んだ大氣のなかにそばが花咲き、をすすきの穗がなびき、遠い山肌(やまはだ)の皺(しわ)が算(かぞ)へられ、そのうへ靑い靑い空には、信じられないやうな白い美しい雲のたたずまひがある。わづかな風のひびきに耳をすましても、それがこの世の正しい言葉をささやいてゐる。さうして僕は、心に感じてゐることを僕の言葉で言ひあらはさうとはもう思はない。何のために、ものを言ひ、なぜ訊(き)くのだらう。あんなことを一しやう懸命(けんめい)に考へることが、どこにあるのだらう。Tよ、かうしてゐるのはいい氣持。はかり知れない程、高い空。僕はこんなにも小さい、さうしてこんなにも大きい。

 

   Ⅴ  墓地(ぼち)の方

 

霧のふかい小徑(こみち)を よくひびく笑ひ聲が僕を誘(さそ)つた はじめての林の奧に白樺の木のほとりで――ああ 僕のメエルヘン! (梢(こずゑ)は 風に飛ぶ雲の歌をうたつてゐる)

薊の花のすきな子であつたが 知らぬ間に僕の悲哀を育ててゐた

みちみち秋草の花を手折りながら

歸るさ ひとりの哀しい墓に 憂ひの記念(かたみ)に

僕らは 手にした花束を苔(こけ)する石に飾つて行つた――

 

   Ⅵ  夏の死

 

夏は慌(あわただ)しく立ち去つた

また新しい旅に

 

私らはのこりすくない日數をかぞへ

火の山にかかる雲・霧を眺め

うすら寒い宿の部屋にゐた それも多くは

何氣(なにげ)ない草花の物語や町の人たちの噂(うはさ)に時をすごして

 

或る霧雨の日に私は停車場にその人を見送つた

 

村の入口では つめたい風に細(こま)かい落葉松が落葉してゐた

しきりなしに……部屋數のあまつた宿に 私ひとりが

所在(しよざい)ないあかりの下に その夜から いつも便(たよ)りを書いてゐた

 

   Ⅶ  旅のをはり

 

昨夜 月の出を見たあの月が

晝間の月になつて 朝の空に浮んでゐる

鮮(あざ)やかな群靑(ぐんじやう)は空にながれ

それが散つては白い雲に またあの月になつたと

幾たびかふりかへり見 幾たびかふりかへり見

旅人は 空を仰いで のこして來た者に 盡きない恨(うら)みを思つてゐる

限りないかなしい噓(うそ)を感じてゐる

 

 

[やぶちゃん注:底本は昭和六一(一九八六)年改版三十版角川文庫刊中村真一郎編「立原道造詩集」を用いた。同底本注には、「村はずれ」を軽井沢『追分宿はずれの中仙道と北国道の岐(わか)れ路。馬頭観世音と書かれた碑が北国道添い草むらの中にある。Ⅰは物語詩「鮎の歌」の一部に使われている』とある。

●Ⅰ

「みやこぐさ」マメ目マメ科マメ亜科ミヤコグサ連ミヤコグサ Lotus japonicus グーグル画像検索「Lotus japonicus

「馬頭觀世音」観世音菩薩の化身であるが、一般には忿怒相の人身で頭が馬のもの、馬の頭を頭飾りとして戴くもの、三面八臂や四面八臂などのヴァリエーションが多い。馬の頭は諸々の悪魔悪鬼を調伏する力を象徴しており、煩悩を断つ功徳を持つとされる。但し、馬の具象性から、荷馬・農耕馬の無病息災の守り神として古くから信仰された。中軽井沢の追分には複数の馬頭観音が立つが、単純な碑、磨滅したものなど、それほどおどろおどろしいものではない。私は遠い昔、七、八歳の少年の頃にここを訪れている。

●Ⅱ

「繫がれてある老いた山羊 可哀さうな少年の優しい歡びのやうに/誰かれにとなく ふるへる聲で答へてゐる山羊――」私はこの一節がたまらなく好きだ。小学校に二年生の夏、母の実家である大隅半島の中央、岩川を訪れた時、その一夏の僕の友だちは祖父の歯科医院の隣りのクリーニング屋の同い年の少年と、近くの農家の白い幼い牡羊だった。

●Ⅳ

表記通り、冒頭には一字下げがない。

「I・T」不詳。年譜を見る限り、親しい詩人だけでも同イニシャルの人物が複数いる。

●Ⅴ

「薊の花のすきな子」道造には憩(やす)らひ―― 薊(あざみ)の花のすきな子に――という一篇がある。本篇の女性には確かに以前の注で示した、道造が最も愛した黄色い花を好む弁護士の娘関鮎子の面影が髣髴としてくるようには思われる。

●Ⅶ

「幾たびかふりかへり見 幾たびかふりかへり見/旅人は 空を仰いで のこして來た者に 盡きない恨みを思つてゐる/限りないかなしい噓を感じてゐる」このコーダは限りなく哀しく美しい、そして且つ、帆柱の折れた失恋者の、永遠の真理である。]

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十四章 八重垣神社 (五) / 第十四章~了 | トップページ | 豫後   立原道造 »