フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十三章 心中 (一) | トップページ | 雨の言葉   立原道造 »

2015/10/08

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十三章 心中 (二)

       二

 

 これらの戀人達の自殺は、心中または情死と名づけられてゐる――心の死、情の死、愛の死を意味する。それは女の場合では大部分、女郎の階級に於て行はれる。が、折々相當に立派な階級の娘の中で起こることもある。若し女郎屋の抱へ女の中で、一つの心中があると、必ず更に二つ起こるといふ宿命的信仰がある。屹度この信仰そのものが原因となつて、往々三つの心中が續いて起こるのだ。

 家族が窮乏の極に瀕した際、自分から進んで恥辱の生活へ身を賣る哀れな娘達が、日本に於ては、(歐洲人の罪惑と殘忍が、風俗を壞亂する力となつてゐる開港場を除けば)西洋に於ける彼等の同胞姉妹ほど墮落の淵に落ちない。實際多くのものは、彼等の恐ろしい苦役の期間を通じて、かゝる狀態の下では、哀れにもまた異常と思はれるほどに、上品な風采、優雅な感情と生來の温淑を維持してゐる。

 

 つい昨日のこと、一つの心中沙汰がこの靜かな市を愕然たらしめた。灘町といふ町の醫師の下男が、夜明けの後暫くしてから、主人の息子の室へ上つて見ると、若主人が娘を抱いて共に死んで心るのを發見した。この息子は勘當を受けてゐたのであつた。娘は女郎であつた。昨夜彼等の葬式が行はれたが、一緒には葬られなかつた。それは、父親がかやうな事件の起こつたことを悲しむと共に、また立腹したからであつた。

 女の名はおかねといつた。彼女は人並優れて美しく、また非常に温順であつた。して、皆の話によれば、樓主はかやうな醜い商賣柄には珍らしいほど親切に、彼女を遇してゐたらしい。父は死んで、一家は無一物となつたので、彼女は母と幼妹のために身を賣つたのだ。それは彼女の十七歳の時であつた。樓主の許へ來てから一年も經たぬ内に、その靑年に逢つた。彼等は忽ち一所懸命の戀に陷つた。實に怖ろしい破目になつたものである。何となれば彼等は到底夫婦となり得る望みはなかつたからだ。靑年はまだ息子といふ特權を許されてゐたが、彼よりも品行着實なる養弟のために、廢嫡の身となつてゐた。不幸なる男女は互の逢瀨を樂しひために、所有金を悉く使ひ果たし、女は自分の衣類をさへ賣却したのであつた。いよいよ最後に、夜が更けてから、彼等は窃かに醫師の家で會合し、劇藥を仰ぐとともに、永遠の眠に就いた。

 私は女の葬列が、提燈の光り――微かな靑白い燐光のやうな――によつて、寺町の方ヘ道を縫つて行くのを見た。白い頭巾をかぶり、白い衣をつけ、白い帶をしめた女達の長い一列が、ひつそりと音を立てずに續いて通つて行つた――幽靈の一群のやうに。

 丁度かやうに、佛教の下界の想像畫に於ては、冥途へ行く暗黑の中を、白い亡靈が――亡靈のはてしなき行列――が飛んでゐる。

 

[やぶちゃん注:このエンディングの映像も一読、忘れ難い。

「灘町」現在の島根県松江市灘町(なだまち)。宍道湖大橋南詰を中心とした宍道湖西湖畔。

「灘町といふ町の醫師の」「息子」「若主人」この男は次の「三」で、示された心中したおかねさんの楼主へ宛てた遺書によって、「田代」姓であることが判明する。]

 

 

Sec. 2

These suicides of lovers are termed 'joshi' or 'shinju'—(both words being written with the same Chinese characters)-signifying 'heart- death,' 'passion-death,' or 'love-death.' They most commonly occur, in the case of women, among the joro [2] class; but occasionally also among young girls of a more respectable class. There is a fatalistic belief that if one shinju occurs among the inmates of a joroya, two more are sure to follow. Doubtless the belief itself is the cause that cases of shinju do commonly occur in series of three.

The poor girls who voluntarily sell themselves to a life of shame for the sake of their families in time of uttermost distress do not, in Japan (except, perhaps, in those open ports where European vice and brutality have become demoralising influences), ever reach that depth of degradation to which their Western sisters descend. Many indeed retain, through all the period of their terrible servitude, a refinement of manner, a delicacy of sentiment, and a natural modesty that seem, under such conditions, as extraordinary as they are touching.

 
Only yesterday a case of shinju startled this quiet city. The servant of a physician in the street called Nadamachi, entering the chamber of his master's son a little after sunrise, found the young man lying dead with a dead girl in his arms. The son had been disinherited. The girl was a joro. Last night they were buried, but not together; for the father was not less angered than grieved that such a thing should have been.

Her name was Kane. She was remarkably pretty and very gentle; and from all accounts it would seem that her master had treated her with a kindness unusual in men of his infamous class. She had sold herself for the sake of her mother and a child-sister. The father was dead, and they had lost everything. She was then seventeen. She had been in the house scarcely a year when she met the youth. They fell seriously in love with each other at once. Nothing more terrible could have befallen them; for they could never hope to become man and wife. The young man, though still allowed the privileges of a son, had been disinherited in favour of an adopted brother of steadier habits. The unhappy pair spent all they had for the privilege of seeing each other: she sold even her dresses to pay for it. Then for the last time they met by stealth, late at night, in the physician's house, drank death, and laid down to sleep for ever.

I saw the funeral procession of the girl winding its way by the light of paper lanterns—the wan dead glow that is like a shimmer of phosphorescence—to the Street of the Temples, followed by a long train of women, white-hooded, white-robed, white-girdled, passing all soundlessly—a troop of ghosts.

So through blackness to the Meido the white Shapes flit-the eternal procession of Souls—in painted Buddhist dreams of the Underworld.

 

2 Joro: a courtesan.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第十三章 心中 (一) | トップページ | 雨の言葉   立原道造 »