フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十一章 日本海に沿うて (一〇) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十一章 日本海に沿うて (十二) / 第二十一章~了 »

2015/11/25

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十一章 日本海に沿うて (十一)

       一一

 

 晩飯も風呂もすんだが、餘り暑くてねられないから、獨りで村の墓地を見に出かける、その墓地は砂丘の上にある長い墓地である。砂丘と云ふよはむしろ砂の山で、頂上だけ少し土に蔽はれて居るが、その崩れかけて居る側面を見ると今日の汐よりもつと巨大な古代の汐で創造された歷史を物語つて居る。

 墓地に達するために膝まで砂を渡る。大きなそよ風の吹く暖い月夜である。盆の燈籠は澤山あるが、海の風は大概の火を吹き消した、ただあそこ、ここに極めて僅かな火が柔ら かな白い光を投げて居る、――綺麗な社(ヤシロ)がたの、何かの象徴の形のすきの間のある木の箱に白い紙をはつた燈籠である。時刻はおそいから私の外に人はゐない。しかし今日はここで餘程心づくしの仕事が行はれたわけである、凡て竹の筒には新しい花や小枝が挿され、水鉢には新しい水が滿たされ、墓石は淸められて綺麗になつてゐたからてある。それから墓地の一番奧の隅に、一つの甚だ質素な墓の前に、完全な小さい日本の美味を盛つた皿や椀をのせた美しい膳を私は見つける。それから新しい箸と小さい茶の碗がある、御馳走のうちには未だ暖いのもある。愛情のこもつた女の仕事である、その小さい草履の跡は路の上に未だあざやかに殘つて居る。

 

[やぶちゃん注:あなたは夜の墓地を純粋に味わうために見に行ったことがあるか?――私はある。であ、今一度書きたい。――かつて二十三の時、私は神津島を訪れたことがある……神津島では誰の墓とも分からなくなった壊えた墓石に至るまで、毎日毎日、美しい色とりどりの花を老婆たちが供えていたのだった……私は深夜に独り、その瑞々しい花々に包まれた墓地を訪ねた……それは……不思議な……あの世の楽園……そのものであった……]

 

 

.

   After the supper and the bath, feeling too warm to sleep, I wander out alone to visit the village hakaba, a long cemetery upon a sandhill, or rather a prodigious dune, thinly covered at its summit with soil, but revealing through its crumbling flanks the story of its creation by ancient tides, mightier than tides of to-day.

   I wade to my knees in sand to reach the cemetery. It is a warm moonlight night, with a great breeze. There are many bon-lanterns (bondōrō), but the sea-wind has blown out most of them; only a few here and there still shed a soft white glow,— pretty shrine-shaped cases of wood, with apertures of symbolic outline, covered with white paper. Visitors beside myself there are none, for it is late. But much gentle work has been done here to-day, for all the bamboo vases have been furnished with fresh flowers or sprays, and the water basins filled with fresh water, and the monuments cleansed and beautified. And in the farthest nook of the cemetery I find, before one very humble tomb, a pretty zen or lacquered dining tray, covered with dishes and bowls containing a perfect dainty little Japanese repast. There is also a pair of new chopsticks, and a little cup of tea, and some of the dishes are still warm. A loving woman's work; the prints of her little sandals are fresh upon the path.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十一章 日本海に沿うて (一〇) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十一章 日本海に沿うて (十二) / 第二十一章~了 »