フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男 蝸牛考 初版(12) 命名は興味から | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十章 二つの珍しい祭日 (四) »

2015/11/22

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(15)

 日本人の身振については、我々と同じものがすこしあり、他はまったく違っている。竹中の話によると、友人に何か、例えば菓子のような物をくれという場合、その友人が普通にする身振は、目を引き下げて、あたかも「これが取れたらいいと思うだろうね」というように、一種、いやな目つきをすることである。手で人を呼ぶ時には、指は我々と同様に動かすが、手の甲を上にする。「否」という時には、手を顔の前で前後に動かす。日米両国人間の身体的表情の類似点を友人と話し合っている時、私は驚きやまどいの表情が、鼻をこすったりする点で同じであることに言及したが、不愉快を示す表情は違っている。我々だと、普通、眉をひそめて目を小さくするが、日本人は怒ると目を大きくひらき、子供は悪いことをすると叱られ、即ち、オメダマ チョーダイする。これは直訳すれば、「眼球の賜物」となる。指を一寸焼くと、奇妙な動作が行われる。それは即ち即座に耳朶(みみたぶ)をつかむので、耳は常に冷かであるから、苦痛を軽くする。

[やぶちゃん注:「竹中」竹中成憲。既注

『友人に何か、例えば菓子のような物をくれという場合、その友人が普通にする身振は、目を引き下げて、あたかも「これが取れたらいいと思うだろうね」というように、一種、いやな目つきをする』そうかなあ? 意地悪く焦らすということ? アメリカ人ならしそうだけど、これは当時の日本人の典型的仕草とは思えないんだけど? これって、欧米文化に触れてしまった青年学生独特の動作でないかい?]

 

 学校の寄宿舎で学生達は、如何なる種類の楽器も持つことを許されず、将棋や碁もしてはいけない。勉強の邪魔になるからである。彼等の勉強は朝早く始り、実にはげしいコツコツ勉強で、科目は我国の大学に於るものとまったく同じだが、すべて英語である。医科ではこれがドイツ語になる。武士の子は朝六時に起き、井戸の傍で顔を洗ってから、大きな声を出して本を読む【*】。

 

 

* 声を出して本を読むことは、慣例的である。そうしなければ、読みつつある物を了解することが出来ぬと彼等はいう。然し、大学に入ってだんだん学問が進んで来ると、この習慣はなくなって行く。

[やぶちゃん注:だからね、すぐ忘れるんだよ! 何事も音読、朗読が命なの!!]

 

 

 それぞれの寄宿舎の等級は、学生が読書に際して立てる騒音の差によって、それと知られる。早い朝飯の後で、子供は学校へ行き、六、七冊の本に字を書かねばならぬ。一冊に四十頁、一頁に大きな字を四つ書く。これ等の頁には、何度も何度も書くのだが、乾いた墨の上に、濡れた墨が明瞭に見える。怠け者の子は、時として紙の上に墨をはねかけるが、先生には大抵の場合、この悪だくみを発見することが出来、その子は放課後、刑罰として学校にのこされる。子供は必ず弁当箱を持って行き、「熊のように空腹」になって帰宅する。母親がお菓子を与えると、彼はそれを貪り食い、そこで晩飯まで遊び、翌日の予習をしてから寝る。

[やぶちゃん注:ここに描かれた書の練習風景は、たまたま私が並行して行っている『小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (三)』にもそっくりな場面が登場するので、未読の方は、是非どうぞ!(そちらの風景は、この八年後の明治二三(一八九〇)年の松江でのシークエンスである)]

 

 日本には、我国にそれと同じものを見出し得ぬ、ある階級の娘がいる。彼女等は芸者と呼ばれ、奥さんや令嬢達があらわれぬ宴会で、席を取り持つことをつとめとする。一例として、数名の友人を晩餐に呼ぶ人は、かかる娘を二、三人、或はそれ以上雇うことが出来る。すると彼女等は、単に酒を注ぐことを手伝うばかりでなく、気の利いた、機智的な会話で、あらゆる人をいい気特にさせる。彼等の多くは、中々奇麗で、皆美しい着物を着ている。一度私は、ある晩餐の席で、一方ならず美しくないばかりでなく、まったく年取った芸者にあったことがある。それ迄、芸者なるものが、彼女等の美貌と、恐らくは若さとの為に雇われるものと思っていた私は、彼女のことを日本人の友人にたずねたところが、彼女は東京に於て最も有名な芸者の一人であるとのことであった。

[やぶちゃん注:この老芸妓、誰だったのでしょう?! とっても知りたい!!]

 

 十数名の、政見を異にする政府の役人の宴会などに、この愛橋と会話的妙技と機智とを持つ芸者が、短時間に調和と、よい機嫌と、行為の自由とを持ち来たし、その結果、しばらくの間、その人々を、気の合った一群にすることもある。我国でも、単に万事うまい具合にする丈の目的で、若い婦人を晩餐の席に招くことはよくやるが、彼女に金を払いはしない。日本では、これが職業であり、これ等の丁寧でしとやかな、気のいい、機智に富んだ、元気のある娘達は、宴会その他のあらゆる会合で人をもてなすことによって生計を立てる、大きな一階級を代表している。そして彼女等は、確かに、態度や才芸に於て、この社会以外の普通な娘達よりも、もてなし振りが上手である。これ等の娘達は、しばしばかかる場合に偶然知り合った人と結婚し、またこのようなお祝の酒盛で、時に恋愛的な婚姻が行われるというのも、真実である。

 

 用簞(だんす)笥の後から物を引き出すのに矢を使用したところが、矢が折れた。これを見た竹中氏は、昔日本人は、故意に矢を極めて弱くつくり、敵が再びそれを使用することを防いだと話してくれた。

[やぶちゃん注:「矢」原文も“an arrow”となっているから、所謂、破魔矢のような工芸品かと思ったが、次の段の様子から、これは実際の実戦用の矢(骨董品)のようである。]

 

 町田氏が、人力車にいっぱい武器を積み込んでやって来た。長い槍、各種の武具、軍隊信号に使用する扇、見事な弓と十二本の矢を入れた箭(や)筒、撃剣に使用する刀、槍その他すべての道具等がそれで、セーラムのピーボディー博物館のために、私にくれた。刀剣は来週持って来てくれる。私はピーボディー博物館のために、沢山の物品を貰ったが、町田のこの贈物は、何といっても白眉である。

[やぶちゃん注:「町田氏」既注の武具専門の骨董商町田平吉。

「軍隊信号に使用する扇」原文は確かに“fans for military signaling”であるが、鉄扇などではなく、軍配であろう。]

 

 昨日、私が既に数回あっている朝鮮人の父子が、暇乞に来た。父親が間もなく朝鮮へ帰るのである。子供の方が日本語を話すので、我々はうまい具合に会話を交えたが、私が父親に向って、別に大した必要もない朝鮮の品で、博物館のために私にくれるような物は無いかと聞こうとするに至って、行きつまって了った。これは私の日本語では云い得ぬことだった。それでしばらくまごついた揚句、日本人の友人を呼んで通弁して貰った。彼は、彼の部屋に何かあるかどうか、見て見ようといった。昨夜、八種の異る品物が私に与えられた。それ等は皆朝鮮の品で、いずれも興味がある。

[やぶちゃん注:冒頭登場尹雄烈(ユンウンリョル/いんゆうれつ)・尹致昊(ユンチホ/いんちこう父子である。]

 

 日本の農夫は、一日に五、六回、主として米、大根、魚等の食物を食う。実際測ったところによると(医学生である竹中は私にかく語った)、日本人の胃は外国人のそれよりも大きい。これは、彼等が米を多量に摂取するからかも知れない。田舎の子供達が、文字通りつめ込んだ米のために、まるくつき出した腹をしているのを見ては、驚かざるを得ぬ。

[やぶちゃん注:若干疑問あり。「まるくつき出した腹をしている」「田舎の子供達」の中には貧困のために飢餓状態にあって腹部が膨満するクワシオルコル(kwashiorkor:「クワシオコア」とも呼ぶ栄養失調症の一病態を指す語で、一般にはタンパク質の摂取量が十分でないために起こる症状を指すとされる。症状の特徴は足の浮腫・腹部膨満・脂肪性浸潤物による肝臓肥大・歯の脱落・肌の脱色及び皮膚炎・脱毛・下痢・体重減少などで、重症化すると死亡することもあり得る。ここはウィキの「クワシオルコル」に拠った)の子供らも多く含まれているように感じられてならんのです、モース先生?!]

 

 女子師範学校の校長高嶺氏は、私と一緒に、製陶工場がいくつかある今戸へ行き、陶工について何か聞き出そうと努めた。然しそこの人々は、間がぬけていて、だらしが無く、そして冷淡なので、私は彼等のなかに、この問題に関する何等の興味を惹き起すことも出来なかった。私は最後に、彼等の間がぬけていること、或は反感は、ある乱暴な英国人の悪い影響から来ているのに相違ないという結論を以て、その場を立ちさった。京都の陶工達との対照は、ことのほか著しいものであった。

[やぶちゃん注:珍しく、モース先生不機嫌、プンプン! 高嶺まで同行しているのに、これは一体、どういうことか?! 磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」にも載らない。何か情報をお持ちの方、御教授を乞う。

「女子師範学校の校長高嶺氏」何度も登場している高嶺秀夫。既注。]

 

 高嶺は私を彼の家へ正餐に招いた。お客様も数名あったが、私は一時間あまりも平気で膝を折って坐り、もう馴れて来た変った食物を箸で食い、米国でナイフとフォークを持って椅子に坐っているのと、まったく同様な気持でいた。食事後高嶺氏は、我々を茶室へ導いた。ここには茶の湯の道具が全部揃っており、私に儀式的な茶を立てろというので、私はどうにかこうにか、茶を立てた。

[やぶちゃん注:既に注した通り、まさにこの頃、モースは古筆了沖を師として茶の湯を習い始めていた。]

 その後高嶺は、私を特定区域へ案内した。以前、彼等は不潔であると見られ、彼等は皮革の仕事をし、動物の死体を運搬し、概してこの都市の掃除人であった。この階級と結婚することは許されず、またそのある者は富裕であったにかかわらず、彼等は避けられ、嫌われていた。彼等は、人々から離れて、ある区域に住む可く余儀なくされ、誰もその区域を通行しなかった。今や法律的の制限はすべてなくなったのであるが、而も彼等は、彼等だけ一緒に住んでいる。主要街路は妙にさびれて見えた。人力車はどこにも見えず、店もあるか無しかである。看板はすこしあるが、店の前の紙看板や提灯は無い。私は太鼓を製造している場所五つの前を通った。太鼓をつくるのには革を取扱わねばならぬからである。子供達は幾分、粗暴であるように思えたが、私が予期していたような卑しい、あるいは屈服されたような表情は、誰の顔にも見受けられなかった。いたる所完全に静かで、落ついていた。子供達は他の場所に於ると同じく、独楽を廻したり、走り廻ったりしていたが、一種の真面目な雰囲気がただよっていることは、疑う可くも無い。

[やぶちゃん注:「子供達は他の場所に於ると同じく、独楽を廻したり、走り廻ったりしていたが、一種の真面目な雰囲気がただよっていることは、疑う可くも無い。」原文は“The children were spinning tops and running about as in other places but a certain serious atmosphere was there without question.”。これは寧ろ、明らかな上流階級の部外者――しかも一人は異国人――が二人も入り込んできたことによるもので、被差別部落の恒常的雰囲気とは言われぬ。こんな連中が闖入してくれば、その辺りの雰囲気の中に「ある種、殺気立ったような重い雰囲気が漂って」くるのは当たり前です、モース先生!]

 

 師範学校で私は蝦夷の札幌から来た、教育のあるアイヌにあった。彼は典型的なアイヌの顔をしていて、日本語を流陽に話すことが出来る。私は彼に、アイヌに関するいくつかの質問をした。彼は、アイヌは陶器をつくらず、彼の知る限り、過去に於てもつくったことが無いといった。私はまた、彼から弓矢に関する詳細と、弓を引く時手をどんな風にするかを聞いた。アイヌは拇指と、曲げた人差指とで矢を引く。最も程度の低い野蛮人が、この簡単な発矢法を行い、そしてより程度の高い民族が、より複雑な方法を持っているかどうかを確めたら、面白いだらうろうと思う【*】。又私は、アイヌが、逃げて行く人の足を狙って矢をはなつということを知った。

 

[やぶちゃん注:「最も程度の低い野蛮人」(原文“the lowest savages”)は、モース先生! いやな感じ! それにしても、モースは汎世界的な弓術に異様に関心を持っている(朝鮮の人々にも子細な射弓術を訊ねている)。その由縁が何か、ちょっと知りたくなってくるぐらいフリーキーなんだもん!]

 

 

* その後私は、程度の低い野蛮人が、ここに書いたような簡単な方法を持つことを確めた。マサチユーセッツ、セーラム、エセックス・インステイテュートの時報(一八八五)『古代及び現代の発矢法に関する紀要』参照。『大英百科辞典』の最新版にはこのことが、「マサチューセッツ、ウスタアのイー・エス・モースの古代及び現代の弓術、一七九二年参照」となっている。

[やぶちゃん注:原文を示して書誌データの代わりとする。

   *

I have since ascertained that the low savage people have this simple method as described. See Memoir on Ancient and Modern Methods of Arrow Release. Essex Institute, Bulletin, Salem, Massachusetts, vol. xvn (1885). The last edition of the Encyclopaedia Britannica gives this reference as follows: "Archery Ancient and Modern, by E. S. Morse, Worcester, Mass., 1792."

   *]

M714

714

 

 周防では麻を調製するのに、大きな木造の円筒を使用する。それは樽みたいに出来ていて、上が細く、両端がひらいている。これに麻をつめ、それを地面にそなえつけた、釜の上に置く。釜は下から火をつける。しばらく水を熱すると、湯気が麻の間を通る。麻に充分湯気が廻ると、はねつるべのような装置で円筒を持ち上げる(図714)。

[やぶちゃん注:これは古式の麻製造で用いる蒸し樽である。地域が異なるが、宮崎県西臼杵郡高千穂町「高千穂町コミュニティセンター 高千穂町歴史民俗資料館」公式サイト内の高千穂町教育委員会編(資料)高千穂町の麻栽培によれば、この樽は高さが約八~九尺(二・五~三メートル)、周りが七~八尺(二~二・五メートル)とある。]

« 柳田國男 蝸牛考 初版(12) 命名は興味から | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十章 二つの珍しい祭日 (四) »