フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十二章 舞妓について (四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十二章 舞妓について (六) /第二十二章~了 »

2015/11/27

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十二章 舞妓について (五)

        五

 

 そこで、年老いた白拍子は約束の時刻に來た。して、柔かな白絹の上に畫家は彼女の姿を寫した。しかし、その際、畫家の弟子達の眼に映ぜる彼女の姿ではなく、鳥のやうな明るい眸を持つて、竹の如く嫩かで、絹や黃金の衣裳で天人の如く輝いてゐた。若い頃の彼女の記億を寫したものであつた。名工の靈筆の下に、消えてゐた美しさは歸つてきて、褪せてゐた華やかはまた咲き出でた。畫が出來上つて、落欵を施してから、彼はそれを立派に絹で表裝し、杉の軸を附け、象牙の風鎭を備へ、吊るすために絹紐を附け、白木の小箱に收めて、女に渡した。それから彼は金子若干をも贈物として強ひて取らせようと、勸めたけれども、彼女はその補助を受納しなかつた。

 『いえ、實際わたしは何も要りませぬ。ただ畫だけがわたしの願で御座いました。これまで畫のために祈願をこめてゐたので御座います。最早大願成就、この上この世の願は持ちませぬ。またかやうに俗なこの世の願を特たずに死にますれば、佛道往生も難くはなからうと存じます。たゞ殘念に思ひますのは、先生に差上げますものとては、この衣裳の外、何も御座いません。先生の深い御親切に對しましては、これから毎日先生の將來の御幸福を祈願致さうと存じます』

 画家は笑ひながら、きつぱり斷言して、『いや、これは何でもないことです。白拍子の衣裳だけは、それであなたの御心持が一層御宜しいなら、頂戴致します。昔、私のために、あなたが御不便を忍んで、しかも何うしても謝禮を受け下さらなかつたから、今に私は御恩を着てゐる積りです。その夜の樂しい思出になります。ですが、今は何處に御住居なさつてゐます?この畫の掛つた處を見たいものです』と云つた。

 が、女は賤しい住家を御目にかけるも心苦しいと、丁寧に辯解して、所在を明さなかつた。それから再三低頭、禮を述べ、貴重な畫を携へ、嬉し涙を浮べて立去つた。

 畫家は一人の弟子を呼んで、『急いで、あの女の人に分らぬやう、後へ追いて行け。して、何處に住んてゐるか、報告してくれ』といつた。そこで、弟子は見えないやうに、女について行つた。

 餘程の時間が經つてから。弟子は歸つてきた。して、聞く人に取つて、面白くないことを云はねばならぬやうな風に笑ひ乍ら云つた。『先生、あの女に追いて行きますと、町を出まして、死刑場に近い、磧へ行きました。そこの特種部落のやうな小屋に住んでゐます。汚い、廢つた場所で御座います』

 『だが、明日その汚い廢つた場所へ私を案内してくれ。私の存命中は、あの女に食べものや着物に不足させたり、困らせたりはさせないから』と畫家は答へた。

 弟子達が皆不思議に思つたので、彼は白拍子の物語をした。それから始めて皆、彼の言葉を奇異と思はなくなつた。

 

[やぶちゃん注:「嫩かで」「わかやかで」と訓じておく。不思議に若々しい感じで。当該漢字の意味からは「やはらかで(やわらかで)」「なよやかで」なども想起出来るが、これらの読みは文全体との調和性を欠くように思う。

「落欵」落款に同じい。

「追いて」「ついて」。

「特種部落」「特種」は「特殊」に同じいが、より差別的なニュアンスを感じる。前後の原文は“There I saw a hut such as an Eta might dwell in”で、――そこで私は穢多のような連中が住もうておる小屋があるのを見ました――の謂いである。寧ろ、時代背景を考えれば、「穢多」とそのまま訳し出した方がよい。却って刊行時(大正一五(一九二六)年八月)の、訳者(この章は落合貞三郎の訳と推定される)の差別意識が反映した訳語となってしまっている。批判的に読まれたい。平凡社「世界大百科事典」「特殊部落」には(コンマを読点に変えた)、『明治後期から今日まで、被差別部落とその出身者に対して用いられてきた差別呼称。被差別部落問題への無理解と深刻な部落差別意識を根底に潜めた差別語であり、適用が避けられるべきであるが,近代における部落問題の歴史と部落差別意識を解明するうえできわめて重要な言葉である。この言葉は』、明治四〇(一九〇七)年の『政府の全国部落調査の際に用いられたように、日露戦争後の部落改善政策の中で行政機関が使い、新聞記事などによって民衆の間にも広まったが、主として被差別部落の起源を異民族に求め、部落の人々の祖先を古代の朝鮮半島からの〈渡来人〉や律令国家の征服した〈蝦夷(えぞ)〉などとする誤った歴史認識にもとづくものである』とある。

「汚い、廢つた場所」老婆心乍ら、「廢つた」は「すたつた(すたった)」で、原文は“A forsaken and filthy place”――見捨てられたわびしい不潔な場所――の謂いである。]

 

 

.

   So the aged dancer came at the appointed hour; and upon soft white silk the artist painted a picture of her. Yet not a picture of her as she seemed to the Master's pupils but the memory of her as she had been in the days of her youth, bright-eyed as a bird, lithe as a bamboo, dazzling as a tennin [9] in her raiment of silk and gold. Under the magic of the Master's brush, the vanished grace returned, the faded beauty bloomed again. When the kakemono had been finished, and stamped with his seal, he mounted it richly upon silken cloth, and fixed to it rollers of cedar with ivory weights, and a silken cord by which to hang it; and he placed it in a little box of white wood, and so gave it to the shirabyoshi. And he would also have presented her with a gift of money. But though he pressed her earnestly, he could not persuade her to accept his help. 'Nay,' she made answer, with tears, 'indeed I need nothing. The picture only I desired. For that I prayed; and now my prayer has been answered, and I know that I never can wish for anything more in this life, and that if I come to die thus desiring nothing, to enter upon the way of Buddha will not be difficult. One thought .alone causes me sorrow,— that I have nothing to offer to the Master but this dancer's apparel, which is indeed of little worth, though I beseech him I to accept it; and I will pray each day that his future life may be a life of happiness, because of the wondrous kindness which I he has done me.'

   'Nay,' protested the painter, smiling, 'what is it that I have done? Truly nothing. As for the dancer's garments, I will accept them, if that can make you more happy. They will bring back pleasant memories of the night I passed in your home, when you gave up all your comforts for my unworthy sake, and yet would not suffer me to pay for that which I used; and for that kindness I hold myself to be still in your debt. But now tell me where you live, so that I may see the picture in its place.' For he had resolved within himself to place her beyond the reach of want.

   But she excused herself with humble words, and would not tell him, saying that her dwelling-place was too mean to be looked upon by such as he; and then, with many prostrations, she thanked him again and again, and went away with her treasure, weeping for joy.

   Then the Master called to one of his pupils: 'Go quickly after that woman, but so that she does not know herself followed, and bring me word where she lives.' So the young man followed her, unperceived.

   He remained long away, and when he returned he laughed in the manner of one obliged to say something which it is not pleasant to hear, and he said: 'That woman, O Master, I followed out of the city to the dry bed of the river, near to the place where criminals are executed. There I saw a hut such as an Eta might dwell in, and that is where she lives. A forsaken and filthy place, O Master!'

   'Nevertheless,' the painter replied, 'to-morrow you will take me to that forsaken and filthy place. What time I live she shall not suffer for food or clothing or comfort.'

   And as all wondered, he told them the story of the shirabyoshi, after which it did not seem to them that his words were strange.

 

9 Tennin, a 'Sky-Maiden,' a Buddhist angel.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十二章 舞妓について (四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十二章 舞妓について (六) /第二十二章~了 »