フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(12) 武具商町田平吉の人の首を切った経験談 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(14) 手紙 »

2015/11/13

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(13) モース先生、浅草酉の市に行く


M713

図―713

[やぶちゃん注:右手にキャプションがあるが、下の方の“rice”の後の長い綴りは判読出来ない。識者の御教授を乞う。]

 

 十一月中、浅草寺の裏で興味ある市場がひらかれる。そこの町通りに大きな小屋がいくつも建ち、幸福と健康とを保証する奇妙なお守が売られる。これ等のお守は竹でつくり、色あざやかな、金銀の紙で被った小さな米俵、扭(よ)った藁その他の、豊饒と幸運との表徴である。ある物には七種の宝物をのせた幸運の舟があり、他のものは扇、又は熊手の形をしていて、その中心に幸福の女神であるオタフクの面があり、横にはいろいろなかざりがついている。狭い町や露地が人で埋り、両側には、このような不思議なお守や象徴の、そのあるものは直径五フィートを越える程大きなのを、ぎっしり詰め込んだ粗末な小屋が、ずらりと並んだ光景は、誠に奇妙である。祭礼の日には一日中、人々がこれ等の品を手に持ったり、人力車にのったりして家へ帰るのが見受られるが、大きいのだと旗みたいに上へささげる。これ等は必ず竹の棒の上についている。図713はこれ等のお守の二つを示す。小さい方は中心に桝が一つあり、米の枝がついている。これ等は皆粗雑につくってあり、そして如何にも弱そうだが、而も決してバラバラにこわれたりしないらしい。おまけにこれ等は装飾的な性質を具えている。近くには神道の社があり、その前では人々が七重八重に立って祈っていた。この社の前に、すくなくとも長さ八フィート、幅と深さとは三、四フィートもある、大きな賽銭箱が置かれ、それに紙につつんだ厘、天保、銭、あるいはそれ以上の銭が、雨のように絶間なく投げ込まれた。その傍のお粗末な舞台では、一刻も休まずに騒音を立て続ける太鼓と笛とにつれて、一種の芝居が行われつつあった。この混雑の中で、小さな子供達が甲高い声を出して、売物の名を呼び、両親達の手助けをしていた。広場の土の上に坐った二人の乞食だけが、この群衆中唯一の貧困の例証であった。一種変った芋を売っていたが、これは生でも料理しても食える。餅は大きな片に切って売り、最も安っぽい簪(かんざし)――只のヤスピカ物――も、この市のおみやげとして売っている。そして誰もが幸福そうに、ニコニコしていた。この お祝は私には初めてで、見る価値が充分あった。

[やぶちゃん注:言わずもがな、「浅草酉の市」である。現在は十一月酉の日の深夜零時零分から深夜二十四時零分のきっかり二十四時間が市(祭)となる(宵宮は酉の日前日夜七時頃より一部で行われる)。因みに、この明治一五(一八八二)年は二日・十四日・二十六日と三の酉まであった年であった(巷説では三の酉まである年は火事が多いとされる)。「浅草酉の市」(古くは「酉の祭(とりのまち)」が正しい)は浅草寺の背後(北西)、現在の東京都台東区千束三丁目にある鷲(おおとり)神社及び隣接する法華宗本門流鷲在山(じゅざいさん)長國寺を発祥とし、江戸後期から関東では最も著名な「酉の市」である。酉の市はウィキ酉の市によれば『関東地方に多く所在する鷲神社、酉の寺、大鳥神社など鷲や鳥にちなむ寺社の年中行事として知られるが、現在では大阪府堺市の大鳥大社、愛知県名古屋市の稲園山七寺(大須七寺、長福寺)など関東地方以外でも開催され』、『多くの露店で、威勢よく手締めして「縁起熊手」を売る祭の賑わいは、年末の風物詩である。

鷲神社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀り、武運長久、開運、商売繁盛の神として信仰される。関東地方では鷲宮神社(埼玉県久喜市)が鷲神社の本社とされる』。『同社の祭神は、天穂日命、武夷鳥命、大己貴命である。日本武尊が東征の際、同社で戦勝を祈願したとされる。古くからこの神社を中心に「酉の日精進」の信仰が広まり』、『江戸時代には、武蔵国南足立郡花又村(現・東京都足立区花畑)にある大鷲神社(鷲大明神)が栄え、「本酉」と言われた。この花又鷲大明神を産土神とする近在住民の収穫祭が、江戸酉の市の発祥とされる。現在の同社の祭神は日本武尊で、東征からの帰還の際、同地で戦勝を祝したとされる。江戸時代には、花又の鷲大明神(本地)は鷲の背に乗った釈迦とされた。この神社の酉の市は』、十五世紀『初めの応永年間に始まるとされ、参詣人は、鶏を献納して開運を祈り、祭が終了した後浅草観音堂前(浅草寺)に献納した鶏を放った』。『江戸時代には浅草の鷲大明神(本地)は鷲の背に乗る妙見菩薩とされた。「現在の足立区花畑の大鷲神社を「上酉、本酉」、千住にある勝専寺を「中酉」、浅草の鷲神社と酉の寺長國寺を「下酉、新酉」と称しており、江戸時代に盛大な酉の市はこの』三カ所であった。『幕末には巣鴨、雑司ヶ谷などの大鳥神社でも酉の市が開催されるようになる。明治時代になると千住・勝専寺の酉の市は閉鎖されたが、江戸時代から続く酉の市はいくつかあり現在も賑わっている』。この浅草の鷲神社と『長國寺の東隣には新吉原という遊郭が存在し、酉の市御例祭の日には遊郭内が開放されたといわれ、地の利も加わり最も有名な酉の市として現在に至』り、規模と賑わいともに『日本一の酉の市である』とある。なお、現在、「関東三大酉の市」と言った場合はこの鷲神社と、新宿区にある花園神社及び都下府中市にある大國魂神社のそれを指す。

「ある物には七種の宝物をのせた幸運の舟があり、他のものは扇、又は熊手の形をしていて、その中心に幸福の女神であるオタフクの面があり、横にはいろいろなかざりがついている」とモースは言うが、原型は熊手である。上記の長國寺が運営リリースしているサイト浅草 市」によれば、これは『鷲が獲物をしっかりと捕らえることになぞらえて、運を鷲づかみすると言われるように』、鷲の四本の脚爪のうちで、三本を熊手の手に、一本を柄とした三本爪の熊手の形象が、後に変化して五本爪『になり、「運をかっこむ」熊手守りになったと言われ』ているとし、これは『戦場に赴く武将が神仏に戦勝を祈願する際に軍扇を奉納し、めでたく勝ち戦にて帰陣したさいには、軍扇は熊手のように反り返った骨だけになっていたことから、その故事にあやかって「開運を招く」熊手守りになったとされ』とあるが、『酉の市の始まりは江戸近在の農村である、葛西花又村の収穫祭と言われ』、『その日は鎮守である鷲大明神に市がたち、農具や地域の農産物が露店で商われ』、『それらの中で、落ち葉などを「掃き込む、かき込む熊手」と大きな唐の芋「頭の芋」、粟で作った黄金色の「黄金餅」が、江戸市中からの参拝者が増えるに従い実用性より、洒落っ気を加えた縁起物へと変化していったと伝えられ』るとある。明和八(一七七一)年頃から『盛んになった浅草長國寺の酉の市では、花又で商われる熊手よりずっと大きく華やかな縁起熊手が出現し、後にはかんざし熊手など多種多様の熊手が人気とな』ったとある。

「五フィート」一メートル五二センチメートル。

「長さ八フィート、幅と深さとは三、四フィート」横幅二メートル四十四センチ、奥行と深さが九十二~百二十二センチメートルほど。

「厘、天保、銭、あるいはそれ以上の銭が、雨のように絶間なく投げ込まれた。」“and into this dropped a continuous shower of rins, tempos, sens, and larger pieces of money done up in paper.”。「天保」銭は大政奉還後に新政府に設立された貨幣司(かへいし:造幣局の前身)で慶應四(一八六八)年から明治三(一八七〇)年までの間に六千三百九十一万枚以上が鋳造されており、明治維新後も流通した(正式な通用停止はこの九年後の明治二四(一八九一)年十二月三十一日)が、参照したウィキ天保銭によれば、『新通貨制度では天保通宝一枚』は八厘(寛永通宝一枚が一厘)にしか換算されなかった『ために、新時代に乗り遅れた人やそれに適応するだけの才覚の足りない人を揶揄して「天保銭」と呼ぶ事もあったという』とある。「それ以上の銭」当時、一銭銅貨の上には二銭銅貨、さらに五銭銀貨に始まり十銭・二十・五十・一円銀貨が既にあった。

「一種変った芋を売っていたが、これは生でも料理しても食える」前の注の引用に出る『大きな唐の芋「頭の芋」』(「とうのいも」と読む)で八頭(やつがしら)、サトイモのことであるが、サトイモは生ではエグ味が強くとても食えない。モースはただ皮ごと茹でたそれ(私も大好き)を「生」と思ったのではないかと私は思う。

モースは「餅」前の注の引用に出る『粟で作った黄金色の「黄金餅」』のこと。但し、ネット情報では残念ながら現在では「頭の芋」の店は一軒のみ、黄金餅を商う店は、最早ないらしい。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(12) 武具商町田平吉の人の首を切った経験談 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(14) 手紙 »