フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(31) 昭和三十一(一九五六)年 三十八句 | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(33) 昭和三十三(一九五八)年 三十八句 »

2015/11/20

橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(32) 昭和三十二(一九五七)年 十九句

 昭和三十二(一九五七)年

 

海より直風枝纏(ま)きあひて椿林

 

炎天に父よぶこゑとはだしの音

 

棒吞みの獲もの翡翠(ひすい)の身に収まる

 

[やぶちゃん注:以上、『天狼』掲載分。]

 

泥男鹿あへぐ腹より乾きそむ

 

泥男鹿岐れし小爪の先までも

 

泥男鹿恋ひごゑ宙に放ちけり

 

泥男鹿ひきすゑられて角伐られ

 

泥男鹿泥毛一塊づつ乾く

 

手鏡の中に枯崖さかさにあり

 

雪降る視野楢の荒膚ばかり立つ

 

寒三日月双刄鋭し信と疑と

 

舟漕いで渦潮に乗る妻を低く

 

「脚下照顧」昼虫のこゑ立ちのぼる

 

[やぶちゃん注:「脚下照顧」「きやつかしやうこ(きゃっかしょうこ)。禅語。「照顧脚下」「看脚下」とも。「脚下」は足元から転じて本来の自分自身、「照顧」は反省し繰り返しよく見、よく考えること。他に向かって悟りを求めずに自身の本性をまずよく見つめ尽くせという意。]

 

秋の蝶焼きすてしもの黒々と

 

虫しぐれ懐中燈に血透く指

 

くつわ虫崖の根ひとの燈に許す

 

秋蛍崖と樹にゐて照らしあふ

 

蒟蒻掘る夫の猫背を聳えしめ

 

蒟蒻太る地上に一葉大破れ

 

日ざらしに蒟蒻薯よ土塊よ

 

[やぶちゃん注:以上、『七曜』掲載分。多佳子、五十八歳。]

« 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(31) 昭和三十一(一九五六)年 三十八句 | トップページ | 橋本多佳子 生前句集及び遺稿句集「命終」未収録作品(33) 昭和三十三(一九五八)年 三十八句 »