フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 童(わらべ)と母   北原白秋 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十七章 家の内の宮 (九) »

2015/11/07

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十七章 家の内の宮 (八)

       八

 宮の前には、或は神棚の上に置く神道崇拜のどんな神聖な物體でも、その前には、サケの供物を入れる妙な恰好をした德利が二つと、サカキといふ神木の小枝か、お供への花かを插す小さな花瓶が二つと、それから小さな皿のやうな恰好をした、燈心草の髓が一本菜種油に浮くいて居る小さな燈が一つと、置いてある。嚴密に云へば、是等の器具は花瓶を除いては總て皆、古事記の前の方の章に述べてあるやうなあんな、釉藥のかかつて居ない色の赤い土器でなければならぬ。出雲では神道の祭禮に、神の爲めに酒を飮む時は、今猶、浅い圓い皿のやうな形の赤い素燒の土の盃で飮む。が近年、立派な神棚の器具は總て――ハナイケ卯ち花瓶すら眞鍮は唐金で造るのが流行になつた。貧乏人どもの間では、その最も古風な器具が今なほ、殊に遠隔の田舍地方では、隨分と使用されて居る。是は赤土の質素な皿即ちカハラケで、花瓶は最も屢々竹の一節(セツ)を節(ふし)の直ぐ下の處と、その五吋許り上の處と切つただけの竹の水容である。

 眞鍮の燈は値ひ僅か一厘のカハラケよりも、遙か込入つた品物である。眞鍮の燈は少くとも二十五錢ぐらゐはする。それは二つの部分から成つて居る。下の方は、非常に淺い幅の廣い葡萄酒用の盃のやうな恰好をしてゐて、非常に太い軸が附いて居て、外側の緣があ ると共に内側の緣がある。そしてそれに丁度適合するやうな、幅廣い淺い眞鍮の皿、これが上部になつて油を入れるものであるが、それが其内側の緣にきちんと朕嵌まる。此種の燈にはいつも、平たい環の形した、その環の表面と直角に軸の着いて居る、眞鍮製の小さな品物が備へられて居る。これは浮いて居る燈心を動かして、所要のどんな位置にでも置いて置く爲めに用ふるもので、その直立した小さな軸は、指を油に觸はらせぬ程の長さを有つて居る。

 どんな尋常な神棚にでも見らるゝ、最も妙な品物は酒の容物、即ちオミキドツクリ(御酒德利)の口止である。この口止――オミキドツクリ ノ クチサシ――は眞鍮のこともあり、美麗な薄い木片を結合して、所要の特殊の形に曲げたもののこともある。適當に云へば、この物は、名は左うであるが、眞の口止では無い。其下部は瓶の口を全く充たしはしない。ただ軸を下にして木の葉一枚挿したやうに、その孔に浮いて居るだけである。自分にはその來歷を知ることが困難である。が、その意匠はいろいろあるけれども――眞鍮の方が意匠はより巧妙なのだが――全體の形が、その起源は佛教に在ることを思はせるやうである。多分この形は佛教の一つの徽號――その淡い輕い(繪圖的に炎のたはむれを思はしめる)炎が純粹な本質の徽號となつて居る彼(あ)の神祕な珠、でハウシユ ノ タマ――から藉り來たつたもので、この品物は捧物の酒が純なものであると同時に、それを捧ぐる人の情(こゝろ)も純なものであることを表示して居るのであらう。

 この小さな燈は、この夜毎の無限小の油の出費にすら堪へない程、貧しい家族もあるこ とであるから、あらゆる家で毎晩點されはせねかも知れぬ。が、毎月一日と十五日と二十八日とにはいつも必ず點す。それはその日は必ず守らねばならぬ、神道の祭日だからで、その日には神に對して供物をしなければならず、その日にはウヂコ即ち神社の管區内の者は、總てそのウヂガミヘ參詣するものと思はれて居る、この三日にはどこの家でも、サケを御供物としてオミキドツクリヘ注ぎ入れ、神棚の花瓶には神木サカキの小枝か、松の小枝か或は新しい花かを挿す。新年の元日には神樣は必ずサカキ、モロムキ(裏白)、松の小枝、それからシメナハで飾る。そして大きな重ね餅を神へのお供へとして神棚の上に置く。

[やぶちゃん注:「サケ」酒。御神酒。

「サカキ」「榊」。ツツジ目モッコク科サカキ属サカキ Cleyera japonica ウィキサカキによれば、『古来から植物には神が宿り、特に先端がとがった枝先は神が降りるヨリシロとして若松やオガタマノキなど様々な常緑植物が用いられたが、近年はもっとも身近な植物で枝先が尖っており、神のヨリシロにふさわしいサカキやヒサカキ』(同モッコク科のヒサカキ属ヒサカキ Eurya japonica)『が定着している』。『家庭の神棚にも捧げられ』、月に二度、一日と十五日(江戸時代までは旧暦の一日と十五日)に『取り替える習わしになっている。神棚では榊立を用いる』(下線やぶちゃん)。『サカキの語源は、神と人との境であることから「境木(さかき)」の意であるとされる。常緑樹であり、さかえる(繁)ことから「繁木(さかき)」とする説もあるが、多くの学者は後世の附会であるとして否定している』(但し、ここには「要出典要請」がかけられある)。なお、『学名は、植物学者で出島オランダ商館長を務め、サカキをヨーロッパに紹介したアンドレアス・クレイエルにちなむ』とある。

「燈心草の髓が一本菜種油に浮くいて居る小さな燈」灯心皿のこと。「燈心草」は「とうしんさう(とうしんそう)」で燈芯草、単子葉植物綱イグサ目イグサ科イグサ属イグサ(藺草) Juncus effusus var. decipens の別名である。油明りを用いていた時代にはこの花茎の髄を燈芯として使った。現在も高級和蠟燭の芯材として用いられる。

「古事記の前の方の章に述べてあるやうなあんな、釉藥のかかつて居ない色の赤い土器」不詳。「古事記』の「上つ卷」の大国主神の八千矛(やちほこ)の神(大国主の異名)の歌物語(但し、沼河(ぬなかわ)姫との三角関係を背景とするもの)の箇所で大国主の后である須世理(すせり)姫が『大御酒坏(おほみさかづき)を取らして』大国主の近くに『立ち依り指擧(ささ)げて』歌ったという記事が恐らくは土器の杯の初見と思われるものの、ここにはハーンが述べるような、「釉藥のかかつて居ない色の赤い土器」と描写はない。他に出るのであれば、御存じの方は御指摘下さると幸いである。

「ハナイケ」花活け。

「カハラケ」「瓦笥」。或いは「土器」を当て字する。「笥(け)」は上古の「食べ物を載せた器」を指し、広義には食器一般を指す語である。釉(うわぐすり)をかけてない素焼きの陶器及び素焼きの杯(さかずき)を限定的に指す場合もある。

「五吋」「ごインチ」。十二・七センチメートル。

「水容」「みづいれ(みずいれ)」と訓読みする。

「眞鍮の燈」この真鍮製の灯明具は、私は主に浄土真宗で用いられる垂下式の真鍮製灯明である輪灯(りんとう)辺りから改良されたものではないかと疑っている(形状は異なるが、古くからある真鍮製仏用灯明具であるという点からである)。ともかくも日本家屋に於いては、神前を照らす神聖な燈火であろうが神聖に保持されねばならない御神火(ごじんか)であろうが、それは同時に最も大きな火災の原因となる虞れの大なるものであればこそ、宗教が異なろうが何だろうが、プラグマティクにはより安全性の高い灯明具は積極的に取り入れざるを得ない。なお、この輪灯は出自が明らかでなく、古くは宮中で用いていたともされるから、そのルーツは案外実は皇道神道由来だったりするのかも知れぬ。

は値ひ僅か一厘のカハラケよりも、遙か込入つた品物である。眞鍮の燈は少くとも二十五錢ぐらゐはする。それは二つの部分から成つて居る。下の方は、非常に淺い幅の廣い葡萄酒用の盃のやうな恰好をしてゐて、非常に太い軸が附いて居て、外側の緣があ ると共に内側の緣がある。そしてそれに丁度適合するやうな、幅廣い淺い眞鍮の皿、これが上部になつて油を入れるものであるが、それが其内側の緣にきちんと朕嵌まる。此種の燈にはいつも、平たい環の形した、その環の表面と直角に軸の着いて居る、眞鍮製の小さな品物が備へられて居る。これは浮いて居る燈心を動かして、所要のどんな位置にでも置いて置く爲めに用ふるもので、その直立した小さな軸は、指を油に觸はらせぬ程の長さを有つて居る。

「クチサシ」「口挿し」。「みきのくち」のこと。既注。再度、「静岡みきのくち保存研究会」というサイトのリンクだけは張っておく。

「自分にはその來歷を知ることが困難である。が、その意匠はいろいろあるけれども――眞鍮の方が意匠はより巧妙なのだが――全體の形が、その起源は佛教に在ることを思はせるやうである。多分この形は佛教の一つの徽號――その淡い輕い(繪圖的に炎のたはむれを思はしめる)炎が純粹な本質の徽號となつて居る彼の神祕な珠、でハウシユ ノ タマ――から藉り來たつたもので、この品物は捧物の酒が純なものであると同時に、それを捧ぐる人の情(こゝろ)も純なものであることを表示して居るのであらう」「ハウシユ ノ タマ」は「寶珠の玉」で、仏教に於いて様々な霊験を顕わすとされる架空の宝玉チンタマーニ(梵語)、即ち「如意宝珠」を指す(「如意宝珠」は既注)。私は既に「五」でこの件についてハーンに嚙みついているが、ここではっきりとハーンを指弾したい。まず、このハーンの言い方に注意してもらいたいのである。彼は本来、彼自身が何度も繰り返し述べるように、神道の祈禱や形象や諸具やを考える場合には、最も古い原形にこそ依らねばならず、目を引くような精巧な近世近代の諸形態は極力排除しなくてはならないと考えていたはずである(事実、彼はここまでそのコンセプトを守ってきた)。ところがここではまず、前の真鍮製灯明にしてからが、その実に巧妙な極めて近代的な臭いのする完全安全清潔照明具(指が油で汚れないという気遣いの漏れのなさを見よ!)に感激し、その細部を克明に描写することにすっかり興味を奪われているではないか。そしてここではまず、「自分にはその來歷を知ることが困難である」と述べ、「その意匠はいろいろある」とする。だったら最も素朴な古形を保持しているものにこそ/ものだけを観察すべきだのに、「けれども――眞鍮の方が意匠はより巧妙なのだが――」と挿入句をわざわざ入れているのは、まさに前の精巧な真鍮製灯明具に惹かれたままのハーンが、つい――その美しい真鍮製の「クチサシ」、「みきのくち」の形象に実は心惹かれ、無意識にそれをイメージとしながら推理を始めてしまっている――という事実が露呈してしまっているのである。真鍮製の「みきのくち」なら前にリンクさせた「静岡みきのくち保存研究会」というサイト「みきのくち 1を見ていただければ分かる通り、それこそ、きんきらきんの熨斗紙みたような平安旧仏教系荘厳具に近い印象がある。これで本来の流線型の古形を元に細工職人が装飾模様とするならば、当然それは不動明王の火炎模様か或いはふっくらとした火玉のような如意宝珠みたようなものに容易に造形変更するに決まっている。ただ、確かにこれらの「みきのくち」は例えば「みきのくち 12」の写真を見ても分かるように、炎の立ち上る形や灯心や或いは蠟燭そっくりは見える。しかしだからと言って灯明の代替物だとは私は絶対に思わない(神式に於いて実際の灯明を絶対にこれに添えない習慣があればまだしも、実際には添えるわけであって、これは灯明のフィギアなんぞではあり得ない)。では何なのかといえば、既に注した通り、これは神を呼ばうための依代であって、やはり「静岡みきのくち保存研究会」というサイト「みきのくち 1」にある通り、『瓶子やお神酒徳利(お神酒すず)などの口を飾る』ところの『縁起物』なのであり、それは別に『御幣(ごへい)や門松のように、舞い降りた神様を宿らせるための、よりしろ(依代)としての役割をも』を持つ呪具なのだと私は信じて疑わないのである。なお、その後に同頁では文政一三(一八三〇)年以前の刊である、万達(まんたつ)著の往来物で神道系児童教導書である「神國童子訓(しんこくわらべおしへ)」を引き、まさにこの熨斗みたようになった紙製の「みきのくち」を掲げて、『御幣。へいそく(幣束=御幣)ハ神前へ物をそなへ奉るに、是を付して納る礼儀なり。神馬の上に幣を立るを以ってしるべし。世俗の人貴人へ物を送るに、のしを付して送る。のしはへいそくのりやくし也』。『御神酒。みきの口を紙にてたヽむも、へいそくを付(つけ)しかたちのりやくし也』。とし、『お神酒徳利に、紙をたたんで作ったみきの口を付けるのは、御幣を付ける形を略したものです』と述べておられる。即ち、これは一つには神霊に捧げるための礼儀としての奉祝用の熨斗の意味であるというわけである。確かにこれはもう「熨斗」そのものである。従って、この形状は私は副次的に「熨斗」だとは思う。しかし、熨斗鮑(のしあわび)は神前に供する神饌とする古い習慣がありはするが、それから派生するところの進物付票としての「熨斗」の発生は平安中期以前には遡らないようである。されば、かのしなやかな形状の古形の「みきのくち」は自ずと熨斗なんぞよりも前に神道、否、それ以前のシャーマン、アニミズムの呪具として存在たものと考えるのが自然である(と私は思う)。その私の頑なさは何に拠るかといえば、やはり「静岡みきのくち保存研究会」というサイト「みきのくち 1」にあるように、これには神に捧げた酒に添えた、『御幣の原型と』も『考えられている』『削り花(削り掛け)』の存在があるからである。これは『ヌルデ、ニハトコ、柳などの柔らかい木の枝を途中まで削って、花のようにしたもので』古くは全国で小正月に神仏に供えられた呪具があるから、そしてこれが、アイヌの「イナウ」と酷似し、さらにシベリア東方のツングース系民族である少数民族、例えばナナイ族の神祀りの呪具とも酷似しているからである。私はこうした流れこそが「みきのくち」のダイレクトな流れであると信じて疑わないのである。

「毎月一日と十五日と二十八日」神道では祭日と言わず、「斎日(いみび)」と呼び、祖霊を祀る「霊祭(みたままつり)」を指す。旧暦の月の朔日・中日及び如何なる場合も共通する晦日直近(旧暦では三十日の大月か二十九日の小月しかない)という分かり易い期間設定ではある。定期的な祖霊崇拝による、自身の穢れの除去、一種の全霊の魂の定期メンテナンスという設定であろうかと思われる。現行でも新暦の各月に行われる一日のそれを「月始祭」、十五日及び二十八日のそれを「月次祭」(ともにこれで「つきなみさい」と読むらしい)として公的に祭事を行っている神社が多いようではある。前の「サカキ」の注の下線部も参照のこと。

「ウヂコ」「氏子」。ウィキの「氏神」より「氏子」の項を引いておく。『通常、氏神と氏子という関係は、生家の氏神や地元にある神社にて氏子入りをすることにより生じる。お宮参りが産土神(うぶすながみ)という、生まれた土地の神に対して行われる様に、多くの場合において、産土神を氏神とすることが多い。お宮参りと氏子入りの儀式は必ずしも同一ではないが、前述の通り、氏神と産土神の区別がなくなって以降、お宮参りが氏子入りを意味する場合が多くなった。よって、お宮参りにおいて、氏子である証明の氏子札を授与されることが一般化している。一方で代々に渡って氏神を崇敬したり祭事に従事したりする家系でない者は、お宮参りをただ慣例的に行っている場合が多く、氏子の意識や自覚を持たない場合も多い』。『また、婿入りや嫁入りにより、改めて婚家の氏神に氏子入りの儀式をする場合も多い。最近では、祭事に従事する人口も高齢化し、祭事に加わる氏子も減っているためか、氏子の務めである神事祭事と崇敬への取り組みも形式的となっているが、神棚に神璽や氏子守を納め、家中でお供えすることに留めることも多い』。

「モロムキ(裏白)」シダ植物門シダ綱ウラジロ科ウラジロ属ウラジロ(裏白) Gleichenia japonica のこと。神道祭事ではお馴染みであるが、その由来については不明で、葉(生物学上はシダ類では地面に直立している我々が「茎」と認識している部分が「葉」(葉柄)であり、我々が「葉」と呼んでいる部分はその葉から分岐した羽状複葉を構成する小葉の一片である「羽片(うへん)」と呼ばれる部分である)の裏面が粉を吹いて白っぽいことから、共白髪(ともしらが)の生うるまで長寿たらん、との謂いと一般には言われるものの、これは如何にもな、どうみても後付けの解釈としか思われない代物である。]

 

 

 

   Before the miya, or whatever holy object of Shintō worship be placed upon the kamidana, are set two quaintly shaped jars for the offerings of saké; two small vases, to contain sprays of the sacred plant sakaki, or offerings of flowers; and a small lamp, shaped like a tiny saucer, where a wick of rush-pith floats in rape-seed oil. Strictly speaking, all these utensils, except the flower-vases, should be made of unglazed red earthenware, such as we find described in the early chapters of the Kojiki: and still at Shintō festivals in Izumo, when sake is drunk in honour of the gods, it is drunk out of cups of red baked unglazed clay shaped like shallow round dishes. But of late years it has become the fashion to make all the utensils of a fine kamidana of brass or bronze,even the hanaike, or flower-vases. Among the poor, the most archaic utensils are still used to a great extent, especially in the remoter country districts; the lamp being a simple saucer or kawaraké of red clay; and the flower-vases most often bamboo cups, made by simply cutting a section of bamboo immediately below a joint and about five inches above it.

   The brazen lamp is a much more complicated object than the kawaraké, which costs but one rin. The brass lamp costs about twenty-five sen, at least. It consists of two parts. The lower part, shaped like a very shallow, broad wineglass, with a very thick stem, has an interior as well as an exterior rim; and the bottom of a correspondingly broad and shallow brass cup, which is the upper part and contains the oil, fits exactly into this inner rim. This kind of lamp is always furnished with a small brass object in the shape of a flat ring, with a stem set at right angles to the surface of the ring. It is used for moving the floating wick and keeping it at any position required; and the little perpendicular stem is long enough to prevent the fingers from touching the oil.

   The most curious objects to be seen on any ordinary kamidana are the stoppers of the sake-vessels or o-mikidokkuri ('honourable saké-jars'). These stopperso-mikidokkuri-nokuchisashimay be made of brass, or of fine thin slips of wood jointed and bent into the singular form required. Properly speaking, the thing is not a real stopper, in spite of its name; its lower part does not fill the mouth of the jar at all: it simply hangs in the orifice like a leaf put there stem downwards. I find it difficult to learn its history; but, though there are many designs of it,the finer ones being of brass,―the shape of all seems to hint at a Buddhist origin. Possibly the shape was borrowed from a Buddhist symbol,―the Hoshi-no-tama, that mystic gem whose lambent glow (iconographically suggested as a playing of flame) is the emblem of Pure Essence; and thus the object would be typical at once of the purity of the wine-offering and the purity of the heart of the giver.

   The little lamp may not be lighted every evening in all homes, since there are families too poor to afford even this infinitesimal nightly expenditure of oil. But upon the first, fifteenth, and twenty-eighth of each month the light is always kindled; for these are Shintō holidays of obligation, when offerings must be made to the gods, and when all uji-ko, or parishioners of a Shintō temple, are supposed to visit their ujigami. In every home on these days sake is poured as an offering into the o-mikidokkuri, and in the vases of the kamidana are placed sprays of the holy sakaki, or sprigs of pine, or fresh flowers. On the first day of the new year the kamidana is always decked with sakaki, moromoki (ferns), and pine-sprigs, and also with a shimenawa; and large double rice cakes are placed upon it as offerings to the gods.

« 童(わらべ)と母   北原白秋 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十七章 家の内の宮 (九) »