フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(11) 鍛冶屋 他 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(13) モース先生、浅草酉の市に行く »

2015/11/13

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(12) 武具商町田平吉の人の首を切った経験談

 刀剣商人の町田氏が一晩話しにやって来た。私はいろいろと質問を発して、彼を夜中まで引きとめた。以前彼は斬首人をやったので、非常に多くの罪人の首を斬り、そして私に物凄い話をして聞かせた。異る国が、如何に同一な行為を見做すかは興味がある。ある国では、斬首人は嫌われ、社会ののけ者にされている。日本の職業的斬首人は特殊階級から出る。日本の紳士は、罪人の首を斬ることを、彼の刀身の調子をためす、いい機会であると考える。また別の理由もある。若し彼の友人が腹切りをすることがあれば、彼は首斬りの役を頼まれるかも知れない。何故かとならば、切腹の行為には、友人が素速く刀を振り下して首を斬ることが、すぐ後から行われるからである。人は劇場で「四十七人の浪人」が上演される時、この行為の目ざましい表示を見ることが出来る。罪人の首をはねることはよい稽古になる。町田氏は、胴体から首を切り離すには、そう大した力で打ち下す必要はないといった。彼は最初にこの行為を行った時、あまり力を入れ過ぎたので、地面にある石にぶつけて刀を折ったそうである。罪人の目には布をしばり、彼は筵の上に、身体を入れる丈の大きさの穴を前にして坐り、従者が両腕を後に押えている。そして頭が穴の内に落ちると同時に、その後へ身体を押し入れて筵をかぶせる。町田氏は、頰や唇の筋肉はしばらくの間震え、同じ運動が腕や、全身にわたってさえ見られるといった。彼はまた維新当時の上野に於る戦争に関する、面白い話をしてくれた。

[やぶちゃん注:「町田氏」磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」(二八二頁)に載る武具商(武具専門の骨董商であろう)町田平吉であろう。同書によれば、モースはこの頃(推定で明治一五(一八八二)年十一月中。但し、根拠は本書)、この『町田平吉から大量の武具を購入した』とある。同姓同名の人物、例えば二年後の明治十七年に岡倉天心やアーネスト・フェノロサとともに「鑑画会」を結成したとある町田平吉と同一人物かどうかは不明であるが、前山個人サイト「歴史町 大磯に、明治二二(一八八九)年から明治三五(一九〇二)年まで、現在の大磯町東町(海浜寄りの地域)にあった、正岡子規や黒田清輝が泊まったという、敷地約四千四百坪の藁葺き旅館「松林館」(現存せず)跡についての通し番号四十六番の項に、『松林館は当初は刀剣商・町田平吉が経営にあた』ったとあるのは、この人物と考えてよいように思われる。

「以前彼は斬首人をやった」注意しなくてはならないのは江戸時代には公的な「首切り役人」はいなかったということである。「首切り(人斬り)浅右衛門」の通称で知られる山田浅右衛門も「公儀御様御用(こうぎおためしごよう)」という特別な扱いの刀剣の試し斬り「役」(斬首を専らとした首切り専門の「役」人ではない)に任じられてはいたものの、身分は浪人であった(江戸初期試し斬りの名手幕府旗本中川重良や、彼の弟子山野永久の子で幕臣となった勘十郎久英は例外。但し、山田家は公儀御様御用の際には無論、幕府から金銀を拝領し、それ以外にも大名家などの刀剣試し切りの多くの依頼、それに加えて、用いた罪人らの遺体から採取した生き胆(肝臓・脳・胆嚢・胆汁等)を原料として労咳に効有りとされた丸薬を製造しては薬種問屋に卸すなどして多くの収入を得るなどしていたため、非常に裕福であった)。通常の斬罪としての首切りの執行役は同心の当番制であった。この町田なる人物もそうした下級武士の一人で、後に刀剣武具を扱う骨董商になったぐらいだから、相応に腕に覚えもあり、ここに記されるような首切り役や介錯を依頼されることが通常の者よりも有意には多かったものとも推測される(太平の世の江戸には人を斬ったことない武士はゴマンとおり、さらに斬首経験が豊富にある武士などは寧ろ異例中の異例であったと思われるから、モースがそうした特異経験の体験者としての彼の話に生物学者として頗る科学的興味を持ったであろうことは想像に難くない。モースが特に斬首された直後の遺体の様子を特に記しているのを見ても、それがよく窺える)。但し、こうした試し切りや死刑執行を行う者は怖れられながら、同時に忌まわしい職、死穢に触れる存在として忌み嫌われ、差別されていた事実も見過ごしてはならない

「四十七人の浪人」原文“Forty-seven Ronins”。例えば、英文ウィキ“Chūshingura”などでページ翻訳を掛けると、英文のこの文字列は驚くべきことにしっかり「赤穂浪士」と翻訳され、それどころか、英文ウィキ“Forty-seven Ronin”もあ。ここは外題であるから、言わずもがな、「仮名手本忠臣蔵」のことである。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(11) 鍛冶屋 他 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二十五章 東京に関する覚書(13) モース先生、浅草酉の市に行く »