フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (七) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (九) »

2015/11/30

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (八)

       八

 

 第一印象は殆んど薄氣味惡るいほどであつた。兩側とも海水から眞つ直ぐに吃立して、高い緑色の森閑とした小山が、夏の水氣の爲めに色合を變へて、靑色の絶壁と峰と海角との奇妙な通景(みとほし)を爲して、眼前に蜿蜒と伸びて居た。人間が住んで居る形跡は少しも見えなかつた。山はそのむきだしの岩の蒼白い麓からなだらかに高まつて行つて、丈の低い草木が生えて居る小暗い荒地に及んでゐた。聞えるものは、藝者の鼓の微かな音のやうなポムポムポム!ポムポムポム!といふ自分等の蒸汽船の小いさな機關の音だけで、絶對に何の音も無かつた。そしてその殺伐な靜寂が數哩続いた。たゞ材木になる大木が無いといふ事が、峰を有つこの山々はいつか人の足に踏まれたことがあることを證明して居るだけであつた。ところが全く突然に、左の方に、山のとある皺の處に、灰色の小さな村が現はれた。すると汽船は鋭い叫び聲を發して停つた。その折その山々が、その叫びを七たび反響した。

 此村は知夫里島の(中島は右舷に見える島なのである)知夫里村といふので、確に漁師の屯所に過ぎぬものであつた。先づ、入江から壁の如く突き出て居る石を積み上げただけの波止場があつた。次に、その隙間から或る神社の前の鳥居が見え、十軒許りの人家が、その後ろに一軒、その後ろに一軒、屋根の先きに屋根と、凹んだ小山を登つて居るのが見える大きな樹木があつた。それから、その樹木の上の方に當つて荒涼たるが中に、段々畠になつた耕作地が少しばかりあつた。たゞそれだけであつた。汽船は郵便物を渡す爲めに停つて、すぐとそれを通り過ぎた。

 ところがそれからは、豫期に反して、風景が前よりか美しくなつた。兩側の岸が同時に後すさりもし、また高くもなり、船は高い島三つで取圍まれて居る内海を横斷しつゝあるのであつた。初には我々が進む路は霞が濛々とかかつて居る小山に妨げられて居るやうに見えて居た。が、それが段々近づいて綠色になると、兩側とも小山と小山の間に、突然素晴らしい見事な割目が開けた、――それは、幾十種の、天鵞絨のやうな藍色からして絶妙なそして妖異な淡い色合に至るまでの、種々な度合の靑から成つて居る、峰と絶壁と岬との何ん哩と續いた驚歎すべき通景(みとほし)を見せて居る山の門であつた。蒲い色の靄が遠いもの總てを夢のやうにぼかし、嵯峨たるむき出しの岩をばいろんな色の幻で包んで居つた。

 

 總じて西部及び中部日本の風景の美は、他の邦土の風景の美とは異ふ。それには獨得の特性があるのである。時折外國人は、山道での或る眺望によつて、或は飛沫の霧を透して見た突出した一望の海岸によつて、以前の旅行の記憶が突然喚起せらるゝのを覺えることがあらう。然しこの似て居ると思ふ幻想は來るも迅いが消えるのも迅い。委曲の諸點が直ぐ判然として來て、前に見た事の無いものになる。そしてその懷ひ出は形(かたち)だけが起こしたもので、色が起こしたものでは無いといふことに氣付く。尤も人目を悦ばすいろんな色があるにはあるが、山の綠の色では無い、土地の色では無い、耕作された平地、伸びつゝある稻の廣い地面、これが暖か味のある紅に近い色を提供することはある。が、この自然の全體の一般的色調は薄黑である。廣大な森林はどすぐろい。草の色合は苛(きつ)いか鈍いかである。熱帶地方の風景に燃えて居るやうな火のやうな綠は存在して居らぬ。そして咲き盛る花も、それが燃え出る四邊の草木の重い色調と對照して、それで一段と美妙な光を放つのである。公園と庭園と耕作された野原の他(ほか)には、靑緑の色合が妙に暖か味と軟か味とを缺いて居る。だから英吉利の芝生の美はしさを成す所以の、あんな豐麗な綠は何處にも之を見出すことを希望する要は無い。

 でも東洋のこんな山水には、不思議な大氣が造り出す――異常な色の――美妙な、仙郷的な、言ふに言はれぬ幻の色の――妙趣がある。水蒸氣が、――幾百通りの色調を有つた靑と鼠色との蠱惑を峰々に浴びせ、むき出しの絶壁を紫石英に變じ、黃玉色の朝に妖魔の如き紗を展べ擴げ、眞晝の光耀をば地平線を磨り消して誇大し、夕(ゆふべ)をば黃金の煙もて充たし、水面を唐金色ならしめ、日沒をば眞珠母の靈的な紫と綠とで緣(ふち)取して――遠近を惑はしめるのである。さて、あの驚歎すべきヱホンを――今は非常に稀になつて居るあの繪本を――造つた古昔の日本畫工は、その蠱惑の感を色に凝固させようと試みたもので、そして殆んど不思議な程度にまでその背景に成功した。正(まさ)しくその理由の爲めに、その前景に、日本の農業の特色を知つて居ない外國人には謎になつて居るものが少小ある。さういふ古い繪本には、燃え立つ鬱金色の畑があり、微かに紫を帶びた野があり、深紅と雪白との樹木を見るであらう。そして恐らく諸君は『何んて馬鹿な』と叫ぶであらう。が、然し日本を知つて居れば、『氣持がいゝほど眞實だ』と叫ぶであらう。といふのは、その燃ゆる黃色の畠は菜種が咲いて居る畠だと知り、一面の紫はゲンゲの花盛りの野だと知り、雪白や深紅の木は空想のものでは無くて、斯の國の梅の木と櫻の木との特有な或る開花現象を忠實に現はしたのだと知るであらうから。が、こんな色彩誇張は、特別な季節の極く短い時期の間だけ目擊し得らるゝので、一年の大部分を通じて内地の山水の前景は、色の點に於ては、餘程くすんで居ることが多い。

 この背景の魔法を行ふのは霞である。でも霞が無くとも、日本の山水には一種奇異な殺伐な暗い美が――言語では容易に判然と這述べ難い美が――ある。その祕密は之を山嶽の異常な線に、山脈の妙に唐突な凹凸と皺波とに求めなければならぬ。互に能く似て居る山は一つも無くて、銘々がそれ獨特な風變りな恰好を有つて居る。山脈が可なりな高さに達して居る時には、柔らかに次第に膨らんで居る線は稀である。一般の特徴は唐突であり、その妙趣は不規則が妙趣である。

 疑も無くこの不思議な自然が、不規則が裝飾の上に有つ價値に就いての、その無類な感念を、第一に日本人に鼓吹したのであり――日本人の藝術を他のあらゆる藝術と異ならしめる所の、そして之を西洋に教へるのが日本人の特別な使命であるとチエムバレン教授が言はれて居る所【註】の、構圖のそのたゞ一つの祕密を日本人に教へたのであつた。確に、どんな人でも一たび古昔の日本の裝飾藝術の美と意義とを悟るやうになると、その後はそれに對應する西洋の藝術に殆んど面白味を見出すことが出來なくなる。その人が眞に學び得たことは自然の最大の魅力は不規則に存す、といふことである。そして恐らくは 人生と作品との最大魅力はこれ亦不規則といふことに存しはせぬか、といふ問題について少からざる價値を有つ文が物されることであらう。

 

    註。『日本のことども』の中にある藝術論參照。

 

[やぶちゃん注:「數哩続いた」一マイルは一・六キロメートル。知夫里島の大波加島東北沖合から中ノ島との間を抜けて、現行の知夫里島のフェリー乗り場(但し、ここで僅かに停泊したのがそこであるかどうかは定かではない)の直近までは凡そ五キロメートルほどはある。

「たゞ材木になる大木が無いといふ事が、峰を有つこの山々はいつか人の足に踏まれたことがあることを證明して居るだけであつた。」原文は“only the absence of lofty timber gave evidence that those peaked hills had ever been trodden by human foot.”。ちよっと判り難い訳である。これは、

――見たところ、これだけの山地であるにも拘わらず、大きな材木に利用出来そうな大木が一本も見当たらないというだけの事実から推して、一見、人跡未踏の山のように見えるこの峰一帯にも既に人間が足を踏み入れてそれらを伐採したのだ、ということを証明していた。――

という謂いであろう。

「紫石英」原文“amethyst”。アメジスト。紫水晶。

「黃玉色の」原文“topazine”。トパーズのような色の。

「唐金色ならしめ」老婆心乍ら、「からかねいろ」と読む。原文は“bronzing”で青銅色に染め、の意。

「ヱホン」「繪本」種々の「絵巻」物のことを指していよう。

「『日本のことども』」既注であるが、チェンバレンのThings Japanese(以前では「日本風物誌」とも訳されている)のこと。一八九〇年から一九三六年までで六版を重ねた、アルファベット順項目別に書かれた日本文化事典。]

 

 

.

   The first impression was almost uncanny. Rising sheer from the flood on either hand, the tall green silent hills stretched away before us, changing tint through the summer vapour, to form a fantastic vista of blue cliffs and peaks and promontories. There was not one sign of human life. Above their pale bases of naked rock the mountains sloped up beneath a sombre wildness of dwarf vegetation. There was absolutely no sound, except the sound of the steamer's tiny engine,— poum-poum, poum! poum-poum, poum! like the faint tapping of a geisha's drum. And this savage silence continued for miles: only the absence of lofty timber gave evidence that those peaked hills had ever been trodden by human foot. But all at once, to the left, in a mountain wrinkle, a little grey hamlet appeared; and the steamer screamed and stopped, while the hills repeated the scream seven times.

   This settlement was Chiburimura, of Chiburishima (Nakashima being the island to starboard),— evidently nothing more than a fishing station. First a wharf of uncemented stone rising from the cove like a wall; then great trees through which one caught sight of a torii before some Shinto shrine, and of a dozen houses climbing the hollow hill one behind another, roof beyond roof; and above these some terraced patches of tilled ground in the midst of desolation: that was all. The packet halted to deliver mail, and passed on.

   But then, contrary to expectation, the scenery became more beautiful. The shores on either side at once receded and heightened: we were traversing an inland sea bounded by three lofty islands. At first the way before us had seemed barred by vapory hills; but as these, drawing nearer, turned green, there suddenly opened magnificent chasms between them on both sides,— mountain-gates revealing league-long wondrous vistas of peaks and cliffs and capes of a hundred blues, ranging away from velvety indigo into far tones of exquisite and spectral delicacy. A tinted haze made dreamy all remotenesses, an veiled with illusions of color the rugged nudities of rock.

 

   The beauty of the scenery of Western and Central Japan is not as the beauty of scenery in other lands; it has a peculiar character of its own. Occasionally the foreigner may find memories of former travel suddenly stirred to life by some view on a mountain road, or some stretch of beetling coast seen through a fog of spray. But this illusion of resemblance vanishes as swiftly as it comes; details immediately define into strangeness, and you become aware that the remembrance was evoked by form only, never by color. Colors indeed there are which delight the eye, but not colors of mountain verdure, not colors of the land. Cultivated plains, expanses of growing rice, may offer some approach to warmth of green; but the whole general tone of this nature is dusky; the vast forests are sombre; the tints of grasses are harsh or dull. Fiery greens, such as burn in tropical scenery, do not exist; and blossom-bursts take a more exquisite radiance by contrast with the heavy tones of the vegetation out of which they flame. Outside of parks and gardens and cultivated fields, there is a singular absence of warmth and tenderness in the tints of verdure; and nowhere need you hope to find any such richness of green as that which makes the loveliness of an English lawn.

   Yet these Oriental landscapes possess charms of color extraordinary, — phantom-color delicate, elfish, indescribable,— created by the wonderful atmosphere. Vapors enchant the distances, bathing peaks in bewitchments of blue and grey of a hundred tones, transforming naked cliffs to amethyst, stretching spectral gauzes across the topazine morning, magnifying the splendor of noon by effacing the horizon, filling the evening with smoke of gold, bronzing the waters, banding the sundown with ghostly purple and green of nacre. Now, the Old Japanese artists who made those marvelous ehon — those picture-books which have now become so rare — tried to fix the sensation of these enchantments in color, and they were successful in their backgrounds to a degree almost miraculous. For which very reason some of their foregrounds have been a puzzle to foreigners unacquainted with certain features of Japanese agriculture. You will see blazing saffron-yellow fields, faint purple plains, crimson and snow-white trees, in those old picture-books; and perhaps you will exclaim: 'How absurd!' But if you knew Japan you would cry out: 'How deliciously real!' For you would know those fields of burning yellow are fields of flowering rape, and the purple expanses are fields of blossoming miyako, and the snow-white or crimson trees are not fanciful, but represent faithfully certain phenomena of efflorescence peculiar to the plum-trees and the cherry-trees of the country. But these chromatic extravaganzas can be witnessed only during very brief periods of particular seasons: throughout the greater part of the year the foreground of an inland landscape is apt to be dull enough in the matter of color.

   It is the mists that make the magic of the backgrounds; yet even without them there is a strange, wild, dark beauty in Japanese landscapes, a beauty not easily defined in words. The secret of it must be sought in the extraordinary lines of the mountains, in the strangely abrupt crumpling and jagging of the ranges; no two masses closely resembling each other, every one having a fantasticality of its own. Where the chains reach to any considerable height, softly swelling lines are rare: the general characteristic is abruptness, and the charm is the charm of Irregularity.

   Doubtless this weird Nature first inspired the Japanese with their unique sense of the value of irregularity in decoration—taught them that single secret of composition which distinguishes their art from all other art, and which Professor Chamberlain has said it is their special mission to teach to the Occident. [6] Certainly, whoever has once learned to feel the beauty and significance of the Old Japanese decorative art can find thereafter little pleasure in the corresponding art of the West. What he has really learned is that Nature's greatest charm is irregularity. And perhaps something of no small value might be written upon the question whether the highest charm of human life and work is not also irregularity.

 

6 See article on Art in his Things Japanese.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (七) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十三章 伯耆から隱岐ヘ (九) »