フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (七) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (九) »

2015/11/14

小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (八)

        八

 

 近代日本の教育制度では凡て教育は極めて親切に穩かに施される。教師は只教師である、英語の意味で云ふマスターと云ふ者に當らない。生徒に對してただ先生即ち兄の關係を有するだけである。教師は生徒に對して、自分の意志を押し通さうとはしない、罵る事は決してしない、批評がましい事も餘りしない、罰する事も餘りない。日本の教師で生徒を打つ者は決してない、そんな事をしたら、その人は直ちに自分の位置を捨てねばならない。教師は決して怒らない、もし怒つたら生徒の面前及び同僚の心中に自分の價値を下げる事になる。實際日本の學校には罰はない。時々大のいたづら者が、休憩時間に校舍内に留め置かれる事はある、しかもこの輕い罰も直接教師が課するのではない、教師の苦情をきいて校長が課するのである。こんな場合でもその目的のあるところは娯樂を奪ふて苦痛を與ふるのではなく、一過失を示して一般の戒めとするに過ぎない、そして多數の例によれば、一人の少年が自分の仲間の前で自分の過失を深く自覺せしめられる事は、過失をくりかヘす事を妨ぐるだけの力は充分ある。鈍い生徒に餘計の課業を強ゆるやうな或は四五百行を寫して眼を勞せしむるやうな殘酷な罰は夢にも見られない。又かりにこんな種類の罰則があつたとしても現在の狀態ではもはや生徒自身が許して存し置かないであらう。日本國中到るところの教育當局者の大概のやり方は罰しでもしなければ充分に制し切れない生徒はその學校に置かないのである、しかし放校と云ふ事もまれにしかない。

 

 學校から家に歸る道すがら城内の廣場を通つて近路をする時に、私は屢々美はしい物を 見る。着物をきて、草履はいて、帽子を冠らない三十人ばかりの小さい少年の一組がやはり日本服を着た立派な若い日本の教師に行進しかつ歌ふ事を習つて居る。歌ふ時に列を つくつてそして小さい素足で拍子をとつて居る。教師は愉快なはつきりした高調子の聲の 人である、列の一方に立つて歌を一行づつ歌ふ、つぎに凡ての少年がそれにならつてそれを歌ふ。今度はそのつぎの一行を歌ふ、又それを一同がくりかへす。もしまちがへば又改めてその歌を歌ひ直さねばならない。

 それは日本の英雄愛國者のうちの最も貴い楠正成の歌である。

 

[やぶちゃん注:「鈍い生徒に餘計の課業を強ゆるやうな或は四五百行を寫して眼を勞せしむるやうな殘酷な罰は夢にも見られない」私の教師時代の同僚には、こうした馬鹿げた課題や罰を平気で与える男女の教師を無数に見て来た(例えば中島敦のあの「山月記」本文を全文書き写すとか、面白くも糞くもなく響きも悪い「徒然草」を意味もなく暗誦させ、一度でも途中でトチると「ハイ! もう一度最初から!」とかやる輩である。言っておく。芥川龍之介は侏儒言葉」の「つれづれ草」でこう述べている。『わたしは度たびかう言はれてゐる。――「つれづれ草などは定めしお好きでしょう?」しかし不幸にも「つれづれ草」などは未嘗愛讀したことはない。正直な所を白狀すれば「つれづれ草」の名高いのもわたしには殆ど不可解である。中學程度の教科書に便利であることは認めるにもしろ』と。リンク先は私の『芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版)』)。今もこういうことを「教育的効果」と信じてやっている愚か者は、ゴマンと、いる。――

「楠正成の歌」通称「青葉茂れる桜井の」、落合直文作詞で奥山朝恭作曲になる「桜井の訣別」と思われる。歌詞はで、曲を聴きたい方のために兵庫県立香寺高等学校合唱部第回定期演奏会男女合唱をリンクさせておく。]

 

 

.

   All teaching in the modern Japanese system of education is conducted with the utmost kindness and gentleness. The teacher is a teacher only: he is not, in the English sense of mastery, a master. He stands to his pupils in the relation of an elder brother. He never tries to impose his will upon them: he never scolds, he seldom criticizes, he scarcely ever punishes. No Japanese teacher ever strikes a pupil: such an act would cost him his post at once. He never loses his temper: to do so would disgrace him in the eyes of his boys and in the judgment of his colleagues. Practically speaking, there is no punishment in Japanese schools. Sometimes very mischievous lads are kept in the schoolhouse during recreation time; yet even this light penalty is not inflicted directly by the teacher, but by the director of the school on complaint of the teacher. The purpose in such cases is not to inflict pain by deprivation of enjoyment, but to give public illustration of a fault; and in the great majority of instances, consciousness of the fault thus brought home to a lad before his comrades is quite enough to prevent its repetition. No such cruel punition as that of forcing a dull pupil to learn an additional task, or of sentencing him to strain his eyes copying four or five hundred lines, is ever dreamed of. Nor would such forms of punishment, in the present state of things, be long tolerated by the pupils themselves. The general policy of the educational authorities everywhere throughout the empire is to get rid of students who cannot be perfectly well managed without punishment; and expulsions, nevertheless, are rare.

 

   I often see a pretty spectacle on my way home from the school, when I take the short cut through the castle grounds. A class of about thirty little boys, in kimono and sandals, bareheaded, being taught to march and to sing by a handsome young teacher, also in Japanese dress. While they sing, they are drawn up in line; and keep time with their little bare feet. The teacher has a pleasant high clear tenor: he stands at one end of the rank and sings a single line of the song. Then all the children sing it after him. Then he sings a second line, and they repeat it. If any mistakes are made, they have to sing the verse again.

   It is the Song of Kusunoki Masashigé, noblest of Japanese heroes and patriots.

« 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (七) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第十九章 英語教師の日記から (九) »